« 上高地(9) 松本城と旧開智学校 | トップページ | 紫花豆のみつまめ / 安野光雅さんの画集 「安曇野」 »

上高地(10) 松本のレトロな町並み & 安曇野のわさび農場

旧開智学校を訪れた後は、信州名物のおそばをいただくことにしました。街の中心にあるナワテ通りへぶらりと向かいました。

366_convert_20090828083550  367_convert_20090828083840_2

(左)ナワテ通りは、昔ながらの木造の小さなお店がびっしりと軒をつらねる、下町情緒あふれる通り。おみやげ屋さんや食べ物屋さんだけでなく、地元の方の生活に根ざしたお店も多く、活気がありました。

(右)ナワテ通りの中ほどにある老舗のおそば屋さん、「弁天本店」に着きました。とても人気のあるお店で、お店の前には10人弱くらいの人が並んでいましたが、ほどなくして順番が回ってきました。

371_convert_20090828084206  370_convert_20090828084012

店内には小さなテーブルがところ狭しと並び、大賑わい。その間を縫うように、お店の人が忙しそうにおそばを運んでいました。家族総出でお店を切り盛りしている様子が見ていてほほえましく、和やかな気分になりました。

(左)私はなめこざるをいただきました。できたての手打ちのおそばはさっぱりとしたあじわいで、夏にぴったりのおいしさでした。たっぷり添えられたなめこにおつゆを注ぎ、からめるようにしていただきました。蕎麦湯はとろりと濃厚で、おつゆが最後までおいしくいただけました。(右)は温かい鶏南蛮です。

373_convert_20090828084341  375_convert_20090828084510

おいしくおそばをいただいた後は、ナワテ通りと平行している中町通りを歩いてもどりました。(左)途中で見つけた味わいのある珈琲店。

(右)中町通りは、江戸時代から明治にかけての蔵造りの建物が多く並んでいます。ナワテ通りとはまた一味違う、しっとり落ち着いた魅力がありました。古い建物をそのまま生かした、レストランや工芸品のお店がすてきでした。

松本のレトロな町並みを散策したあとは、、車で松本から北に向かい、田園風景の美しい安曇野(あずみの)へ。日本最大のわさび園、「大王わさび農場」を訪れました。

377_convert_20090828084644  379_convert_20090828084849

大きな観光バスが何台もやってくる広大なわさび農場は、まるでわさびのテーマパーク。わさびに関するありとあらゆるものがあって、たくさんの観光客で賑わっていました。

園内を流れる蓼川(たでがわ)には水車小屋があり、美しい田園風景が広がっていました。この水車小屋の風景は、黒澤明監督の映画「夢」のロケ地としても使われたそうです。

385_convert_20090828085256  384_convert_20090828085102

(左)どこまでも続くわさび田。わさびは直射日光に弱いので、夏の間はこのような黒いシートで覆われています。(右)シートの下には清らかな湧き水が流れ、畝にはびっしりとわさびが植えられていました。

わさびは2年がかりで育てるので、少しずつ時期をずらして栽培するそうです。北アルプスの美しい自然が育むわさび田。この風景がいつまでも守られますように…と願わずにはいられません。

388_convert_20090828085520 安曇野 碌山美術館

この後は、憧れの「碌山(ろくざん)美術館」を訪れたのですが、ちょうど閉館時間で、中に入れませんでした。残念! 安曇野は、個性的な小さな美術館やギャラリーがたくさんあるアートの村。いつかゆっくり訪れたいと思います。

上高地旅行記は、これでおしまいです。長い間おつきあいくださいまして、ありがとうございました。

|

« 上高地(9) 松本城と旧開智学校 | トップページ | 紫花豆のみつまめ / 安野光雅さんの画集 「安曇野」 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

今回の旅行は本当に充実した内容ですね~。安曇野にも行かれたんですね。

あ、そうそうここ「夢」の中に出てきますよ!文明生活からはなれて自然とともに生きる人たちがいる村なんですよ。主人公の夢の中なんですが、本当に夢の中でしか見られない様な美しい風景でした。
私も行ってみたいな~。happy02

お蕎麦美味しそう!これなら暑い日でもツルっと食べられそうですね。sun

写真もきれいだし、とっても中身の濃い旅行記でした。楽しく読ませていただきました。shine

投稿: ごみつ | 2009年8月29日 (土) 12時01分

こんにちは!
なめこざるって初めて聞いたかもぉ?! 
なめこがおそばに絡まったところを想像しただけでキノコ好きには
たまりませんねぇ~☆ ヘルシー度も満点だしね!
軽井沢でも2回程お蕎麦を食べたのですがアップしていませんでした…
わさび農園も面白そうですね。たしかにテーマパークみたい。
やはり下ろしたてのわさびの香りは魅力ですよね。
松本は伝統工芸品を扱う素敵な雑貨屋さんも多いと聞きました。
一度ゆっくり歩いてみたい町です。
上高地から始まって信州を満喫されたこの夏の旅行、楽しい思い出が
たくさんできましたね♪

