« 鮭のソテー・きのこソース & いわしのムニエル・トマトソース | トップページ | 梅酒のケーキ♪ »

ごはんと食べるイタリアン♪

先日ご紹介した本「ご飯と食べるイタリアン」が気に入って、全制覇する勢いで作っています。その中から、多少アレンジを加えながら作ったお料理を3品ご紹介します♪

Life200906196_convert_2009062509063

【 鶏肉とピーマンの煮込み ローマ風 】

  1. お鍋にオリーブ油とつぶしたにんにくを入れて、香りが立つまで炒め、骨付きの鶏ぶつ切り肉を皮目から入れて、両面じっくり焼き色がつくまで焼きます。
  2. 白ワインを注いでふたをし、煮込みます。途中、たまねぎのみじんぎり、塩こしょうを加えます。水分が少なくなったら水を補充して。
  3. カラーピーマン、オリーブを入れて、さらにじっくり煮込んでできあがり。

冷凍庫にあったごはんで作ったガーリックライスといっしょに盛り付けました。ガーリックライスは、にんにくみじんぎりをバターでていねいに炒め、ごはんを入れてさらに炒めます。仕上がりぎわに、パセリのみじん切りを混ぜてせきあがり。

カラーピーマンが色鮮やかで、目でも楽しめるお料理となりました。

Life200906248_convert_2009062509075

【 豚肉のレモンソテー 】

  1. 豚カツ用のロース肉を筋切りして塩こしょう、小麦粉をまぶしてオリーブ油で焼きます。途中バターを加えて、色よく仕上げます。
  2. 白ワイン、レモン汁を入れて軽く煮詰め、塩・ケイパー・レモンの皮のすりおろしを加えてソースを作ります。お皿に盛り付けて、パセリのみじんぎりを散らしてできあがり。

付け合せに、オクラのバターソテーを添えました。おしょうゆは入っていませんが、不思議とごはんに合うしっかりとした味。洋食屋さんを思わせる懐かしい味わいのお料理になりました。

Life200906167_convert_2009062509043

【 キャベツと豚バラ肉の蒸し煮 】

  1. 鍋に1cm弱厚さにカットして塩をした豚バラ肉を油をひかずに入れ、脂を出しながらじっくり焼いていきます。
  2. 1のお鍋に、ざく切りにしたキャベツを入れて塩をし、全体に柔らかくなるまで蒸し煮にします。
  3. パン粉・チーズのすりおろし・パセリのみじん切りを混ぜたものをざっくりと混ぜ、盛り付けた後にもパラパラとふりかけて仕上げます。

バラ肉から旨味が出て、シンプルながら味わい深いおいしい一品となりました。

          ☆          ☆          ☆

ファーマーズマーケットで苗を買って育てているプチトマト。先週初めて、6粒のプチトマトを収穫しました♪

Life200906163_convert_2009062509023  Life200906256_convert_2009062509093

お料理に使わず、このままいただいたのですが、甘みが濃くておいしい~♪ 自分で育てたので、よけいにおいしく感じたのかもしれません。

最初に1mの支柱を立てたのですが、すでにその支柱より高く、1.2mくらいにまで成長しています。ただ少しひょろりとしているので、昨日追肥をしてみました。何しろ初めてのことなので、おっかなびっくり育てています。

(右)は昨日の様子。また次々とトマトが色づいているので、これから先も楽しみです♪

|

« 鮭のソテー・きのこソース & いわしのムニエル・トマトソース | トップページ | 梅酒のケーキ♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
本を制覇する勢い、凄いですね!
その勢い、私にもわけて欲しいです〜。
食欲をそそる色、とてもカラフルで緑のバジルがポイントになり映えますね!
2枚目のレモンのずりおろしが入って爽やかな感じ♪
オクラをバターソテーした事ないですが、簡単だし、丁度オクラを買ってあるので
明日、やって見ようと思います^^*v
自分で作リ育てた物って、本当に美味しいですよね!
おっかなびっくりな気持ちわかりまーす。頑張って下さいね^^*
まだまだ、沢山収穫出来そうで楽しみですね♪

投稿: Rei | 2009年6月25日 (木) 18時46分

こんばんはconfident

「ご飯と食べるイタリアン」、魅力的ですね。。
うちも夕食は絶対ごはんにしてほしいといわれているので、
これは参考になりそうです。
ちょっと本屋さんにいってみようと思います。

