« 「KUA 'AINA(クア・アイナ)」のハワイアン・バーガー♪ | トップページ | 「セルフィル」さんの味噌ディップ / ステーキサラダ »

国立天文台 三鷹キャンパス

東京・三鷹にある国立天文台に行ってきました。ここは、岡山・野辺山・ハワイなど国内外各地にある国立天文台の本部となっていて、一部の施設が無料で公開されています。少し交通の不便な場所にありますが、それだけに敷地内は雑木林や竹林が広がり、緑豊かなキャンパスといった雰囲気でした。

20090321011_convert_20090325102205  20090321009_convert_20090325102018

入り口で渡された見学コースのマップに沿って、最初に訪れたのは、「第一赤道儀室」です。三鷹キャンパス最古の建物で、ここでは60年にわたって太陽活動の観測が行われていたそうです。

白い木の板を張り合わせたドーム型の天井を見上げると、なんとなく学校の百葉箱を思い出しました。古い施設ですが、20年ほど前までは現役で活躍していた観測室です。

20090321018_convert_20090325102347

第一赤道儀室の前には「太陽系ウォーキング」とよばれる長細い通路が続いています。太陽~土星までの距離を100mとして、各惑星間の距離と惑星の大きさが同じ縮尺(150億分の1)で展示されていました。

この縮尺ですと、地球は豆粒ほどの大きさになってしまいます。太陽系においていかに各惑星が小さいか、そして惑星間がいかに離れているかを体感することができました。

20090321023_convert_20090325102500  20090321033_convert_2009032510260_2

太陽系ウォーキングの先には「天文台歴史館」があります。もとは大赤道儀室として、1998年まで現役で働いていた施設です。中にある望遠鏡は1875年製で、国立天文台最古のものだそうです。木造のドームは、建設当時船底を作る技術を持っていた造船技師たちによって作られました。

大正時代、人口が増えて夜空が明るくなってしまった都心から、ここ三鷹に天文台が移されました。ガリレオを起点とした日本のそして世界の天文学の変遷が、パネルとともにわかりやすく説明されていました。

20090321035_convert_20090325102715  20090321037_convert_20090325102830

天文学にかかせないのが計測の技術。左は掛け算のできる昔の計算機だそうです。この他古い関数電卓やコンピュータのパンチカード、8インチフロッピーなど懐かしいものがいろいろ置いてありました。

三鷹は現在は観測はほとんど行っておらず、研究部門のみです。最新鋭の観測は、ハワイ島にあるすばる望遠鏡で行っています。すばる望遠鏡が捉えた、天体や星雲などのさまざまな美しく幻想的な写真が展示されてました。

20090321048_convert_20090325103020

この他、いくつかの施設を見学しましたが、裏手の方は広場のようになっていて、かわいらしいい桜のつぼみも見つけました。

天文台といってもここは観測所ではありませんが、日本の天文学の歴史に触れることができて、とても興味深かったです。月に2回、天体観測会もあるそうなので、機会があればまた訪れてみたいと思います。穏やかないい一日になりました。

|

« 「KUA 'AINA(クア・アイナ)」のハワイアン・バーガー♪ | トップページ | 「セルフィル」さんの味噌ディップ / ステーキサラダ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

へ~、三鷹に国立天文台があるのをはじめて知りました。
やっぱり、連休中に行ってらしたんですか?
お子さんにも勉強になるし、親が見ても興味深々な展示も多いみたいですね。pencil
「天文台歴史館」って面白そうだな~。

すばる天文台はハワイのマウナケア山にあるんですよね。私、テレビで特集やってたりするとよく見ます。happy01

そう言えば、プラネタリウムが見たくなってきちゃいました~。night

投稿: ごみつ | 2009年3月25日 (水) 22時46分

こんばんは!
三鷹の国立天文台行かれたんですね~^^
私も昨年、雑誌の取材で撮影に伺ってきましたが、
今日ご紹介されている場所は行かなかったんです!
なるほどと思い拝見させて頂きました^^
中はかなり広くていい場所にありますが、仰るように
ちょっと交通の便は不便かな(笑)
その時の記事を2つTBさせて頂きます~^^

投稿: イザワ | 2009年3月25日 (水) 23時35分

☆ ごみつさま ☆
以前、リンク先のイザワさんがご紹介されていて
機会があったら行きたいな~とずっと思っていたので
この連休中に行ってきました。
博物館ではないので、子供向けの派手さはないのですが
実際に使われた天文台や(外からでも)研究施設を見るのは
ちょっとどきどき感があって楽しかったです。
一般公開されるようになったのは、つい最近のことのようですよ。
ごみつさんも、こういうのはお好きそうですよね~☆
すばるはマウナケアの標高4200mの山頂にあるそうですが
いつかは行ってみたいものですね…。

投稿: セレンディピティ | 2009年3月26日 (木) 08時13分

☆ イザワさま ☆
イザワさんの記事、もちろん覚えています。
ご紹介されてから、ずっと行ってみたいな~と思っていたんですよ。
イザワさんが行かれたのは、「公開望遠鏡」ですよね。
ここは月2回の観望会の時しか公開されないそうで、
私たちは外から見ただけなんです。
イザワさんのお写真ではもっと大きいのを想像していましたが
意外と小さくてびっくりしました。
調布に車を停めて、バスで行きましたが、小さな川の流れる
のんびりした風景が楽しめて、それもまたよかったです。
TBありがとうございます♪
私もトライさせていただきますね。

投稿: セレンディピティ | 2009年3月26日 (木) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/28795201

この記事へのトラックバック一覧です: 国立天文台 三鷹キャンパス:

» 国立天文台三鷹キャンパス [拝啓/撮らせて頂きます!]
冬の天気の良い夜に空を眺めるととても気分が良いものです。 星が降ると感じるほどの星空を眺めた記憶はほとんどありませんが、それでもじっと空を眺めていると星が少し見えてきます。 また、カメラを三脚にセットして長時間露光をすると目に見えなかった輝く星が写り込まれたりしてとても面白いですね。 今年は、ガリレオが望遠鏡で星を初めて眺めた1609年から丁度400年。 この節目を記念して今年は、世界天文年・・・と国際的に定められました。 また、今年は7月22日に、皆既日食・・・が見られるそうです。 ... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 23時36分

» 文部科学時報1月号巻頭の写真撮影 [拝啓/撮らせて頂きます!]
文部科学省編集、(株)ぎょうせい発行の「文部科学時報」という月刊誌があります。 今回その雑誌の1月号の巻頭カラー3ページの撮影をさせて頂きました。 内容は、1609年にガリレオが初めて望遠鏡で天文観測をしてから今年が400年。 それにちなんで「世界天文年2009」として世界各地でイベントが開催されます。 日本でも各地でイベントが予定されています。 それに先立ち、昨年12月初めに三鷹の国立天文台で「天文同好会サミット2008」という会議が開催されました。 その会議の様子、それに三鷹... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 23時47分

» 三鷹・星と宇宙の日 2013 [ローカルニュースの旅]
#kichijoji 国立天文台は10月18日と19日、東京・三鷹市の国立天文台三鷹キャンパスおよび隣接する東京大学天文学教育研究センター、三鷹市星と森と絵本の家で「三鷹・星と宇宙の日 2013」を開催する。... [続きを読む]

受信: 2013年10月16日 (水) 09時07分

« 「KUA 'AINA(クア・アイナ)」のハワイアン・バーガー♪ | トップページ | 「セルフィル」さんの味噌ディップ / ステーキサラダ »