« 上高地(2) 河童橋~明神池トレイルを歩く♪ | トップページ | 上高地(4) 朝もやの大正池 »

上高地(3) ホテルのダイニングでフレンチディナー☆

上高地では、上高地帝国ホテルに宿泊しました。

024_convert_20090818074437  019_convert_20090818074308

(左)昭和8年に日本初の本格的な山岳リゾートホテルとして誕生したというこちらのホテルは、赤い屋根に丸太と石を組み合わせた、山小屋のようなかわいらしい外観です。(右)ホテルのロビーにあるティーラウンジ。中央にでんと構えるマントルピースが温かく迎えてくれました。

自然の素材を使った素朴で落ち着いた雰囲気のインテリアは、懐の深さ、包容力を感じさせ、大自然に抱かれているような安らぎを感じました。

夜はダイニングルームで、フランス料理のコースディナーをいただきました。

121_convert_20090818074638  123_convert_20090818074806

(左)前菜です。地元の名物という福味鶏(ふくみどり)でフォアグラをはさんだ一品。右に見えるのはブリオッシュトーストのスティックです。濃厚な味わいのフォアグラに福味鶏がアクセントとなって、ひんやりとした食感が心地よく、さっぱりおいしくいただけました。

(右)長野産のトマトを使った冷たいトマトスープです。香味野菜の細かいキューブの入ったお皿が運ばれてきて、スープはテーブルでサーヴされました。野生味あふれるトマトがとてもおいしかったです。さすがに高原野菜で知られるお土地柄で、野菜はどのお料理でもみずみずしくおいしく感じられました。

124_convert_20090818074942

穴子とオコゼのムニエルです。四角く大きいのが穴子で、その上にくるりと丸まったオコゼとヤングコーンが乗っています。オコゼの上の細かい千切り状のものはポロねぎのフライ。ほのかなねぎの風味がいいアクセントになっていました。

穴子の下にはオカヒジキのバターソテーが敷いてありました。オカヒジキは気になっていたものの食べたことがない食材なので、こういう風にも使えるんだなあと参考になりました。食感は海草に近いですが、ほうれん草に似たお味でした。

125_convert_20090818075117

牛肉のグリエです。お肉は表面はこんがりと焼けていますが、中はきれいなピンク色。でも火は完全に通っていて、中まで温かく仕上がっていました。お肉のクオリティもさることながら、こういうのはプロならではのお料理だと思いました。プロの技を堪能しました。

付け合せには季節の野菜とともに大根のガレットが添えられていました。もちもちとした食感が大根もちのようで楽しかったです。どのお料理にも地元の新鮮な食材が生かしてあって、またどこかに「和」の要素が取り入れられているのが個性的ですてきでした。

127_convert_20090818091338

ちょうどお肉料理を食べている頃、パティシエがお客様の前でデザートを作り始めました。フォークとナイフを使ってオレンジの皮をぐるりとむき、アルコールをかけて火をつけると青い炎がぼおっと上がります。クレープシュゼットかな?と思ったら、出てきたのがこちらのデザートでした。

プラムのあつあつソースがバニラアイスクリームの上にかかっていました。オレンジとリキュールの風味が効いて、とてもおいしいソースでした。あつあつ・ひえひえのコンビネーションが楽しめました。

おいしいお料理に満足した後は、よいお天気だったのでホテルの周りを少し散歩し、きれいな星空を眺めました。

|

« 上高地(2) 河童橋~明神池トレイルを歩く♪ | トップページ | 上高地(4) 朝もやの大正池 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

こちらは一度は泊ってみたい憧れのホテルですよ!羨ましい~
ほら、私こういう木造建築のホテルフェチでしょ。ここは外せません!
お夕食の正統派フレンチも美味しそうですね。
メインももちろん食べてみたいけれど大根のガレットに惹かれます♪
オカヒジキのソテーも珍しいですね。 我が家ではもっぱら茹でて頂いてます。
デザートのパフォーマンスも旅の気分を盛り上げてくれますね☆

投稿: ゆず | 2009年8月18日 (火) 17時18分

今晩は。

↓の記事も楽しく読ませていただきました。
自然の中をトレイルするのは、ホントに気持ちよさそうです。
写真を見てるだけでも、爽やかなおいしい空気を吸いこんでいる様な気分になってきますね。happy02

