« Bunkamura ザ・ミュージアム 「ロートレック コネクション」展 | トップページ | 「沈まぬ太陽」 »

ポルトガル料理を楽しむ

丸の内 新東京ビルに入っているレストラン「マヌエル」で、ポルトガル料理のランチをいただきました。最近いろいろな国のお料理に興味があって、ポルトガル料理も以前から食べてみたかったお料理のひとつだったので、楽しみでした。

009_convert_20091125083250

オフィスビルの中にある小さなお店ですが、中のインテリアはなかなか凝っていて、ポルトガルの居酒屋風?といった雰囲気でした。タイル張りの床。天井まであるワイン棚。静かに流れるファドとよばれるポルトガル独特の音楽が、旅情をかきたてます。

こちらのお店はステーキのランチが人気のとのことでたくさん種類がありましたが、私はせっかくなので、ポルトガルならではのお料理を選ぶことにしました。

メニューを見ると、バカリャウ(干したタラ)を使ったお料理や串焼きなどが特徴的でしたが、食いしん坊のラテン系の国らしく、魚介類やお肉を使った煮込みやグリルなど、お料理はバラエティに富んでいました。地理的にスペイン料理に少し似ているような気がしました。

006_convert_20091125083005

私がオーダーした「豚肉とあさりのカルディラーダ風」です。どうやら、魚介類とじゃがいも、ピーマンなどの煮込みをカルディラーダというようです。

豚肉、あさり、ジャガイモ、ピーマンをオリーブ油で炒めてから、スープで煮込んだといったお料理で、豚肉が柔らかくてとてもおいしかったです。これは是非、家でもまねして作ってみようと思いました。

003_convert_20091125082716

ランチの1ポンドステーキsign03です。1ポンドは約450g。さすがに迫力がありますね。熱々の鉄板で、じゅうじゅういいながら運ばれて来て、自分でお肉をひっくり返していただきます。

008_convert_20091125083127

ひっくり返すと、ちょうどミディアムに焼けたおいしいステーキのできあがり♪

ランチセットには、じゃがいもとほうれん草のスープ(これもポルトガルのポピュラーなお料理だそうです)、サラダ、ごはんがたっぷりついてきました。お値段も手頃なので、これならお肉好きには大満足のランチになりますね。

005_convert_20091125082832

ステーキには、お好みで3種類のソースをつけていただきます。奥がベーシックなステーキソース。手前左はたまねぎ・にんにく・ピクルスを刻んだようなレリッシュ風のソース、右手前は唐辛子のソースでした。私はベーシックなソースに唐辛子のソースを少し混ぜるのがおいしいと思いました。

ポルトガルワインの種類も豊富でしたが、車だったので飲めなくて残念。また別の機会の楽しみに取っておこうと思います。

          ☆          ☆          ☆

この後銀座に寄ったので、真珠のミキモトさんのクリスマスツリーを見てきました。

          016_convert_20091125083423

白と赤のライトをたくさんつけた、まばゆい光のツリー。きらきらと輝いていました。

|

« Bunkamura ザ・ミュージアム 「ロートレック コネクション」展 | トップページ | 「沈まぬ太陽」 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

ポルトガル料理とは珍しいですねぇ~
海に面しているのでやはりお魚料理も多いのですね。
たまたま立ち読みしたお料理本でアサリと豚塊肉の蒸し料理を
見たばかりだったので「あっ!」と思いました。
この組み合わせ、こんどやってみたくなっちゃいました。
ステーキランチのボリューム、すごいですね!焼き色が美味しそう。
もうずいぶん銀座には行ってないですぅ~
銀ブラしたくなりました。

投稿: ゆず | 2009年11月25日 (水) 18時05分

今晩は!

わ~、ポルトガル料理のお店って珍しいですね!
私も食べた事ないです。
会社からも近いし、今度是非行ってみようと思います!

