« 上高地(4) 朝もやの大正池 | トップページ | 上高地(6) 2日目のフレンチディナー »

上高地(5) 小説「氷壁」の舞台 徳沢小屋へ

朝食の後は、井上靖の小説「氷壁」に登場する、徳沢小屋をめざして歩くことにしました。まず、前日に歩いた明神まで行くと、そこから先は未知の道。梓川に沿って、林の中のトレイルをのんびり歩いていきました。

212_convert_20090820095824  222_convert_20090820100018

(左)もうわずかに紅葉の始まっている木がありました。山の秋は早いです。途中の清流のほとりで、おこじょ(イタチに似た小動物)を見ました! ちょこまかと動きがすばしこくて、写真は撮れませんでしたが、きょとんとした顔がとてもかわいかったです。

(右)明神から1時間ほど歩くと、徳沢です。ここはかつて牧場があったそうで、牧草地が今は登山者たちのキャンプ場になっています。色とりどりのテントがきれいでした。

229_convert_20090820100702  225_convert_20090820100152

(左)「氷壁」の中で、主人公が穂高登山の拠点として宿泊した徳沢小屋。今は「氷壁の宿 徳澤園」という名前になっています。小説を読んで思い描いていたよりも、ずっと立派な造りでした。帳場にも歴史が感じられ、趣がありました。

(右)徳澤園に隣接する食堂で、お昼を食べました。私がいただいたのは山菜そば。しっかり歩いた後だったので、とてもおいしかったです。山菜もたくさん入っていました。

230_convert_20090820100829     227_convert_20090820100519

(左)徳澤園のお土産屋さんの前で売られていた信州りんご。apple とてもおいしそうでいた。 (右)柔らかい日差しの中、緑がとてもきれいでした。

233_convert_20090820101639  093_convert_20090820102502

(左)徳沢からさらに梓川に沿って15分ほど上流に向かって歩くと、新村橋があります。橋の上を往復してみましたが、今にも壊れそうなつり橋で、とても怖かったです。

小説では、主人公はこの橋の下をくぐって、凍った梓川の上を渡り、前穂高岳の東壁をめざします。雪山をロッククライミングするようなもので、実際に山を目の前にすると、とてつもない冒険だということがわかりました。

(右)旅に先立って、図書館で「氷壁」を借りてきました。まだ途中ですが、友情、恋愛、冒険、ミステリー…いろいろな要素があって、おもしろいです。主人公がたどった道が詳しく書かれているので、地図を見ながらルートを確認したりして楽しんでいます。

ほんとうはここで引き返す予定でしたが、まだ時間に余裕があったので、もう少し先の横尾まで歩くことにしました。

236_convert_20090820101511  243_convert_20090820101827

(左)こんな感じの山道をテクテクと…。昔の旅人になったような気分です。

(右)1時間ほどで 、横尾に着きました。ここは、穂高岳や槍ヶ岳の登山の拠点となる場所で、山荘やキャンプ場がありました。ふと見ると、周りはほとんどが本格的な装備をした登山者ばかり…。上高地からは11km。さすがにちょっと歩きすぎたようです。

250_convert_20090820102043  256_convert_20090820102212

(左)横尾大橋。この橋を渡ると穂高岳への長い登山道が続きます。左奥に穂高岳が見えます。 横尾でしばらく休憩し、もと来た道をもどりました。足が重いです…。

(右)帰りに再び徳沢小屋によって、ソフトクリームをいただきました♪ お昼を食べた時に、この看板をチェックしていたのです。疲れた体に、濃厚なミルクの味がとてもおいしかったです。

この日は、朝の大正池から始まって、なんとトータルで9時間くらい歩いてしまいました。アップダウンのない道だったので、つい油断したようです。楽しかったけれど、これからはあまり無理をしてはいけないな…と反省しました。

|

« 上高地(4) 朝もやの大正池 | トップページ | 上高地(6) 2日目のフレンチディナー »

旅行」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ほぼ丸一日歩いてらした事なるのですねぇ~
セレンディピティさん、日頃からスウィミングしたりトレッキングしたりで
体がちゃんとできてらっしゃるから可能なんだわ~
私なんて先日の20分やそこらのハイキングでヘーコラ言っちゃって…
運動しないとダメですねぇ~ 私こそ、反省が必要ですぅ。
歩数にすると何歩になったのかしらねぇ? 絶対に1万歩をはるかに超えてるでしょうね!
氷壁は好きな小説でした。大人になりかけの高校時代に読んでとても刺激を受け、
映画もみたり何度も読み返したり。
私もまた読んでみたくなりました。

投稿: ゆず | 2009年8月21日 (金) 09時38分

9時間のトレイルとは驚きました。
みなさん体力があるんですね〜。
でもこんな景色のいいところならどんどん先へ進んでしまうのかもしれませんね。
きっと気持ちのいいトレイルだったんでしょう。

片道11kmってことは往復22km。そりゃ足も重くなりますね。
帰りのソフトクリームさぞかし美味しかったことでしょう。
セレンディピティ家の旅の続きが心配になってきました…(笑)。

