« 春色のクッション♪ | トップページ | 小さなおつまみ♪ 1・2・3・4 »

和梨のスクエアケーキ♪

「和梨のスクエアケーキ」を焼きました。

Life200902207_convert_2009021908112

オリジナルは藤野真紀子さんの「ビジーデーケーキ」。最初に卵とお砂糖をふんわりするまでしっかり泡立てたら、後は材料をふるいながら少しずつ加えていきます。フルーツは他のもので代用できますし、特別な材料がいらないので、思い立った時に気軽に作れるケーキです。

Life200902211_convert_2009021908121

オリジナルレシピでは中にパイナップルの缶詰を刻んで入れていましたが、私は家にあった和梨の缶詰を使いました。最近の缶詰の果物は甘さが控えめなので、、あっさりした風合いにできました。缶詰の和梨は刻んだ後、生地に混ぜ込むまでの少しの間、ラム酒につけておきます。ラム酒の香り豊かなケーキになりました。

Life200902213_convert_2009021908130

しっとりふわっと♪ おいしくいただきました。

Life200902218_convert_2009021908134

先日の「エレジー」ですっかりペネロペ・クルスに魅了されてしまった私は、彼女が本国スペインで主演した映画「ボルベール <帰郷>」(原題:Volver)を借りてきました。ハリウッド女優ではない、スペインの女優さんとしてのペネロペの魅力が存分に味わえました。

作品は、アメリカ映画にはない独特の色彩にあふれていました。ペネロペのメークやファッションがとてもエキゾチック! 他を寄せ付けない圧倒的な美しさで、スペインを代表する大スターなんだなあということを改めて感じました。脇を固める女優陣もそれぞれ個性的で魅力的でした。

登場する女性たちがそれぞれ悲惨な事情をかかえているのにもかかわらず、どの女性もとてもたくましく生きている。あまり深刻に感じられず、見ている方もごく自然にこのすごい状況を受け留めてしまうのは、ラテンの空気が作り出すマジックでしょうか?

最初は腑に落ちなかった部分が、物語の進行とともに謎が解けてきて、最後にはそういうことだったのか!と。ミステリー的な要素もあって楽しめました。ペネロペの歌声、スペインの風景にも旅情をかきたてられて…。味わい深い作品でした。

|

« 春色のクッション♪ | トップページ | 小さなおつまみ♪ 1・2・3・4 »

お菓子」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ケーキも作り方色々で、材料のあまりない時のケーキなんですね。
でも、とてもそんな風には見えません。
とても美味しそう。。。
写真の見せ方も、アップ、固まり、そして盛りつけてフォークと一緒に、
と、順序立てて分かりやすいと思います!

投稿: イザワ | 2009年2月20日 (金) 00時37分

今晩は~~。night

いつもいつもセレンディピティさんのつくるスイーツは本当に美味しそう!birthday
ところで、私「和梨の缶詰」ってはじめて聞きました!けっこうレアな缶詰ですか?決まったお店にしかおいてないのかしら?とっても気になります。

「ボルベール」は、色彩が素晴らしいでしょう?cherry
ペネロペは、強い母親像を演じるために、お尻に詰め物をしてお尻を大きく見せる様にしたんだそうです。
それと彼女が歌うシーンでは涙が出てきてしまいました。
お話自体は、かなり重たい深刻なものなのに、サラっと人生のささいな一幕の様に流れていきますよね。
ラテンの女性って強いな~って思わされた作品です。

投稿: ごみつ | 2009年2月20日 (金) 01時09分

☆ イザワさま ☆
このケーキは、卵・小麦粉・バター・砂糖・アーモンドパウダー…と
お菓子作りの好きな人の家にはたいていあるものだけで
できてしまうんですよ。
でもそこが家庭のお菓子という温かさが感じられて
いいなあと思います。シンプルですが、おいしくいただきました。
写真の見せ方にも目を留めてくださって、ありがとうございます♪

投稿: セレンディピティ | 2009年2月20日 (金) 01時49分

☆ ごみつさま ☆
うれしいことば、ありがとうございます♪
もともとは洋梨の缶詰が欲しかったのに、なぜか家の近くのスーパーにはなくて、代わりに和梨があったので買ってきました。日本では洋梨よりも和梨の方がポピュラーなのかしら?!と、私も不思議に思ったのですが…。そのまま忘れていたのが、今回たまたま役に立ったというわけなんです。
K&Kという会社から出ていました。
あっさりして、そのまま食べてもなかなかおいしかったですよ。

「ボルベール」感動…というのとはちょっと違うかもしれないけれど、心に残る映画ですね。こういう映画、好きです。
ペネロペのプロポーション、すばらしかったですが、ほんとうはもっと華奢なんですね。歌は、切なくなるような独特のメロディが心に沁みました。(その後にわかる)彼女のさまざまな思いがこもっていましたね。
冷静に考えるとすごいことが起きているのに、彼女たちは決して後悔はしていないですものね。それも人生!とすべてを受け入れているところが、まさに母なる女性…ということなのでしょうか。

投稿: セレンディピティ | 2009年2月20日 (金) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/28199036

この記事へのトラックバック一覧です: 和梨のスクエアケーキ♪:

» ボルベール 帰郷 [ごみつ通信 ]
Volver 2006年/スペイン (監)ペドロ・アルモドバル (演)ペネロペ・クルス カルメン・マウラ ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ボルティージョヨアンナ・コパ ☆☆☆★★★ お休みの日、なつさん、Fumieさんと、またまた下高井戸ピザ&映画の会に繰り出しました。Toninoでおいしいピザとパスタを楽しんだ後、下高井戸シネマへ! 今回は、「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」に続くP・アルモドバル監督の「ボルベール」を見てきました。 [画像] 義理の父親にレイプされそう... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 12時46分

« 春色のクッション♪ | トップページ | 小さなおつまみ♪ 1・2・3・4 »