ランチのステーキ、凄いですね~。これ、一人で食べきれるのかしら?お肉好きとしては、トライしてみたいです。delicious

あ、ロートレック展、行ってらしたんですね。私も、「美の巨人」最後のところだけチラっと見ましたよ。
でも、ホント、世紀末ヨーロッパでの浮世絵の人気や作家に与えた影響力って凄いですよね。
日本では、ほとんど広告写真みたいなものだったから、ヨーロッパへの荷物の梱包材(新聞紙みたいに)として使っていて、そこからひろまったて話を前に聞いた事がありますよ。
私も時間があったら、見に行きたいです。happy01

投稿: ごみつ | 2009年11月25日 (水) 22時16分

☆ ゆずさま ☆
ポルトガル料理、めずらしいですよね。
私は初めていただきましたが、おいしかったです。
魚介類、お肉といろいろなお料理があるようですが
特に干しだらを使ったお料理が名物のようです。
アサリと豚塊肉の蒸し料理、おいしそうですね!
私も今日、図書館に寄ったら、偶然ポルトガル料理の本を
見つけまして…運命を感じて、借りてきちゃいました。(笑)
ステーキのボリュームにはびっくりしましたが、
意外と二人でぺろりと食べてしまいました。
銀座も気のせいか人が多くなって、年末の雰囲気が漂っていました~☆

投稿: セレンディピティ | 2009年11月25日 (水) 23時41分

☆ ごみつさま ☆
ポルトガル料理、めずらしいですよね。
初めていただきましたが、おいしかったです♪
ワインもおいしそうでしたし、よかったら、お仕事の帰りにでも是非!
ランチのステーキはいろいろ種類があって、たしかこれが一番大きなサイズでした。
女性向けには、もう少し手頃なサイズのものもありましたよ。

ロートレック展、私はモダンアートやポスターなどの商業アートが好きなので、
楽しくみました。
浮世絵が、ヨーロッパへの荷物の梱包材として伝わった、とはおもしろいですね。
当時の浮世絵は、今でいうところのサブカルチャーといったところだったのでしょうが、
彼らにとっては、きっとエキゾチックでcoolに見えたのでしょうね。
今の(国際的な)マンガ人気にも通じるものを感じます。おもしろいですね。

投稿: セレンディピティ | 2009年11月25日 (水) 23時58分

ポルトガルって小さな国なのに、独特の文化があって興味深い国なんですよね。お料理にもやはり独特の文化があるんですね。丸の内でポルトガル料理を食べられるなんて知りませんでした。
ずっと昔スペインに旅行したことがあるのですが、その時何も知らなかったポルトガルが身近な存在になって(スペインを旅行していると結構話題に出てくるんです)、いつかポルトガルにも行ってみたいなと思いました。ただものすごく遠いんですよね、日本からだと。たぶん行けないからお料理だけでも楽しもうと思います。

投稿: olive | 2009年11月26日 (木) 10時25分

夫がポルトガルに単身赴任していた時、私が子供2人連れて遊びに行ったことがあります。当たり前ですが夫は仕事なので、私と子供とであちこちウロウロ食べ歩きました。ドイツ生活で魚に餓えていたので、魚ばかり食べていました。タラは有名ですし、サーディンの丸焼きとかも、レモンを絞ってかぶりついた覚えが…。スペインと違って、米よりじゃがいもを食す国民のようですよね。ワインもファドも人々も、すべてが好きです。

お肉を自分でひっくりかえして…という食べ方は日本ならですね(笑)この夏、日本へ久しぶりに帰って感じました。日本人は、食卓にて自分でなにか人手間加えることへ喜びを感じますよね(苦笑)

銀座のミキモト、懐かしいです♪

投稿: Schatzi | 2009年11月26日 (木) 12時02分

最近、ポルトガル料理、流行なのでしょうか?事務所の近くにも一店、ポルトガル料理のお店がオープンしました。まだ食べていませんが、魚介料理がメインみたいです。
知人の歌手で夏川玲という方がいます(今もaolなはず)が、彼女がポルトガルの大衆歌謡であるファドを学びにリスボンに留学したことがあるそうです。何曲か聴いたことがありますが、独特の雰囲気の音楽だと思ったものです。
もっとも私にとっては、やはりサッカーです。最近はCロナウドが人気ですが、あたしゃセルジオ・コンセンソンやフィーゴ、ルイ・コスタのファンでした。欧州でもとびきりの技巧的サッカーをする国ですよ。

