« 小さなおつまみ♪ 1・2・3・4 | トップページ | 豚スペアリブのハーブオイル焼き/豆のマリネサラダ 他 »

鰆のオーブン蒸し焼き♪ /「幸せのちから」

旬の鰆にオリーブ油をかけて、オーブンで蒸し料理にしてみました。

Life200902232_convert_2009022101005

耐熱皿にオリーブ油をぬって、鰆の切り身を並べて塩こしょう。その上に、赤と黄色のパプリカ・エリンギ・もどしたドライトマト・スタッフドオリーブ・あさりをバランスよく並べて、さらに塩こしょう。白ワインとオリーブ油を適量かけてタイムを一枝のせます。アルミホイルでふたをして、200℃のオーブンで30分ほど蒸し焼きしました。

Life200902235_convert_2009022101013

アルミホイルを開けたとたんにオリーブオイルのいい香り! 貝の口も開いて…とってもいい具合に蒸し上がりました。

Life200902238_convert_2009022101021

テーブルで取り分けて、サーブしました。シンプルなお料理ですが、むっくりとした鰆がおいしい♪ 貝や野菜、そして塩やオリーブ油からおいしいおだしが出て、とてもおいしくいただきました。

Life200902241_convert_2009022101025

ウィル・スミス主演の「幸せのちから」(原題:The Pursuit of Happyness)を見ました。

定職を持たず、家は追い出され、妻には逃げられ…何をやってもうまくいかないクリス(ウィル・スミス)がただひとつ「何があっても5歳になる息子クリストファーと決して離れない」という気持ちを支えに、幸せを手に入れるために奮闘する物語。

舞台は1981年のサンフランシスコですが、収入がなくなり、ついにはホームレスになってしまうクリスの姿に、まさに今日本が直面している社会問題(職を失い、家を失う人が増えている)を重ねて見てしまい、時に見ていて辛くなってしまいました。

それでもクリスは、どんな惨めな状況でもめげずに決してあきらめず、機転とバイタリティで運命を切り開いていきます。日本とアメリカでは社会が違うといってはそれまでですが、これは実話に基づくストーリー。今の世の中に、勇気と希望の火を灯してくれる作品だと思いました。

原題の「幸福の追求」というちょっと硬いタイトルは、アメリカ独立宣言から来ていることば。映画の中では、クリスの自分自身への問いかけのメッセージに使われています。また、どうしてHappynessとミススペルになっているのか? 映画を見るとその理由がわかります☆

|

« 小さなおつまみ♪ 1・2・3・4 | トップページ | 豚スペアリブのハーブオイル焼き/豆のマリネサラダ 他 »

料理」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
美味しそう!!
こういうシンプルながら素材の味を活かしたお料理、大好きです。
鰆、いいですね~、好きな魚のひとつです。
この映画、私も見ました。
見ていてつらい場面もありますが、最後には力が湧いてくる映画ですよね。
ウイル・スミスと彼の息子、親子共演、というところも面白いなあ、と思いました。

投稿: reiko | 2009年2月21日 (土) 08時10分

こんにちは!
アサリの汁がしみ込んで美味しそうですね!
鰆は、味噌漬けくらいしか、やらないので
今度は、オーブン蒸し焼きをやって見ようと思います♪
鰆、魚に春って素敵な名前ですよね。

幸せのちから、私も見ました。
息子さんの演技上手だったですね。
徹子の部屋に丁度、彼が出演していましたよ。
息子さんや娘さんの話をする時の優しい親の顔を見る事が出来ました♪

投稿: Rei | 2009年2月21日 (土) 15時57分

☆ reikoさま ☆
シンプルなオーブン料理、簡単にできておいしいので大好きです♪
アルミホイルでふたをして蒸し焼きにしたことで、
おいしさが閉じ込められたような気がしました。
鰆、おいしいですよね~☆ 私も好きです。
reikoさんも、この映画ご覧になったのですね。
最後にじんわりと温かい感動が広がってくるすてきな映画ですね。
ウィル・スミスと息子のクリストファー、
実の親子だけあって息もぴったり合っていましたね。
クリストファー君のどんな時にも明るさを失わない健気な姿に
心を打たれました。

投稿: セレンディピティ | 2009年2月22日 (日) 00時45分

☆ Reiさま ☆
鰆だけでもおいしいと思いますが、あさりを入れることで
おいしいおだしが出て、見た目も華やかになりました。
鰆…和のお魚のイメージですが、意外とクセななく
我が家では和洋中と活躍しています。よかったら、お試しください☆
名前からも春を感じるお魚ってすてきですね。

Reiさんも「幸せのちから」ご覧になったのですね。
息子のクリストファー君、とてもすばらしい演技でしたね。
あの表情を見ていると、きゅんとしてきます。
「徹子の部屋」私も新聞で知って、録画して見ました!
素顔の彼は、気さくで家族思いで、とても魅力的でしたね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年2月22日 (日) 00時53分

こんばんは!
幸せの力の内容はまさしく現在の日本、いや世界中が近い状況にありますね。
私も定職を持たないといった面ではそうだし^^;、まだ、妻には
逃げられていませんが、
これ以上の不況が続くようですと、危ないと身につまされます(笑)
そうなったら今日のお写真のような素敵な御馳走が食べれなくなるので
がんばらねば^^v

投稿: イザワ | 2009年2月22日 (日) 01時09分

アクアパッツアみたいで豪華で美味しそう☆
鰆以外の切り身のお魚でも応用できそうで
見た目もキレイだからお客様にもいいですね!
アサリって本当に良いお出汁がでますよねぇ~
私もいつも生協の冷凍アサリを常備しているので
洋に和に勿論中華にも活用しています。
先日もそれを使ってサフラン味で似たようなお料理を作りました!
最近お料理のアップが激減している私ですけど・・・
いつもセレンディピティさんのを見て、「あっ、似たようなの
この間作ったっけ!」って思い出させて頂いていますぅ~
写真を引っ張り出すのに成功したらアップしますね。


投稿: ゆず | 2009年2月22日 (日) 14時16分

☆ イザワさま ☆
「幸せのちから」映画の中でクリスが息子に「夢があったらあきらめてはダメだ。誰にも無理だなんて言わせてはダメだ。」というようなことを言うシーンがあるのですが、
それが映画を通して伝えたかったことの一つなのだと思います。
実際この映画のモデルになったクリス・バーナードは、
その後ビジネスで大きな成功を収めているということです。

投稿: セレンディピティ | 2009年2月23日 (月) 00時33分

☆ ゆずさま ☆
ありがとうございます。
野菜がいろいろ入っているので、見た目も華やかになりました。
鰆だけでもおいしいですが、あさりが入るとまた
ぐっとおいしくなりますね。
冷凍あさり、私は使ったことがないですが
いつも常備されていると便利そうですね♪
サフランを使うと、お米なしのパエリアみたいになりそう?!
機会があったら是非アップしてください♪ 楽しみにしています☆

投稿: セレンディピティ | 2009年2月23日 (月) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/28252800

この記事へのトラックバック一覧です: 鰆のオーブン蒸し焼き♪ /「幸せのちから」:

» 幸せのちから [ごみつ通信]
The Pursuit Of Happyness2006年/アメリカ (監)ガブ [続きを読む]

受信: 2013年6月17日 (月) 00時19分

« 小さなおつまみ♪ 1・2・3・4 | トップページ | 豚スペアリブのハーブオイル焼き/豆のマリネサラダ 他 »