« 伊勢志摩(5) 小説「潮騒」の舞台 神島へ♪ | トップページ | 伊勢志摩(7) 名古屋・ノリタケの森 »

伊勢志摩(6) 伊勢志摩で楽しむ 海の幸♪

今回の旅行は、GWにもかかわらず予約などの準備を始めるのが遅くなりましたが、一日目は鳥羽、二日目は近鉄特急の終点、賢島(かしこじま)から車で20分ほどの浜島というエリアに、居心地のよい宿を取ることができました。

日本では全国どこでも温泉が楽しめるのがうれしいです。どちらのお宿でも海の見えるお部屋で浴衣でくつろぎ、伊勢志摩ならではの豊富な海の幸を楽しむことができました。一部をご紹介します☆

20090503080_convert_20090513090902  20090503082_convert_20090513092124

伊勢志摩の海の幸といえば、伊勢海老です! どちらのお宿でも豪華な伊勢海老のお刺身をいただきました。身はプリプリとしておいしかったのですが、私は意外と(右)の中華風のあんかけ料理が気に入りました。伊勢海老は火を通した方が、合うような気がしました。

 20090503221_convert_20090513102906  20090503225_convert_20090513092428

(左)二日目のお宿ではお刺身が氷の器で出てきました。伊勢海老の殻は翌日の朝のお味噌汁に入れてくださいました。奥に見えるのは、鯛のかぶと煮。身が引き締まって、ぷりっぷりのおいしさでした。

(右)伊勢志摩のもうひとつの名物、あわびです。ステーキでいただきました。柔らかく弾力のあるあわびはバターしょうゆの風味がよく合って、とてもおいしかったです。あわびはこのほか、お刺身や煮物でもいただきました。

20090503226_convert_20090513092554  20090503227_convert_20090513092717

(左)海老・ホタテ・サザエなどの海の幸を蒸篭で蒸していただきました。一日目は焼いていただきましたが、私は蒸した方が身が柔らかく、おいしさが閉じ込められたような気がしました。

(右)海鮮釜飯。お米におだしをはった状態から、テーブルの上で炊き上げたので、炊きたてのおいしさが楽しめました。

地元で獲れる新鮮な海の幸、季節の食材を生かしたお料理はどれもおいしかったです。伊勢志摩では牡蠣やふぐも名物だそうなので、冬はまた違うお料理が楽しめるのではと思いました。

最終日はあいにく朝から大雨でした。

20090503248_convert_20090513092927

ホテルの車の中から、英虞湾(あごわん)のリアス式海岸の美しい海岸線を眺めながら、賢島駅へと向かいました。いかだのように見えるのは、真珠養殖の網や籠が並んでいるところで、この地方ならではの風景です。

今回の旅行ではGWということもあり、公共の交通機関を使って移動しましたが、鳥羽から先はあまり交通網が発達していなくて、複雑な海岸線を持つこの地域独特の風景をゆっくり見て回れなかったのが少し残念でした。鳥羽からはレンタカーを使えばよかったなあと反省しました。

ほんとうは賢島や英虞湾周辺も歩いてみたかったのですが、お天気がすぐれなかったので、賢島から近鉄特急に乗って、一気に名古屋へと向かいました。

|

« 伊勢志摩(5) 小説「潮騒」の舞台 神島へ♪ | トップページ | 伊勢志摩(7) 名古屋・ノリタケの森 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

伊勢志摩と言えばやはり伊勢海老に鮑ですよねぇ~
6枚のお写真のお料理、どれも美味しそうですね☆
殻で出しを取ったお味噌汁って絶品!
以前伊豆で頂いた事がありましたぁ~
盛りだくさんの家族旅行、楽しくて美味しい思い出が
いっぱいできましたねぇ~♪

投稿: ゆず | 2009年5月13日 (水) 19時13分

ワーッ、どれも美味しそう!
伊勢海老の出た次の朝のお味噌汁、いいですよね〜!
今日丁度、釜飯を食べて来た所でした。(アサリと竹の子の釜飯でした)
目の前では炊いてはいませんでしたが、炊きたて美味しいですよね!
旅の出ると、お食事が楽しみですよね!!