今回の紹介のお料理では、
私は【豚肉のレモンソテー】が気になっています。
お醤油が入っていないのに、ごはんとあう。。
最近醤油だ、出汁だとなっているのでこれは日々の料理に
メリハリが出そうでして^^;

プチトマトもかわいいですね♪
小学生の時に栽培委員というものに入っていて、
夏休みにプチトマトを育てていたのを思い出しました。
自分で作るとなおいっそうおいしいですよね☆

投稿: のりたま | 2009年6月25日 (木) 21時47分

今晩は~。heart

わ~、引き続き色々とチャレンジなさってたんですね!
どれもこれも美味しそう~。私も一番食べたいのは豚肉のレモンソテーかな~。restaurant
本当にどのメニューもご飯にピッタリあいそうですね!
食が進みすぎちゃいそう。coldsweats01

プチトマトかわいい!初収穫ですね。やっぱり、そのまま生で味わいたいですよね。でも、収穫までかなり早かったですね。写真で見るとまだ青いのがついてるから、もうしばらく楽しめそうですね!ヽ(´▽`)/

投稿: ごみつ | 2009年6月25日 (木) 23時05分

☆ Reiさま ☆
この本にのっているお料理、どれもほんとうにおいしそうなんですよ。
図書館で借りた本ですが、買ってしまおうかな…と思っています。
夏になると、カラフルな野菜もふえてきて、お料理が華やかになりますね。
レモンバター、お魚に合いますが、豚肉にも合うんだな~と
うれしい発見でした。オクラは固めに塩ゆでした後、バター、
塩または好みでおしょうゆで味付けしますが、最近のお気に入りです。
プチトマトは、毎日ながめては成長を楽しんでいます♪

投稿: セレンディピティ | 2009年6月26日 (金) 08時07分

☆ のりたまさま ☆
「ごはんに合う」というのは、日本の食卓ではうれしいですね。
「豚肉のレモンソテー」ソースの色が、見た目はおしょうゆみたいですが
バターでお肉をソテーした時の色なんですよ。
香ばしさがあって、それが食をそそるのだと思います。
ごはんにとてもよく合いました。

プチトマト、今はわが子のように?かわいいです。
息子も幼稚園の時、クラスでプチトマトを育てていたことがあるので
植物の中では育てやすい方なのかもしれませんね。

投稿: セレンディピティ | 2009年6月26日 (金) 08時14分

☆ ごみつさま ☆
「レモンソテー」皆さんに人気のようですね。
これは洋食屋さんのメニューといった感じで、どなたにも好まれると思います。
ごはんに合うお料理はうれしいですが、危険でもありますね~。

収穫、早いのか、遅いのか、それすらもよくわかっていないのですが…。
今のところ、下の方のトマトは少しずつ大きくなっているのですが
上の方はひょろっとして、つぼみもついていないので心配です。
栄養が行き渡っていないのかしら…? もう少し様子を見ようと思います♪

投稿: セレンディピティ | 2009年6月26日 (金) 08時20分

どのお料理もとってもおいしそう☆
セレンディピティさんが全制覇する勢いというのがわかる気がします。
ごはんにあうおかずなら育ち盛りの息子さんも、ご主人も大満足ですね。

トマトの初収穫おめでとうございます!
自家製のトマトは味の濃さが違いますよね。
私は支柱を買う時にお店の方から1mじゃ足りない、と言われ1.5mのものを買いました。
それでもそれ以上に成長しましたが、それ以上伸びても困るので先を摘みましたよ。
植物の生命力はすごいですよね。

投稿: olive | 2009年6月26日 (金) 08時47分

☆ oliveさま ☆
どれもボリュームたっぷりで、我が家にはぴったりのお料理になりました。
でも、私にはちょっとカロリー過多かも…。
気をつけないといけないですね。

プチトマト、無事に収穫しました。
たった6粒ですが、とっても愛おしいです☆
支柱、1mでは短かったんですね。
思ったより背が高くなってびっくりしています。
先日、園芸書を立ち読みしましたら、成長しすぎないよう
先を摘むと、栄養が行き渡ってりっぱな実がなるようです。
無事に成長してくれることを祈ります♪

投稿: セレンディピティ | 2009年6月26日 (金) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/30268094

この記事へのトラックバック一覧です: ごはんと食べるイタリアン♪:

« 鮭のソテー・きのこソース & いわしのムニエル・トマトソース | トップページ | 梅酒のケーキ♪ »