« ヨーグルトレアチーズ いちごミルク添え / 「ディパーテッド」 | トップページ | ル・クルーゼで作るプリン & ライム風味のチーズケーキ »

「ジェネラル・ルージュの凱旋」

ちょうど試験休みの家族といっしょに映画を見てきました。子どもも見られるものを…ということで選んだのは「ジェネラル・ルージュの凱旋」。今売れっ子の医療ミステリー作家、海堂尊(かいどう・たける)さん原作のシリーズで、本作品は「チームバチスタの栄光」に続いて映画では2作目となります。

原作者の海堂尊さんは現役のお医者さん。臨場感あふれる医療現場を生き生きと描いていらっしゃるとともに、現在日本の医療がかかえているさまざまな問題も作品の中で指摘していらっしゃいます。

今回の映画の舞台は「緊急医療センター」。近くで大きな事故が起こって患者たちが次々と運び込まれる場面や一刻を争う現場の緊張感は、なかなか見応えがありました。緊急医のハードな生活や採算が合わない…といった問題も折り込まれています。

主役を演じた緊急医療センター長は、ちょっとかっこよく描かれすぎていたようにも思いますが、医療環境が整い、こうした使命感を持つ医師がもっと増えることを切に願います。竹内結子さん・阿部寛さんのデコボココンビも息が合っていて、楽しく見ました。

映画の後は、本屋さんで最近文庫になった原作を買いました。こちらも読むのが楽しみです♪

Life200903190_convert_2009031912071

本屋さんを見ると、今どうやら漢字ブームのようで、漢字の本がいろいろ出ていました。クイズ番組や、 麻生首相の漢字誤読問題の影響もあるのかもしれません。(本の横に麻生総理の似顔絵がありました。)おもしろそうな本があったので、私も衝動買いしました。

Life200903191_convert_2009031912084

錚々たる(そうそうたる)・頌春(しょうしゅん)・長閑(のどか)・礼賛(らいさん)…また魚や鳥の名前など、読み間違えそうな漢字がたくさんリストアップされていて、なかなかおもしろいです。家族や友だち同士でクイズ感覚で楽しめそうな本です。

|

« ヨーグルトレアチーズ いちごミルク添え / 「ディパーテッド」 | トップページ | ル・クルーゼで作るプリン & ライム風味のチーズケーキ »

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

あぁ、この映画をご覧になったんですね。
実は私、「チームバチスタの栄光」の文庫本をかなり前に入手したにもかかわらず、まだ読んでないんです。確かはじけ猫さんがチームバチスタよりゼネラルルージュの方がおもしろいっておっしゃってませんでしたっけ?バチスタを読んだらゼネラルルージュを読もうと思っていたのに…。まずはチームバチスタを読むところからスタートしなくっちゃ。

漢字の本、最近本屋さんでよく見かけますね。
テレビのクイズ番組でも漢字検定や漢字にまつわる問題が多いですよね。

投稿: olive | 2009年3月19日 (木) 17時42分

今晩は!

あ!行って来たんですね!良いな~。
私も、白鳥・田口コンビのかけあいをまた楽しみたいです。(゚▽゚*)

ちょと前に妊婦さんが亡くなてしまう事故もあったし、救急医療の現場の実態は今大問題ですものね。現場の医師の言葉で問題点を指摘しつつ、なおかつミステリーとしても楽しめるのだから、やはり異色の作家さんだと思います。shine

とりあえず、私も原作を先に読もうかしら・・。

あ、漢字は私も全然ダメです。
ワタシ、ガイコクジンデスカラ。(ノ_-。)

投稿: ごみつ | 2009年3月19日 (木) 23時41分

☆ oliveさま ☆
そうなんです。見に行ったのはこの映画なんですよ。
たしか以前私が「チームバチスタ」について書いた時
oliveさんがちょうど本を手に入れられたところだと
おっしゃっていましたね。本って読み始めがめんどうですよね。
文体に慣れてくると、スピードが出ますが…。
緊急医療についてはわりと今までにもドラマになっているので
海堂さんはどういう切り口で書かれているのか、興味があります。

たしかにクイズでも漢字問題多いですね。
本屋さんに行くと、いろいろ流行がわかっておもしろいです。

投稿: セレンディピティ | 2009年3月20日 (金) 00時47分

☆ ごみつさま ☆
見に行って来ましたよ~。
チームバチスタよりはミステリー色が薄く、白鳥・田口コンビの
活躍もあまり見られませんでしたが、楽しめました。

やはり現場を知っているお医者さまが書かれているので
説得力がありますね。こうした問題提示を機に
医療の現場も少しずつ変わっていくといいなと思います。
原作が楽しみです。

勘違いしている読み方が結構あってびっくりしました。
こっそり勉強しておきますか…。

投稿: セレンディピティ | 2009年3月20日 (金) 00時57分

チームバチスタは知っています。
医療関係の小説や映画は、やはり現役のお医者様が書かれると、
迫力があるように思います。

最近、医療もののドラマも多く、感動ものも多いですね。

投稿: イザワ | 2009年3月20日 (金) 02時32分

確かに医療系のドラマや映画多くなってきましたね。
面白そうですね!

この本、こちらに来る前見ましたよ。
立ち読みで、買おうか迷って荷物が重くなるので買いませんでした〜
やっぱり買えば良かったな〜!

投稿: Rei | 2009年3月20日 (金) 03時50分

☆ イザワさま ☆
現場を知っているお医者さまが書かれたものは
やはり説得力がありますね。
登場人物の個性もまた、
このシリーズの魅力になっていると思います。

投稿: セレンディピティ | 2009年3月21日 (土) 00時20分

☆ Reiさま ☆
映画、楽しかったです☆
本は、空港の本屋さんでご覧になったのでしょうか?
いつもニューヨークにもどる時は、空港の本屋さんで
お土産用の雑誌や話題の本をよく買っていました。
でも本は重いのが難点ですね…☆

投稿: セレンディピティ | 2009年3月21日 (土) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/28687794

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェネラル・ルージュの凱旋」:

« ヨーグルトレアチーズ いちごミルク添え / 「ディパーテッド」 | トップページ | ル・クルーゼで作るプリン & ライム風味のチーズケーキ »