投稿: Rei | 2009年5月13日 (水) 22時53分

伊勢海老のあんかけ、美味しそうですね^^
それに、なんといってもアワビのステーキ!!
食べたことないです。
憧れます!!

最後の雨は残念だったと思いますが、良いご旅行のご様子で
何よりでしたね^^

投稿: イザワ | 2009年5月14日 (木) 02時08分

☆ ゆずさま ☆
伊勢海老や鮑をはじめ、地元で獲れる新鮮な海の幸
どれもおいしくいただきました♪
海老も殻から取れるおだしまでいただく…と思うと
なんだかうれしいですね。心憎い演出だと思いました。
ゆずさんも伊豆で召し上がったのですね☆
食べものがおいしく、海の風景にも旅情をかきたてられて…
いつかこの辺りをまた旅してみたいな~と思いました。

投稿: セレンディピティ | 2009年5月14日 (木) 08時07分

☆ Reiさま ☆
お料理、どれもおいしくいただきました。
伊勢海老の殻のスープまでおいしくいただいてうれしくなりました。
Reiさんも釜飯を召し上がったのですね。
アサリと筍、今の季節にぴったりですね~。おいしそう♪
旅行でその土地のおいしいものをいただくのは
旅の楽しみのひとつですね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年5月14日 (木) 08時13分

☆ イザワさま ☆
海の幸の一番ぜいたくな食べ方はきっとお刺身なのでしょうが
私は伊勢海老も鮑も、火を通した方がずっとおいしさが
引き立つように思いました。
どちらも日頃はなかなか食べられないものなので
旅行ならではのぜいたくな気分を味わいました。

雨が降ってこの辺りをゆっくり散策できなかったのは残念でしたが
かわりに名古屋で楽しくすごすことができました。

投稿: セレンディピティ | 2009年5月14日 (木) 08時19分

そろそろ美味しいお話も伺えるかなと期待していたところです^^。
同じ海鮮でも日本海とは全く違う海の幸で、どれもとても美味しそうです☆
鯛のかぶと煮、これですね。やっぱり木の芽が飾ってありますね。私も欲しかったな〜。
旅行記がまだ続くということは、名古屋でもなにか召し上がったか観光されたんでしょうか?続きも楽しみです♪

投稿: olive | 2009年5月14日 (木) 10時35分

こんにちは。
コレは私には目に毒な記事です(笑)。
海の幸盛りだくさん、どれもとても美味しそう!
伊勢志摩、と言ったら、そうですね、やっぱり伊勢えびでしょうね。
伊勢えびのあんかけ風、というのは初めて見たかもしれませんが、コレも見た目からして絶対美味しそうです。
日本料理、盛り付けもやっぱり素敵ですね。
刺身が氷の器で出てくるところなんかが粋ですよね。 

投稿: reiko | 2009年5月14日 (木) 11時42分

☆ oliveさま ☆
期待してましたか?(笑) 伊勢志摩といえば、
やはりおいしい海の幸ははずせませんね。
新潟の海の幸もおいしそうだな~といつも思っていましたが
やはり日本海側と太平洋側とでは、獲れるお魚も違うのでしょうね。
鯛のかぶと煮もおいしかったです♪ 目の周りはおいしいと
食通の方がおっしゃるのが、よくわかりました。
旅行記、あと2回ほど続きます。おつきあいくだされば幸いです。catface

投稿: セレンディピティ | 2009年5月14日 (木) 23時59分

☆ reikoさま ☆
目の毒ですよね…。bearing 失礼しました☆
アメリカもおいしいものはいろいろありますが、やはりお魚天国の日本は
お魚のおいしい食べ方、扱い方をよく心得ているなあと改めて思いました。
伊勢海老のあんかけは、私も気に入った一品です。
ほんとうはお刺身で食べるのが一番ぜいたくなのでしょうが
私は火を通した方が、おいしさが引き立つと思いました。
お味もさることながら、季節感をさりげなく取り入れていたり
日本料理は目でも楽しめますね。

投稿: セレンディピティ | 2009年5月15日 (金) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/29592323

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢志摩(6) 伊勢志摩で楽しむ 海の幸♪:

« 伊勢志摩(5) 小説「潮騒」の舞台 神島へ♪ | トップページ | 伊勢志摩(7) 名古屋・ノリタケの森 »