« 草津(1) 雪の浅間山 | トップページ | 草津(3) お宿でくつろぐ »

草津(2) 湯畑と湯けむりの町

草津は東京より車で北へ3、4時間、群馬県にある日本を代表する温泉です。特にその湧き出す湯量の多さは、日本一だそうです。山奥の温泉町独特の雰囲気を味わうのは、私たちにとっては帰国後初めてのことなので、とても楽しみにしていました。

出かける直前になって、うっかり冬タイヤを用意していないことに気付きましたが、とにかくそのまま出かけました。高速道路を降りて山を登るにつれ、雪がちらちらと舞い始めましたが、どうにか無事に着くことができました。

草津の町に入ると、古い温泉町らしく、一方通行の細い道が複雑に入り組んでいて、その両側にびっしりと古い造りの旅館やお土産屋さんが軒を連ねています。途中で道を尋ねてようやく宿に着きました。

一休みしてから早速訪れたのは、町の中心にある湯畑(ゆばたけ)です。

20090201007_convert_20090204102612

草津のシンボルとなっている湯畑は、その名のとおり湯の畑。毎分4000リットルと湧き出るお湯は、奥に見える木桶を通って温度を下げられ、各旅館へと送られています。もうもうと立ち込める湯気、そして辺りは湯の花の香りに包まれていました。

20090201024_convert_20090204102745

その昔、江戸時代に8代将軍吉宗が、草津の木桶の湯を樽に詰めて江戸城までわざわざ運ばせたといい、「お汲み上げの湯」とよばれています。豊臣秀吉や、加賀百万石の前田利家が入湯したことでも知られ、小林一茶や十返舎一九など、数々の江戸文化の作品にも登場しているそうです。

20090201058_convert_20090204103149

木桶から流れ落ちたお湯は、美しいエメラルド色のプールとなっていました。湯畑の周りは広場のようになっていて、一番の観光スポットとなっています。夜はライトアップもされるそうです。

湯畑の周りをのんびり一周した後は、西の河原通りを歩きました。

20090201050_convert_20090204103104

狭い通りの両側には「せがい出し梁造り」というこの地方独特の建物が並び、なんともいえない日本情緒を感じました。この風景に、なんとなく映画「千と千尋の神隠し」を思い出しました。周囲は景観を守るように配慮されていて、セブンイレブンが茶色い文字の看板になっていました。

20090201031_convert_20090204102854

途中に草津ガラスのお店があったので、入ってみました。淡いエメラルドグリーンのガラスは、草津のお湯の色を表現しているそうです。温かく柔らかな色でした。

20090201033_convert_2009020410294_2

通りを抜けた向こうに「西の河原公園」があります。なだらかな丘となっている公園には遊歩道があり、ところどころにお湯が湧き出ている池がありました。公園の奥にはプールのように広い露天風呂やビジターセンターがあり、あちこちにお地蔵さんや社があり、神様を祀ってあるのが日本的な風景でした。

この日は昼間でもー3℃という寒さ。そろそろ体も冷え切ってきたので、宿にもどることにしました。

|

« 草津(1) 雪の浅間山 | トップページ | 草津(3) お宿でくつろぐ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

草津は新潟から割と近いのにまだ行ったことがありません。
2時間くらいで行けるはずなんですけどね。
草津の湯畑は有名なので知ってはいましたが、
お写真を拝見すると風情があってとってもいい雰囲気ですね。
さすが日本一の湯量を誇るだけあって立ちこめる煙に圧倒されますね。
古くからの温泉街は道が狭くて車だと大変ですが、
歩いてぶらぶらするにはいい狭さですよね。
寒い冬だからこそ温泉っていいな〜って思います。
私も行ってみたくなりました。

投稿: olive | 2009年2月 4日 (水) 12時28分

草津、友達と1泊旅行で行った事あります。
いつ頃だったか?雪は降っていませんでしたがとっても寒かったです。
帰りに舞茸を買って帰って来たのを覚えています。(と言う事は秋だったかな)
美味しかったですよ〜!
懐かしく見せて頂きました♪

寒い時に温泉、暖まりますね!^^*

最近は、景観を配慮した建物や看板、よく見る様になって来ましたね!
良い事だと思います。

投稿: Rei | 2009年2月 4日 (水) 17時28分

今晩は。

わ~、湯けむりがたまらないですね~。spa
私も温泉大好きなんですが、草津は行った事ありません。
町並みも風情があって素敵ですね。
写真見てたら、今度是非行ってみよう!と思いました。

ところで、前の記事の浅間山の噴火は、タイミングが凄いですね!
何事もなくて良かったです。
でも写真を見てると、本当に荘厳で美しい姿ですね。
山って目の前で見ると、厳しさと美しさに圧倒されます。fuji

投稿: ごみつ | 2009年2月 4日 (水) 20時22分

ゆったりとした素敵なご旅行だったようですね。
私もだいぶ前ですが、行ったことがあります。
温泉、最高ですね。

西の河原公園はとてもよく覚えています。
モノ覚えの悪い私がまだ覚えているのでとても印象的な風景だったのだと思います。
雪のある西の河原はまた、素晴らしい!!

