« オレンジピール入りバナナブレッド / アークヒルズの桜 | トップページ | 春野菜と生ハムのパスタ & 筍と牛肉のしぐれ煮 »

「チェンジリング」

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「チェンジリング」(原題:Changeling)を見に行きました。1920年代、アメリカで実際にあった事件を題材にしたミステリー風の作品です。ぐいぐいと引き込まれて見応えのある、とてもすばらしい映画でした。

シングルマザーで、電話の交換手をしながら子どもを育てているクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の息子が、ある日行方不明になってしまいます。5ヵ月後、警察からの連絡で見つかったという息子は、全くの別人。ここから事件は思わぬ方向に進み、その後別の事件が絡んでいることが明らかになるのですが…。

私はアンジェリーナ・ジョリーに、アクションシーンが似合う現代女性というイメージを抱いていたので、最初はこの映画の古風な女性の役に違和感を感じていたのですが、映画が進むにつれ、母親の苦悩や強さが伝わってきて、その迫力に圧倒されました。母としてのアンジーの一面に触れたような気がしました。

映画ではこの時代のロサンジェルス警察の腐敗しきった姿が描かれていますが、強大な権力の下では人権なんていとも簡単に脅かされてしまうのだ…と思うと恐ろしくなりました。今の時代にあっても、いつ何かの事件に巻き込まれないとも限らない。その時、真実を曲げない勇気と強い心を持たなくては…と改めて思いました。

救いのない苦しみの中にも、いつも信頼できる人との出会いがあったことが、主人公を支え、映画を見る人の気持ちも和らげてくれたように思いました。ほろりとするいいシーンもありましたし、最後には希望の光が見えるエンディングで、重いテーマにもかかわらず、見た後にふわりとしたいい気持ちが残りました。

          ☆          ☆          ☆

映画の後ぶらぶらと歩いていて、とてもすてきな子どもの本屋さんを見つけました。

Life200904084_convert_2009040708262

ちえの木の実」というこちらのお店は、子どもの本のセレクトショップ。木のぬくもりの感じられる広々とした空間に、子どもの絵本や童話の他、大人向けの教育関係や心理学の本などもありました。

子どもの絵本をたくさん買い込む時期は我が家は過ぎてしまいましたが、懐かしい本がいろいろあってふんわり優しい気持ちになりました。

この日はちょうど入学のお祝いを買う予定でいたので、こちらで図書カードを買うことにしました。図書カードはどのお店で買って同じですが、この「気持ち」もいっしょに伝わったらいいなあと思いました。

|

« オレンジピール入りバナナブレッド / アークヒルズの桜 | トップページ | 春野菜と生ハムのパスタ & 筍と牛肉のしぐれ煮 »

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
引越からバタバタしていてブログもお休み中ですが、久しぶりにここへ来て過去の記事も拝見させていただきました。
私は家で食事を作るに至ってなくて、ずっと外食が続いているんです。
セレンディピティさんのおいしそうなお料理の数々を見て、うらやましくなりました。

チェンジリング、ご覧になったんですね。
私もこの映画はぜひ観たいと思っていたのですが、新潟ではもう上映が終わってしまったんです…。
やっぱりいい映画だったんですね。アンジーはセクシーでアクションもこなす素敵な女優さんですけど、この映画では今までのイメージを違いますよね。予告を観たときから新しいアンジーが見れそう!と楽しみにしていたんです。
DVDが出たら絶対に観ます!

↓新潟では今日桜の開花宣言が出たそうです。
アークヒルズの桜、知りませんでした。キレイなんですね。
私も今週お花見ができるといいなぁ。

投稿: olive | 2009年4月 7日 (火) 18時59分

チェンジリングは観てはいないのですが予告編だけでも
充分アンジェリーナの熱演が伝わってきました。
同じように男の子のお母さんであるセレンディピティさん、
自然に感情移入ができる映画なのでしょうね。
アンジェリーナさんってご自身も幼少時代から山あり
谷ありだったとか聞いたような覚えがあります。
今回の映画はひとつのターニングポイントになりそうですね。
ステキな女優さんですよねぇ~
入学祝い、セレンディピティさんのお気持ち、きっと伝わりますよ☆

投稿: ゆず | 2009年4月 7日 (火) 23時15分

こんばんは!
この映画は見たい映画の上位に位置しています。
本当にあった話の映画化とのことでしたが、
本当の話とは思えないような話なので、興味があります。
見てみようと思っています。