投稿: olive | 2009年8月21日 (金) 12時34分

うろ覚えですが、たしか徳沢小屋は、今やベストセラー作家の夢枕獏氏が昔小屋番のバイトをしていたはず。内緒で山菜取り(国立公園内は禁止)で鍋を楽しんだとのエッセーを読んだ記憶があります。あれ、横尾だっけ?ちと記憶に自信がありませんが。

投稿: ヌマンタ | 2009年8月21日 (金) 12時51分

☆ ゆずさま ☆
この日は自分でもあきれるくらいに、よく歩きました。
足にはわりと自信がある方だったのですが
さすがにこの日は帰りが辛かったです。
でも、自分の限界がわかったのはよかったのかもしれません。
ゆずさん、「氷壁」お読みになったのですね!
高校生の頃というと、ちょっと背伸びがしたいお年頃ですね。
山小屋の名前になるくくらいですから、
きっと人気のある小説だったのだろうな…と思いましたが
映画にもなっていたんですね。今度探して見てみようかな。

投稿: セレンディピティ | 2009年8月22日 (土) 00時44分

☆ oliveさま ☆
こんなに長く歩いたのは、私も初めてでしたので、自分でも驚きました。
川沿いの道で、あまりアップダウンがなかったので
つい調子に乗って、ぐんぐん歩いてしまったのかもしれません。
歩く前は一番乗り気でなかった息子が
最後まで全く疲れを見せなかったのに驚きました。
やっぱり若さでしょうか。
たくさん歩いた後のソフトクリームは、甘くて冷たくておいしかったです♪

投稿: セレンディピティ | 2009年8月22日 (土) 00時52分

☆ ヌマンタさま ☆
夢枕獏さんが…そうでしたか!
ちょっと気になって、ネットで調べてみましたら
どうやら上高地の山小屋で働いていたらしいところまでは
突き止めたのですが(笑)どの小屋なのかは確認できませんでした。
山好きの方にとっては、山小屋で働くのはきっと楽しいでしょうね。

投稿: セレンディピティ | 2009年8月22日 (土) 00時57分

こんにちは!

たくさん歩いたんですね~。お疲れ様でした。確かに9時間はきついですね!私はムリかも・・。coldsweats01

お蕎麦、山菜がたっぷりでホントに美味しそう。体をたくさん使った後だとおいしさもひとしおですよね。
リンゴapple、水にひたってて気持ちよさそう!よく冷えたのをカプっとかじりつきたいです。ソフトクリームは、夏は絶対はずせないでしょう。(笑)

「氷壁」面白そうですね。今度、是非読んでみたいです。でも、小説の中の舞台を訪れるってロマンですね。shine

投稿: ごみつ | 2009年8月22日 (土) 14時19分

こんにちは!
良く歩きましたね!
山々や、清流、オコジョを見ながら歩いていると結構歩けちゃうんですよね!
私も、オコジョ見ていたいです。
ソフトクリーム、美味しそ〜♪
歩いた後のソフトクリームは、格別に美味しかったでしょね!
本の中の世界を実際に訪れて見るのって、2倍楽しく印象に残りますね!

投稿: Rei | 2009年8月22日 (土) 15時52分

こんばんは!
小説に沿っての散策・・・とても楽しいし、初めに頭の中で想像していた
ことが、現実に目の前で見ることができるのは面白いですね。
もちろん、創造と現実のギャップもあるでしょうが、それもまた
楽しいのではないかと思います。
そんな楽しさを背負っての旅は、少々歩きすぎるのも仕方ないかもしれませんね^^
とても楽しんでいる様子が伝わってきました^^

投稿: イザワ | 2009年8月22日 (土) 22時29分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます♪
あまりアップダウンのない道だったので、調子に乗ってしまいましたが
9時間はさすがに歩きすぎでした。
なんとかもどってこれてよかったです。
山歩きの間も、私ったら食べ物のことばかり…
いかに食いしん坊か、わかってしまいますね。
信州りんごは自然の恵みを感じる美しさで
カプッとかじったら、さぞおいしいだろうな~と思いました。
井上靖さんの小説を読んだのは実は初めてだったのですが
なかなかおもしろかったです。他の作品も読んでみたくなりました。

投稿: セレンディピティ | 2009年8月23日 (日) 09時51分

☆ Reiさま ☆
おはようございます♪
お天気がよく、空気がおいしかったので、ついつい歩きすぎてしまいました。
山々や清流の景色の美しさに、心が洗われました。
オコジョは初めて見ましたが、ほんとうにかわいかったです。
3匹くらいで、ちょこまか追いかけっこをしているようでしたよ。
歩いた後のソフトクリームは、冷たい甘さがとても心地よかったです♪
小説の世界を実際に歩いてみて、
ほんの一部ですが体験を共有できた気がしました。

投稿: セレンディピティ | 2009年8月23日 (日) 10時03分

☆ イザワさま ☆
おはようございます♪
小説の世界を歩いてみることで、地名や景色を
もっと身近に感じることができました。
ほんの一部ですが、登場人物たちと体験を共有することができ
楽しかったです。
少々歩きすぎましたが、それも後になってからは
いい思い出になるかもしれませんね。

投稿: セレンディピティ | 2009年8月23日 (日) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/31030841

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地(5) 小説「氷壁」の舞台 徳沢小屋へ:

« 上高地(4) 朝もやの大正池 | トップページ | 上高地(6) 2日目のフレンチディナー »