ホテルもステキなところですね~。たっぷりと自然を楽しんで、夜はこんなにステキなディナーを楽しめるなんて・・・。やっぱ、夏休み、バンザイ!(笑)

コース料理は、次にどんなお料理が出てくるかワクワク出来るのが楽しいですよね!地元の産物をつかってのお料理、本当に美味しそうです。shine

投稿: ごみつ | 2009年8月18日 (火) 23時52分

☆ ゆずさま ☆
私もこういうクラシックテイストのホテルは大好きで
ここは前から憧れていたので、とても幸せな時間がすごせました。
シックな大人のリゾートで、あまり派手でないところも私好みでした。
お料理もどれもおいしかったです♪
後で写真を振り返ってみると、お料理の進行に合わせて
照明の明るさを微妙に変えているんですよね…。
そういう細やかな心遣いもさすがと思いました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月19日 (水) 00時24分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは☆
↓の記事にもコメント、ありがとうございます♪
美しい自然の中を歩くのは、ほんとうに気持ちがよかったです。
このトレイルはあまり高低差もなかったので
お散歩気分でゆったり楽しめました。

ホテルは山小屋風の落ち着いた雰囲気でくつろげました。
昼のトレッキングの後、夜は気分を変えて食事を楽しみました。
地元の食材を使ったお料理は、どれもシェフのすてきなアイデアに
あふれていて、ひとつひとつおいしくいただきました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月19日 (水) 00時38分

おはようございます♪

しばらく更新がなかったので、
どうされていたかなと思っていたら、
上高地に行かれていたのですねconfident

コース料理はどれもいただきたいですが、
「穴子とオコゼのムニエル」がおいしそうだな~と。

ホテルの雰囲気は重厚なかんじでいいですね。
なかなか泊まりで出かけることがうちではないので、
こういうところでゆっくりできるとよさそうと参考になりました。

星も、たくさんみえてきれいだったのでしょうね~いいな!

投稿: のりたま | 2009年8月19日 (水) 07時39分

上高地帝国ホテル!
ここ、家族の常宿でした♪
フランチダイニングですね~。
クレープシュゼットが名物なので
セレンさんのデザートもそうかと思いましたが
嬉しい誤算でしたね!!
入り口の暖炉も、なんだか懐かしく拝見しました。
上高地の続き、楽しみにしてま~す☆

投稿: はじけ猫 | 2009年8月19日 (水) 07時59分

☆ のりたまさま ☆
ご心配をおかけしました。
先週は上高地方面に旅行してきました。
「穴子とオコゼのムニエル」おいしかったです~☆
和の素材をこんな風にいただくのは、とても新鮮で楽しめました。
ホテルは自然と調和する落ち着いた雰囲気でくつろげました。
のりたまさんはお仕事をされていて、
ご主人様となかなかお休みが合わない…とおっしゃっていましたね。
ゆっくりすごすのもまたいいお休みですね。
夜はホテルから少し離れると、足元も見えない漆黒の闇でしたが
星がきれいに見えました。

投稿: セレンディピティ | 2009年8月19日 (水) 10時52分

☆ はじけ猫さま ☆
ホテルは、自然と調和する落ち着いた雰囲気でくつろげました。
お料理はどれもすばらしかったですが
あつあつひえひえのコンビネーションが楽しめるデザート、
とてもおいしかったです。こだわりのソースが絶品でした。
ラウンジのマントルピース、
山のリゾートならではの雰囲気ですてきですね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年8月19日 (水) 11時06分

歴史あるホテルのレストランでのディナー、いいですね。
お料理もどことなく正統派のような気がします。
ティーラウンジが山の中のホテルの雰囲気いっぱいでとても素敵ですね☆
家族のいい想い出がまたひとつ増えましたね。

投稿: olive | 2009年8月20日 (木) 11時11分

☆ oliveさま ☆
おいしいフランス料理で、楽しいひと時をすごしました。
地元の素材を思いがけない方法で上手に生かしたお料理に
旅の気分が盛り上がりました。
木を生かしたラウンジのインテリアは、
山の別荘といった雰囲気で、くつろげました☆
温かいメッセージを、ありがとうございます♪

投稿: セレンディピティ | 2009年8月21日 (金) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/31003349

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地(3) ホテルのダイニングでフレンチディナー☆:

« 上高地(2) 河童橋~明神池トレイルを歩く♪ | トップページ | 上高地(4) 朝もやの大正池 »