投稿: イザワ | 2009年2月 5日 (木) 01時45分

☆ oliveさま ☆
私も旅行の途中、地図を見ながら、このまま関越を行ったら
新潟だな~と思っていました。
特に彼さんの長岡からはすごく近いですよね。
湯畑のダイナミックな光景や、道幅の狭い温泉町独特の雰囲気など
どれも日本を感じさせるもので、帰ってきたな~ということを
実感しました。雪の中に、こうした民芸風の古い家屋が
とても絵になっていました♪

投稿: セレンディピティ | 2009年2月 5日 (木) 07時42分

☆ Reiさま ☆
Reiさんも草津に行かれたことがあるのですね。
この日は雪がチラつき、き~んとした空気も凍るような寒さでしたが
その寒さが、冬らしくて心地よかったです。
舞茸おいしそうですね! このあたりは花豆が名産らしくて
どこに行っても花豆が出てきました。
寒い時に温泉は、やはりくつろぎますね。
ここは古い町並みがとても美しかったので
景観に配慮するのはいいことだと思いました。

投稿: セレンディピティ | 2009年2月 5日 (木) 07時47分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます♪
湯畑の湯煙と湯の花の香り、古い町並みが
いかにも温泉町という風情でとても癒されました。
浅間山のことは当日の朝知ってびっくりしました。
軽井沢を通らずに帰ろうかとも思ったのですが、
雄大な風景を見ることができたので、やはり行ってよかったです。
山の美しさに感動しました。

投稿: セレンディピティ | 2009年2月 5日 (木) 07時51分

☆ イザワさま ☆
イザワさんも草津に行かれたことがあるのですね。
シーズンオフで平日でしたが、意外と若い方も多く
幅広い層に人気なんだなあと思いました。
温泉はやはりくつろぎますね。
西の河原公園、覚えていらっしゃいますか!
緩やかな起伏があって、散歩するのにはとてもいいところですね。
ところどころに残っている雪がまた風情がありました。
私たちは入らなかったのですが、
ここの露天風呂はなかなか人気のようですよ。

投稿: セレンディピティ | 2009年2月 5日 (木) 07時57分

こんばんは。
TBにコメント、ありがとうございました。
セレンさんもお行きになっていたんですね。
やっぱり冬の湯けむりがいいですね~。
冷えた身体を温泉でゆっくりほぐすのは極楽極楽~。
夏は、特に今年は暑くって歩くだけでも汗だくで、足湯につかろうという気にもなりませんでした。
西の河原公園はいいですね~。次回、機会があれば冬に行ってみたいです。

帰国後すぐに行かれたようで、尚のこと日本の文化に対する感慨深い旅だったのでしょうね。

投稿: ryoko | 2013年8月21日 (水) 22時42分

☆ ryokoさま ☆
おはようございます♪
ryokoさんのレポートで、私も昔の旅を懐かしく思い出しました。
今思えば帰国して最初の冬だったのですね…。

草津は味わいのある温泉街ですね。
寒い季節にほっこり温まるのもいいですが
夏に汗を流すのも気持ちがいいだろうな~と思いました。
四季を問わず楽しめるところですね。
私もまた行ってみたいな~☆

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2013年8月22日 (木) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/27765746

この記事へのトラックバック一覧です: 草津(2) 湯畑と湯けむりの町:

» 夏休み@草津温泉 [映画の話でコーヒーブレイク]
草津よいと〜こ 一度はぁおいで ハァドッコイショ〜   お湯の中に〜も ほぉら はながさくよ チョイナチョイナ〜 って、歌えるけれど、初めて来ました草津温泉 到着後、湯畑(ゆばたけ)へ。 まぁ、硫黄の匂いのスゴイこと。熱いこと、湯量のスゴイこと。 これぞ、TH...... [続きを読む]

受信: 2013年8月21日 (水) 22時43分

« 草津(1) 雪の浅間山 | トップページ | 草津(3) お宿でくつろぐ »