« 上高地(10) 松本のレトロな町並み & 安曇野のわさび農場 | トップページ | 夏の終わりに 三浦半島ドライブ♪ »

紫花豆のみつまめ / 安野光雅さんの画集 「安曇野」

昨日の朝、選挙の投票に行ったついでに、すぐ隣にある竹林をお散歩しました。

065_convert_20090831082040  064_convert_20090831082301

静かな竹林は凛とした空気に包まれていて、とても清々しい思いに満たされました。思わず背筋がピンと伸びるようで、とても気持ちのよい朝がすごせました。

          ☆          ☆          ☆

さて、旅行中 、何度かいただいた信州名物の紫花豆。家でも食べたくなって、久しぶりに甘煮を作りました。といっても、近くのお店で見つけたお豆は信州産ではなく、北海道産でしたが…。 coldsweats01

008_convert_20090831082605

一晩水につけて十分にふやかした紫花豆を何度か煮こぼし、柔らかくなったらお豆と同量のお砂糖とおしょうゆ少々で煮込みます。ふっくらしたお豆をいただくと、じんわり優しい甘みが広がり、とっても幸せな気分になりました。

実は、私はこういうお豆の甘煮が大好きなのですが、家族はあまり食べないので、普段はめったに煮る機会がありません。今回はジップロックに小分けして冷凍したので、時間をかけてゆっくり楽しもうと思います。

別の日には、この紫花豆でみつまめを作ってみました。

010_convert_20090831082807

寒天と家にあった適当なフルーツを取り混ぜて…。お砂糖を溶かして作ったシロップ(白蜜)をかけていただきました。甘じょっぱい赤えんどう豆とはまた違った趣で、おいしくいただきました☆

          ☆          ☆          ☆

024_convert_20090831082926

旅からもどってから、安野光雅さんの「安曇野」という画集&エッセイを思い出して 、久しぶりに見てみたくなりました。本屋さんや図書館では絵本のコーナーにありますが、どちらかというと大人向けの本です。

画家、イラストレーター、絵本作家でもある安野光雅さんの、優しさあふれる水彩画と温かいことばで綴られるエッセイで、信州の美しい四季が生き生きと描かれています。タイトルは「安曇野」ですが、上高地から白馬の方まで、広く信州の自然が取り上げられています。

昔見た時には、美しい水彩画の方にばかり目がいってしまったのですが、今改めてエッセイを読むと、ひとつひとつの文章が心に深く染み入るのを感じました。夏も美しかったですが、また別の季節にゆっくり信州を訪れてみたいなあと思いました。

|

« 上高地(10) 松本のレトロな町並み & 安曇野のわさび農場 | トップページ | 夏の終わりに 三浦半島ドライブ♪ »

お菓子」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

セレンディピティ家も投票は早くに済まされたのですね。
うちも早かったのですが横着者ゆえ車で行っちゃいました…
都会の真ん中で見事な竹林ですね☆
この2枚のお写真、京都です!って言われても信じちゃうわ。
豆好きの私、こういう甘煮も好きなのですが我が家も同じ!
私しか食べないんですよね。 
でもこれからほっこりとお豆を煮るにもよい季節。私も冷凍しようかな♪

投稿: ゆず | 2009年8月31日 (月) 12時05分

こんばんは!
近くにこの様な所があるなんて良いですね。
清々しいです!
この竹林、ちゃんと整備してあるようですね。
私もお豆の甘煮、大好きです!
でも、大きなお豆を煮た事はありません
紫花豆、大きなお豆をほっこり美味しく煮るのは、結構大変では?
紫花豆、見つけたら煮てみようかと思いました♪

投稿: Rei | 2009年8月31日 (月) 22時07分

☆ ゆずさま ☆
投票所は家から歩いて5分くらいで、駐車場もないので
歩いて行って来ました♪ 朝でしたが、すごく混んでました。
一方すぐ隣の竹林は、人の気配もなくひっそりとしていました。
小さな公園ですが、よく手入れされた竹林が美しくて心が洗われました。
ゆずさんもお豆さん、お好きですよね~☆
甘いものがお好きなご主人様も、煮豆は召し上がりませんか。
以前ゆずさんに和菓子が冷凍できると教えていただきましたが
煮豆も冷凍すると、長く楽しめていいですね。
これからは、こういうほっこりした味がおいしい季節ですね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月31日 (月) 23時33分

☆ Reiさま ☆
ふだんはあまり来ないのですが、この竹林は家から歩いて5分くらいのところです。
住宅街の中にある小さな公園ですが、遊歩道がきれいに整備されていて
小さな広場では、盆踊りも開かれるんですよ。
Reiさんもお豆の甘煮がお好きなのですね!
ほっこりした甘さがおいしいですよね。
紫花豆は、金時豆とかに比べると大きい分、少し皮が厚いかもしれませんが、
様子をみながら煮るとおいしくできますよ。
同じ大きさの、白花豆も好きです☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月31日 (月) 23時43分

こんばんは!
竹林のお写真、信州かと思いました。
良いところがご近所にあって良いですね^^
豆の甘煮、美味しそうですね。
私も好きです^^
でも、高校生の息子はもっと好きなんですよ。
このお写真を見たら美味しそうで羨ましがるに
違いありません^^v

投稿: イザワ | 2009年9月 1日 (火) 01時30分

☆ イザワさま ☆
この竹林、それほど大きな場所ではないのですが、
写真だけ見ると、たしかに信州みたいですね☆
イザワさんも、煮豆お好きでしたか!
男性はこういうのはあまり好きでないのかな~?と
思っていたので、なんだかうれしいです。
息子さんもお若いのに、煮豆がお好きとはびっくりです。
これからは、こういうほっこりしたお豆がおいしい季節ですね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年9月 1日 (火) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/31174596

この記事へのトラックバック一覧です: 紫花豆のみつまめ / 安野光雅さんの画集 「安曇野」:

» 安野光雅の画集 [ロドリゲスインテリーン]
安野光雅の画集 [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 22時03分

« 上高地(10) 松本のレトロな町並み & 安曇野のわさび農場 | トップページ | 夏の終わりに 三浦半島ドライブ♪ »