投稿: イザワ | 2009年4月 8日 (水) 02時56分

ちえの木の実、HPに飛んでみました。
とても素敵な本屋さんですね。
日本に帰ったら、行ってみたいです。
いいお店を紹介して頂き、嬉しいです♪

投稿: Rei | 2009年4月 8日 (水) 04時09分

☆ oliveさま ☆
わ~、oliveさんだ!
お忙しい中、コメントどうもありがとうございます。
お引越しの後片付けで、落ち着かない毎日をおすごしのことと思います。
思い返すと、私も昨年の今頃帰国して、自宅の改装や引越し荷物の片付けなどで、
ゆっくりお料理できなかったことを思い出しました。
oliveさんはお仕事もしていらっしゃるので、なおさらたいへんですね。
のんびり進めてくださいね。
過去の記事も読んでくださったなんて感激です。ありがとうございました。

チェンジリング、よかったですよ!
都内も先週の金曜日までというところが多かったのですが
なぜか渋谷は時期をずらして上映していたので、
なんとか劇場で見るのに間に合いました。
アンジー、迫真の演技ですばらしかったです。
この作品で、私も彼女のことが大好きになりましたよ。

↓ 東京は既に満開をちょっとすぎたところかな?という感じですが
今週いっぱいは楽しめそうです。新潟の桜も楽しみですね♪

投稿: セレンディピティ | 2009年4月 8日 (水) 07時59分

☆ ゆずさま ☆
チェンジリング、とてもいい映画でした。
もしも私だったら…などとは辛すぎて想像することもできませんが
アンジーも最初はこの役を演じることを一度は断ったとか
何かで読んだことがあります。
それを乗り越えての迫真の演技、すばらしかったです。
今まではあまり感情を表さない役が多かったような気がしますが
髪を振り乱し、顔もぼろぼろになっての熱演に心を打たれました。
おっしゃる通り、新しい世界を切り開いたのかもしれないですね。
お祝い、喜んでいただけました♪ ありがとうございます☆

投稿: セレンディピティ | 2009年4月 8日 (水) 08時08分

☆ イザワさま ☆
この映画、とてもよかったですよ。
都内はそろそろ上映が終わっているところが多いですが
DVDになってからでも是非!
私も実話に基づくストーリー、好きです。
まさに「事実は小説より奇なり」ですね。

投稿: セレンディピティ | 2009年4月 8日 (水) 08時12分

☆ Reiさま ☆
「ちえの木の実」偶然見つけたお店ですが、とてもすてきでした。
ちょっとはずれたところにあるので、
静かにゆっくりすごせそうな感じでした。
子どもの本って大人が見ても、かわいかったり
懐かしく思ったり…楽しめますね。

投稿: セレンディピティ | 2009年4月 8日 (水) 08時16分

今日は。

「チェンジリング」はとても評判良いですよね。
やっぱりイーストウッドは凄いな~。happy01
アンジェリーナ・ジョリーにとっても、新しい役がらへの挑戦になってるみたいだし、是非見てみたいです。

「ちえの木の実」さんは渋谷にあるんですね。私、はじめてこのお店の事知りました。写真で見ると、落ち着いた感じのステキなお店ですね。渋谷に行った時には、ちょっとのぞいてみようと思います。
絵本の勉強にもなりそうです!shine

投稿: ごみつ | 2009年4月 8日 (水) 12時51分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
「チェンジリング」評判を裏切らず、すばらしい映画でした。
新しいアンジェリーナ・ジョリーもとても魅力的でしたし
機会がありましたら、是非ご覧になってみてください♪
ごみつさんのお話も、うかがいたいです。

「ちえの木の実」私も偶然こちらのお店を見つけました。
空間の心地よい、なかなかすてきなお店でした。
ごみつさんでしたら、プロの目でまたいろいろ気付かれることも
あるかと思います。お近くにいらっしゃる際には是非♪

投稿: セレンディピティ | 2009年4月 8日 (水) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/29005454

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェンジリング」:

» チェンジリング [ごみつ通信]
Chengeling2008年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド(演)ア [続きを読む]

受信: 2009年10月18日 (日) 21時28分

« オレンジピール入りバナナブレッド / アークヒルズの桜 | トップページ | 春野菜と生ハムのパスタ & 筍と牛肉のしぐれ煮 »