« ル・クルーゼで ケーキを焼く♪ | トップページ | COEDOビール & 野菜のおつまみ♪ »

小江戸 川越散策♪

週末、小江戸(こえど)の呼び名で知られる、埼玉県の川越を訪れました。江戸の町の佇まいを今に残している市街があり、蔵造りの古い商家が軒を連ねていました。(小江戸川越観光協会HP

東京からは約1時間。行ってから知ったのですが、9月までNHKで放映されていた朝の連続ドラマの舞台になっていたそうで、そのためか、たくさんの観光客で賑わっていました。観光マップやパンフレットもいろいろ用意されていて、何も調べずに訪れましたが、街歩きを楽しむことができました。

014_convert_20091002075923  015_convert_20091002080123

蔵造りの通りに一歩入ると、まるで江戸時代にタイムスリップしたような古い佇まいのお店が続きます。どれも個性的なお店ばかりで、ひやかしながら歩くのが楽しかったです。(左)は風鈴や鉄瓶などを売っているお店、(右)はかつおぶし屋さん、その奥はおつけもの屋さんです。

このほかにも焼き物屋さん、酒屋さん、… 川越はさつまいもが名産だそうで、さつまいもを使ったお菓子のお店をたくさん見かけました。

062_convert_20091002091920  033_convert_20091002080632

川越は江戸時代に栄えた城下町。明治26年の川越大火でかなりの建物が焼失してしまいましたが、その後復元され、今に残っているそうです。

(左)こちらの角から3軒は、重厚な蔵造りの建物が特に絵になる風景で、この角度からの写真が、観光ポスターやパンフレットに必ずといっていいほど登場していました。2階の窓の分厚い鎧戸が特徴的で印象に残りました。

(右)「蔵造り資料館」です。もとは煙草屋さんだったそうで、当時のお店の様子、それに続く住宅や蔵を見学することができました。住宅はこじんまりとしていましたが、木造のしっかりとした造りで、商家の堅実さがうかがえました。敷地は細長く、奥にいくつもの蔵が並んでいました。

          030_convert_20091002080427

蔵造りの街のシンボル、「時の鐘」です。街を見守るように建っていました。時を知らせるという目的は同じでも、西洋の時計台とは全く趣の違う姿に、文化の違いを改めて実感しました。落ち着いた木造の”日本の”時計台は、古い蔵造りの町並みに美しく溶け込んでいました。

今も一日4回、鐘を撞いて時を知らせる、現役の時計台です。私たちは、正午の鐘の音を聞くことができましたが、その音色は深く、優しく心に響きました。

042_convert_20091002080749  043_convert_20091002080912

(左)蔵造りの通りから1ブロック離れたところに、「菓子屋横丁」という20軒ほどの駄菓子屋さんが軒を連ねている場所がありました。狭い通りに小さなお店が並んでいて、お祭り気分が楽しめました。(右)飴玉、ふ菓子、おせんべい…見ているだけで懐かしい気分になりました。

053_convert_20091002081213  058_convert_20091002082614

蔵造りの町並みの中、明治から大正にかけて建てられた、石造りの西洋建物がところどころに残っていて、こちらも見ごたえがありました。(左)は埼玉りそな銀行(旧第八十五国立銀行)、(右)は川越商工会議所です。

ひと通り町を歩いたら、おなかなすいてきました。川越はうなぎが名物ということなので、喜多院という古いお寺の近くにある「いちのや」さんといううなぎのお店でお昼をいただくことにしました。

054_convert_20091002082332  055_convert_20091002082449

天保3年から続くという老舗のうなぎ屋さん。ふっくらとしたうなぎは、とってもおいしかったです♪ お店も歴史を感じさせ、味わいがありました。

この後は、また蔵造りの通りにもどり、ぶらぶら歩きながらおみやげを買って帰りました。東京からそれほど遠くないのに、日常を離れ、ちょっとした小旅行の気分を味わった一日となりました。

|

« ル・クルーゼで ケーキを焼く♪ | トップページ | COEDOビール & 野菜のおつまみ♪ »

お出かけ」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

川越が小江戸と呼ばれる城下町として有名なのは、テレビで見て知ってましたが、こうして紹介文や写真を見せていただくと、けっこう凄いんですね~。雰囲気のある建物がたくさんあって、楽しそう。happy01
場所も遠くないし、日帰りで遊びに行くにはもってこいって感じですね。私も是非行ってみたくなりました。
前もってちょこっと歴史の勉強していくと良さそうかな?pencil

好物のウナギ(笑)も食べたいし。delicious

投稿: ごみつ | 2009年10月 2日 (金) 22時20分

川越、素敵な雰囲気の街みたいですね~!!
写真から、古い建物が保存されているだけじゃなく、
ちゃんと使われていて、街が生きている様子が伺えます。
川越といえばお芋、というイメージしかなかったんですが、
色々なお店があって楽しそうですね!
うなぎも美味しそう! ふっくら感が伝わってきます☆

投稿: ルプレ | 2009年10月 2日 (金) 23時08分

ワ〜ッ、川越、懐かし〜!
いつ行ったかな〜と思って写真を探したら5年前でした。
5年前は、こんなに混んでいなかったです、やはり連ドラのせいでしょうね。
でも同じ所から撮った写真もあって、変わらぬ姿に懐かしく思いました。
ランチは、レトロな建物の洋食屋さんに入ったのを覚えていますが
鰻屋さんを知らなかったので行かなかったのが残念です。
美味しそ〜!!

