« ごぼうとじゃがいものソテー & 秋鮭のムニエル | トップページ | ポルトガル料理を楽しむ »

Bunkamura ザ・ミュージアム 「ロートレック コネクション」展

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「ロートレック コネクション 愛すべき画家をめぐる物語」展を見に行きました。

Photo

19世紀のパリで活躍した画家、ロートレックの作品のほかに、彼が影響を受けた画家や親交のあった画家たちの作品がたくさん紹介されていました。ロートレックが活躍したパリの街の夜と、37年という短い生涯に思いを馳せました。

伯爵家に生まれ、幼少期から恵まれた生活を送っていたものの、もともと骨が弱く、2度の骨折によって脚が十分に成長しなかったロートレックは、パリの底辺に生きる娼婦や踊り子といった弱い人たちに共感を覚え、彼女たちを生き生きと描く作品をたくさん残しています。

パリのモンマルトルにあるキャバレー「ムーラン・ルージュ」や「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」のポスターや、当時の雑誌の表紙なども手がけていたロートレックは、画家であるとともに、今でいうグラフィックデザイナーのさきがけだったのだろうな、と思いました。

Photo_2     Photo_3

ポスターからは、夜のキャバレーの華やかな舞台や賑やかな音楽、グラスが触れ合う音や、女性の香水の匂いまで伝わってくるようでした。芸術家たちの集うパリのモンマルトルに住み、キャバレー通いをしていたロートレックは、当時はさぞ、おしゃれで洗練された遊び人だったのだろうなと想像しました。

ロートレックは、マネやドガといった印象派の画家たちのほかに、日本美術からも影響を受けていたそうですが、絵を見るかぎり、どこが影響されているのかわかりませんでした。ところが後日、偶然TVの番組でロートレックが取り上げられているのを見て、理解することができました。

Photo_4    Photo_5

左はロートレックの作品、右は写楽の作品ですが、口を固く引き結んでいる表情と、刀(左は棒)を斜めに持っている構図が共通しているのだそうです。お話を聞いて初めて、なるほど!と思いました。

思いがけない発見をして、ロートレックの作品が少し身近に感じられました。

          ☆          ☆          ☆

帰りに渋谷駅でなにやら賑わっていると思ったら、某デパートがボージョレー・ヌーヴォー wine を大々的に売り出しているところでした。試飲させていただいたら、なかなかおいしかったので、おみやげに買って帰りました。

001_convert_20091124083014 MOMMESSIN Beaujolais Nouveau 2009

ラベルが3種類ありましたが、お味はどれも同じとのこと。ポップな絵柄がボージョレー・ヌーヴォーのイメージにぴったりです。週末、なぜかお鍋といっしょにいただきましたが、よく合いました。若々しい新酒ならではの味を、楽しみました。

|

« ごぼうとじゃがいものソテー & 秋鮭のムニエル | トップページ | ポルトガル料理を楽しむ »

美味しいもの」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

今年はまだボジョレー飲んでないんですよ。
解禁の翌日、外に飲みに行ったのですが「もう売り切れました」と言われ、
2軒めのシャンパンバーならおいてあるかな?と期待したけど「うちはおいてないよ」と。
買いに行って週末に、と思っていたのに、気がつけばもう週明け。
今週こそは飲みたいです☆

投稿: olive | 2009年11月24日 (火) 13時10分

ロートレックに限りませんが、近世ヨーロッパ美術における日本の影響(ジャポニズム)は相当に大きいですよ。江戸時代に広く普及した浮世絵は、私の知る限り世界初の庶民芸術です。ただ、残念なことに当の日本人は、その価値に気がつかず、欧米にその真髄とも言える作品が多数流出してしまっているのです。いささか残念な気もしますが、世界の人々に愛されて広まったのなら甘受するしかないでしょうね。

投稿: ヌマンタ | 2009年11月24日 (火) 17時44分

こんばんは!
セレンディピティさん行かれたんですね!
私も行きたいな〜と思っていた所でした♪
その番組だと思うのですが、見ましたよ!

投稿: Rei | 2009年11月24日 (火) 22時00分

☆ oliveさま ☆
売り切れとは残念でしたね。
私はたまたま通りかかって、試飲したらおいしかったので買いましたが
家の近くのスーパーでも、大騒ぎしていましたよ。
イベント気分で楽しめました。
oliveさんも今週は飲めるといいですね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年11月24日 (火) 23時52分

☆ ヌマンタさま ☆
印象派の画家たちの間では、ちょっとした日本ブームだったようですね。
モネなどは、夫人に着物を着せてモデルにした絵を描いていますし
郊外の家には太鼓橋まで作ってしまうし…。
ロートレックの絵は一見してその影響がわからなかったので
TVで解説を聞いて勉強になりました。
浮世絵の海外流出は残念ですが、それが種となって
いろいろな画家たちに影響を与えたことは、日本画の再評価にも
つながりますし、うれしいことですね。

投稿: セレンディピティ | 2009年11月25日 (水) 00時01分

☆ Reiさま ☆
Reiさんもロートレック展、気になっていらしたのですね。
ちょうどモンマルトルを舞台にした絵が多かったので
Reiさんが最近ご紹介されていたお写真を思い出しました。
TVは「美の巨人たち」という番組です。
Reiさんもご覧になったのですね!

投稿: セレンディピティ | 2009年11月25日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/32335579

この記事へのトラックバック一覧です: Bunkamura ザ・ミュージアム 「ロートレック コネクション」展:

« ごぼうとじゃがいものソテー & 秋鮭のムニエル | トップページ | ポルトガル料理を楽しむ »