投稿: ヌマンタ | 2009年11月26日 (木) 12時51分

こんばんは!
ジャガイモに いいお味がしみている様ですね!
お肉もボリューム満点!! 美味しそうですね^^*
以前ポルトガルに行ったのですが、お食事する時間が無かったので
この様な美味しそうなお食事が出来なくて残念でした。
パステイス・デ・ナタ(エッグタルト、ポルトガルの伝統菓子)を
パステイス・デ・ベレンと言うお店で“食べて来ました。
とても美味しかったですよ♪
マヌエルにも、あるといいのですが!?

投稿: Rei | 2009年11月26日 (木) 18時44分

☆ oliveさま ☆
私もマドリードまでは行ったことがあるのですが、ポルトガルはずいぶん遠いですね。
ただその分、素朴な風景や人々の暮らしがまだ残っていて、とても美しいところのようです。
先日、早速ポルトガル料理の本を借りてきたのですが、その本を書いた方も、スペインからたまたまポルトガルに行き、いっぺんでその魅力に取り付かれてしまったそうです。お料理、いくつか作ってみようと思っています♪

投稿: セレンディピティ | 2009年11月27日 (金) 01時33分

☆ Schatziさま ☆
Schatziさんのご主人様、ポルトガルにいらしたことがあるのですね。
ドイツとはまた全く違う風土で、たいへんそうですが、なんだか楽しそう。
ポルトガルは、おっしゃるようにシーフードが豊富なのが魅力ですね。
サーディンの丸焼きにレモンを絞って…
想像したら、私も食べたくなってきました。(笑)

食卓でひと手間加えて…なるほど、言われてみるとそうでしょうか?
中にいると、意外と気づかないものですね。

銀座のミキモト、懐かしく見てくださってよかったです☆
あ、最後になりましたが、すてきなサンクスギビングを!

投稿: セレンディピティ | 2009年11月27日 (金) 01時45分

☆ ヌマンタさま ☆
ポルトガル料理、人気なのでしょうか?
でもクセがなく、家庭的なお料理が多いようなので
私も、日本人の口には合うのではないかな?と思いました。
ヌマンタさんのオフィスのお近くにもオープンしたとは偶然ですね。
今回私が行ったお店は小さなお店ですが、広いお店でしたら
ファドの生演奏とか、あるかもしれませんね☆
ファド、私もよくは知らないのですが、あの憂いのある独特の旋律は
なにか心に触れるものがあります。どこか懐かしいような…。
お友達は、ファドに魅せられて、リスボンまで行ってしまったのですね。

サッカーはあまり詳しくないのですが、ポルトガルは強豪ですね。
ブラジルにサッカーを広めたのも、やはりポルトガルなのでしょうね。

投稿: セレンディピティ | 2009年11月27日 (金) 02時03分

☆ Reiさま ☆
この煮込み料理、家庭的なお味でおいしかったです。
おっしゃるように、じゃがいもがしみじみいいお味になっていました。
お肉もボリュームたっぷりで、ソースが個性的でおいしかったです。
Reiさんはポルトガルに行かれたことがあるのですね!
でもお料理を召し上がらなかったとは残念。
先日、ポルトガル料理の本を借りてきたのですが、
Reiさんがおっしゃっている「パステイス・デ・ナタ」載ってましたよ!
「パステイス・デ・ベレン」のことも書いてあります!
焼きたてが飛ぶように売れるとか…。
カスタードクリームの入った小さなパイ菓子なんですね。
今度がんばって作ってみようかな?

投稿: セレンディピティ | 2009年11月27日 (金) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/32350529

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル料理を楽しむ:

« Bunkamura ザ・ミュージアム 「ロートレック コネクション」展 | トップページ | 「沈まぬ太陽」 »