投稿: Rei | 2009年10月 3日 (土) 12時59分

趣のある街並ですね。
まるで映画の中に入り込んでしまったかのような錯覚に陥りそうです。
以前どなたかのブログでこの川越の街の様子を拝見しましたが、はじけ猫さんだったかしら?こういう知らない街の様子を見ると、日本にはたくさんの見るべきところがあるな〜と思います。
私の友人で川越出身のコがいますが、彼女おすすめの「芋けんぴ」おいしかったですよ。
さつまいものお菓子で川越名物なんだそうです。

投稿: olive | 2009年10月 4日 (日) 00時29分

☆ ごみつさま ☆
私も川越のことは、最近まで知らなかったのですが
古い趣のある家並みが続いていて、街歩きが楽しめました。
時代劇の映画のセットのようですが
人々が実際にここで生活しているということに、感動しました。
こうした建物や町並み、いつまでも残して欲しいと思います。
都内から意外と近く、小旅行気分が味わえるので
もし機会がありましたら、是非足を運んでみてください☆
私は思いつきで、何も調べずに行きましたが、
パンフレットや看板を見るだけでも、いろいろ発見があって
おもしろかったです。
でも事前に調べておくと、もっと楽しめるかもしれませんね。
うなぎもおいしかったですよ~☆

投稿: セレンディピティ | 2009年10月 4日 (日) 00時38分

☆ ルプレさま ☆
川越、古い家並みが落ち着く雰囲気で、歩くのが楽しかったです。
おっしゃるように、古い建物を大切に保存するだけでなく
生活の場として使っていらっしゃるところが、すてきだと思いました。
なかなか活気がありましたよ。
やはり川越といえば、おいもなのですね。
私は行ってから初めて知りましたが、おいものお菓子をはじめ
おいもにまつわるものが、いろいろありました。
うなぎもおいしかったです♪

投稿: セレンディピティ | 2009年10月 4日 (日) 00時56分

☆ Reiさま ☆
Reiさんは、川越に行かれたことがあるのですね~。
結構人が多かったですが、通りが広々としているので
余裕をもって街歩きを楽しめてよかったです。
絵になる風景が多いので、たくさん写真を撮ってしまいました。
Reiさんが入られたというレトロな洋食屋、惹かれます~。
さつまいものお菓子屋さんと、うなぎ屋さんをあちこちで見たので
名物なんだな~と思いました。おいしかったです~☆

投稿: セレンディピティ | 2009年10月 4日 (日) 01時07分

☆ oliveさま ☆
川越、趣のあるすてきな町並みでした。
東京から近いところに、こんな風に江戸の町並みが残っていて
実際に生活が息づいていることに、感激しました。
家族ではあまり日本を旅していないので、
これからいろいろなところを見てみたいと思います。
まずは、近いところから…。
私も行って初めて知ったのですが、川越はおいもが名物だそうで
おいものお菓子屋さんがたくさんありました。
私もおみやげに買って帰りましたよ☆

投稿: セレンディピティ | 2009年10月 4日 (日) 01時18分

こんにちは。
まだまだ知らない名所というのは沢山あるものだなあ、とあらためて感じさせられました。
とっても素敵な街並みですね。
地元の人は昔ながらのこの街並みを残すために日々努力されているのでしょうが。
今年帰国した際に伊勢を訪れたときにも感じましたが、こういう昔からの建物や商売、大切に守り続けていって欲しいなあと切に思います。
うなぎがまた美味しそうですね。
新しい土地を訪れたときはその土地の名物料理を試すのも楽しみの一つですよね。

投稿: reiko | 2009年10月 4日 (日) 03時41分

☆ reikoさま ☆
ここは東京からもそれほど遠くないのですが
江戸時代の古い家並みが大切に保存され、しかも今も現役で
生活の場として使われていることに感動しました。
町ぐるみで、当時の姿を保存するとともに、かつ観光資源としても
盛り上げようとしていることが伝わってきました。
なかなか活気がある町でした。
そういえば、この町並み、伊勢のおかげ横丁にも
どことなく似ていますね!
名物のうなぎ、おいしくいただきました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年10月 4日 (日) 11時54分

こちらにも☆
うなぎも美味しそうですね~~
やっぱり蔵造りの通りを先に行かれたのですね?
喜多院のあたりでお昼ごはんとなると、結構午前中がハードだったのでは?
時の鐘聞かれたのですね?いいなー
私たちは鐘の音のことをすっかり忘れていたせいか、お菓子横丁にいたのに聞き逃しちゃいました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013年10月31日 (木) 16時55分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
コメント、ありがとうございます♪

うなぎが川越の名物だというのを、行ってから知ったのですが
おいしかったですよ!
お店も歴史が感じられ、味わいがありました。

この時は事前に調べずに出かけたので
とりあえず蔵の町をめざしました。
ここでパンフレットを入手して、お菓子横丁や
知多院のことも知った次第です。
12時に時の鐘を聞いた… とあるので、それからあれこれ見て
たぶんお昼は遅めにいただいたのでしょうね。^^
たくさん歩きましたが、見どころがいろいろあって
疲れを感じなかったです。
副都心線がつながって、行きやすくなったので
機会があれば、また是非訪れてみたいです☆

P.S. 昨夜は日本シリーズを見てしまったので、
和風総本家は録画しました。後でチェックしようと思います♪

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2013年11月 1日 (金) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/31604929

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸 川越散策♪:

« ル・クルーゼで ケーキを焼く♪ | トップページ | COEDOビール & 野菜のおつまみ♪ »