投稿: ゆず | 2009年8月29日 (土) 12時24分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは♪
安曇野ではあまりゆっくりできませんでしたが
のどかで美しい、すてきな場所でした。
「夢」の中で、この場所がどんな風に使われているのかなと
気になり、映画も見てみたくなりました。
ごみつさんにとっても、印象に残る場面だったのですね。
水車小屋のある風景、観光地化されてはいますが
ほんとうに夢のように美しかったです。
信州でいただくおそばも、思い出に残りました。
旅行記、最後までおつきあくださり、ありがとうございました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月30日 (日) 00時13分

☆ ゆずさま ☆
なめこざる、このお店ではメニューのわりと前の方にあったので
ひょっとして、名物だったのかもしれません。
私は、きのこや山菜の類は大好きなので、迷わずこれにしました。
なんとなく、信州っぽいですよね?
軽井沢のおそばも、おいしそうですね!
わさび農場は、わさび料理のレストランがあったり
わさび漬け作りを体験できたり、いろいろあって、かなり大規模でした。
私もわさびは大好きですが、みんなに人気があるんだなあと改めて思いました。
松本は「松本民芸家具」が有名ですが
和食器や工芸品などのすてきなお店もたくさんありました。
時間があれば、ゆっくり見てみたかったです。
旅行記、最後までおつきあいくださいまして、ありがとうございました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月30日 (日) 00時25分

こんにちは!
このおそば屋さん見た事ある感じです!
ここだったかもしれません〜♪
大きなわさび園ですね! ビックリです。
綺麗な美味しい清流大切にしたいですね!
旅行記、楽しく、思い出と共に懐かしく拝見させていただきました♪
忘れていた事もフト思い出しました。(そう言えば土鍋、松本で買って来たんだ!)^^*

投稿: Rei | 2009年8月30日 (日) 10時58分

数年前になりますが、母が亡くなって傷心の父を連れて
家族で松本から美ヶ原美術館に出かけたことがありました。
(松本は、どうやら山男山女だった両親の思い出の地だったようです)
弁天さんは、蕎麦好きの父のリクエストで足を運んだ記憶があります。
松本城を見学した時は暑かったのに、山の上の美術館は吹く風も肌寒く
間もなく閉館、という時期だったようでした。
今度は秋の信州もいいな、と旅行記を拝見して思い立ちましたよ♪

投稿: はじけ猫 | 2009年8月30日 (日) 16時52分

こんばんは!
セレンディピティさんの旅行記には必ず、美味しい食事が
出てくるのでそれも楽しみです。
信州といえばそば!
鶏南蛮は寒い時だったら最高でしょうね。
美味しそうですね~~
松本城にも行かれたんですね。
昨年までは、和太鼓ドンドコさんが松本の太鼓祭りに呼ばれて
松本城の前で和太鼓演奏を行っていました。
私も同行して写真を撮っていました。
良いところですよね~

投稿: イザワ | 2009年8月31日 (月) 02時49分

☆ Reiさま ☆
Reiさんも、いっしょのところで
おそばを召し上がったのかもしれませんね~☆
わさび田は、清流の流れるかなり厳しい条件の下でしか
育たないそうなので、この環境がいつまでも守られますように
と思いました。
松本の土鍋、すてきな思い出の品ですね!
旅行記、最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月31日 (月) 07時46分

☆ はじけ猫さま ☆
松本は、ご両親の思い出の場所なのですね。
お父様もはじけ猫さんといっしょに思い出の場所を歩かれて、
きっと喜ばれたでしょうね。
信州、夏の緑も美しいですが、秋の紅葉もすばらしいでしょうね。
私も他も季節にも、訪れてみたくなりました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月31日 (月) 07時50分

☆ イザワさま ☆
食いしん坊ゆえ、ついつい食べ物の写真が多くなってしまい
お恥ずかしい限りです~☆
鶏南蛮は息子がいただいたのですが、ボリュームたっぷりで
おいしくて、とても気に入ったようです。
ドンドコさんといっしょに、イザワさんも松本城に
撮影に行かれていたのですね。
凛々しい松本城には、和太鼓の演奏が似合いそうですね!

投稿: セレンディピティ | 2009年8月31日 (月) 07時55分

信州といえばお蕎麦ですよね。
新潟とはお隣の県なのに土や気候が全く違うので、穫れる農作物もまるで違うんです。
ざるそばも温かいおそばもどちらも美味しそうですね。
私は先日山かけ納豆そばというのをいただきましたが、おそばにぬめりがあるものって合いますよね。なめこざるもぬるぬるだからおいしそう☆
自然いっぱいの上高地から始まって、松本、安曇野と充実した旅行でしたね。
行ったことのないところばかりだったので、一緒に楽しませてもらいました。
ありがとうございました♪

投稿: olive | 2009年8月31日 (月) 10時56分

☆ oliveさま ☆
そばというのは、痩せた土地で育つと聞いたことがあります。
それで山間の長野の土地に合うとか…。
新潟の土地は逆に肥沃なので、米どころなのでしょうね。
日本は山ひとつ超えると、風土がぐっと違ったりするからおもしろいですね。
私も納豆以外は基本的にねばねば系が好きなので
やまかけそばは大好きです☆
信州の美しい自然を実感する旅になりました。
最後まで見てくださって、ありがとうございました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月31日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/31135869

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地(10) 松本のレトロな町並み & 安曇野のわさび農場:

« 上高地(9) 松本城と旧開智学校 | トップページ | 紫花豆のみつまめ / 安野光雅さんの画集 「安曇野」 »