« 御殿場(3) 二の岡ハム♪ | トップページ | アップルパイ・アラモード & アップルシナモンマフィン »

ブフ・ブルギニョン♪ (牛肉の赤ワイン煮込み)

今公開中の映画「ジュリー&ジュリア」。主演のメリル・ストリープさんが、アメリカの食卓にフランス料理の風を運び込んだ料理研究家、ジュリア・エンジェルを演じています。

映画はまだ見ていないのですが、先日新聞に映画に登場するという「ブフ・ブルギニョン」(牛肉の赤ワイン煮込み)というお料理のレシピが紹介されていたので、アフタークリスマスで塊肉がお安くなっていたこともあり…一足先に作ってみました。お料理ブログで人気というYOMEさんのレシピです。

007_convert_20091229222857  022_convert_20091229223336

牛肩ロース肉を塊のまま、ボトル1本の赤ワインでコトコト煮込む大胆なお料理です。2時間かけて煮込んだ後、カラメルソースを加えてさらに煮込み、コクと深みをプラスしています。

(右)3時間ほど煮込んで、塊のお肉も箸で分けられるほどに柔らかくなりました。スープも、深みのあるなんともいえない色に仕上がりました。

028_convert_20091229223641

クリスマスの残りのワイン、バゲットとともに…。週末の夕食においしくいただきました。最初の一口で、家族が声をそろえて「おいしい!」と思わず叫んでしまうほど、ワインで煮込んだほろほろに柔らかいお肉が絶品でした。少し甘みを感じるスープが、お肉のおいしさを引き立てていました。

頻繁に…とはいきませんが、特別なごちそうやおもてなしに、我が家の定番のお料理になりそうです。

前菜に、「15分でフランス料理」という本のレシピから、「焼きねぎのバルサミコソース」を作りました。

018_convert_20091229223117

塩ゆでした白ねぎを、フライパンで焼き、バルサミコ酢、水、お砂糖少々を加えて一煮立ち。バターを落として仕上げます。塩こしょうで味を調えて。シンプルですが、今が旬のねぎの甘みが存分に味わえるお料理。おいしくいただきました。

ブフ・ブルギニョンの残りは、後日、バターと小麦粉をねったものを加えてとろみをプラスし、ビーフ・ストロガノフ風にしていただきました。

038_convert_20091229223832

バターライスを添えて。上から生クリームをたらりとかけました。寝かせたことで味が落ち着いて、ますますおいしくいただけました。

          ☆          ☆          ☆

映画とお料理に関連して…すてきな本を見つけたのでご紹介します。

Cinema_table

Cinema Table シネマテーブル [映画の中のレシピ]

「クレイマークレイマー」のフレンチトースト、「ショコラ」のラムのロースト チョコレートソースなど、映画に登場する印象的なお料理の数々が紹介されています。ノスタルジックな雰囲気の写真がまたすてきで、眺めているだけで楽しめる本です。

|

« 御殿場(3) 二の岡ハム♪ | トップページ | アップルパイ・アラモード & アップルシナモンマフィン »

料理」カテゴリの記事

料理本」カテゴリの記事

コメント

これ、ゆずさんがクリスマスに作ろうとしていたお料理ですね。
とろとろのお肉、すごく美味しそう〜☆
それをさらにビーフストロガノフにしてしまうのはさすがです!
バターと小麦粉を練ったものってダマになってしまいそうですが、うまく溶けるものなんですか?

この本、見たことはないけど、話に聞いたことはあります。
日本のフードコーディネーターの方が同じような本を出されているのですが(かもめ食堂のフードコーディネーターの方です)、その方の本って見ているだけで食に対する愛情を感じられる素敵な本なんですよ。もし機会があったら探して見てくださいね。(シネマ食堂だったかな?名前忘れてしまいましたが、大きな本屋さんではよく見かけます)

投稿: olive | 2009年12月30日 (水) 09時22分

うわぁ~! やっぱりこっちを作ればよかったかもぉ~!
すごく美味しそうですぅ☆ 新聞の写真とそっくりだわ♪
年明けに少し落ち着いたらじっくりコトコト煮込みたいです。
ビーフストロガノフに変身させるテクニック、さすがです!
全部まるまるマネっこ決定かも☆

投稿: ゆず | 2009年12月30日 (水) 10時50分

こんにちわ。牛肉の赤ワイン煮込み、先日私も作りまして偶然!と思い、思わずコメントしてしまいました。
赤ワインをたくさん使って作る煮込み、正直ワインが勿体ないと思いましたが、おいしかったので良しとしました(笑)

焼きねぎ、すごくおいしそうです。
私が住んでいるところは暖かいため、長ねぎがなかなか手に入らないので、作れないのが残念です。このくったり感がたまらないですね。

投稿: ruri | 2009年12月30日 (水) 11時42分

この映画私も観ました。メリル・ストリープの声(ワザと独特の喋り方でした)が、今も頭に焼き付いています(笑)

映画ではルクのお鍋でオーブンに入れて火を通していました。私がやるときは、お肉だけ事前にあぶっておいて、同じくルクで煮込みます。アメリカって、牛肉が安いですもんね…。

酒飲みの私としては、ワインをドクドク…と注いでいる時にちょっと胸が痛みます(爆)

今年はセレンディピティさんのブログにまた出会えてうれしかったです♪来年も引き続き、すてきなブログを楽しみにしています。よいお年を~~

投稿: Schatzi | 2009年12月30日 (水) 11時47分

こんにちは!
ワイン一本丸ごとで煮込むなんてそれを聞いただけで
なんとも贅沢な味なんでしょう!
このレシピはちょっと頂いて年始に試してみたくなりました^^

[映画の中のレシピ]・・・買いですね^^

投稿: イザワ | 2009年12月30日 (水) 14時59分

美味しそう〜♡
この様な煮込み料理大好きです♪
次の日がまた美味しくてたまりませね!

ブールマニエ(バターと小麦粉)は、練った物をそのまま入れるのも良いのですが
私は、レンジでチンをした方が粉っぽさが残らず、溶けやすく
保存も出来るのでチンをしています^^

ネギ、トローリとして甘そうで美味しそう〜^^*
塩ゆでしたら、優しい感じで良いですね、バルサミコ酢がきいていそう♪
今度やってみたいと思います!

気になる一冊、本屋さんに行ったら見てみようと思います。

投稿: Rei | 2009年12月30日 (水) 15時51分

こんばんは!

わ~、美味しそう!シチューって、本当に美味しいですよね。shine
2時間も煮込んだんですね~。残ったシチューをストロガノフにするアイデアもステキだし、長ネギのバルサミコソースも美味しそう。

そうそう、私も赤ワイン煮込みをつくった時には、泣きながらワインをドボドボと注ぎました。(笑)お酒が好きだと、けっこう辛い一瞬。winesweat01

ご紹介の本、はじめて知りました。面白そうですね~。私、昔「クレーマー・クレーマー」の真似してフレンチ・トースト作りましたよ!
フレンチ・トーストって、この映画から日本でも一般的になりましたよね。是非、じっくり読んでみたいです。happy02

投稿: ごみつ | 2009年12月30日 (水) 19時58分

☆ oliveさま ☆
そうなんですよ~☆ ルクルーゼのおかげか、ワインのおかげか
とにかくお肉がとろとろに柔らかくなりました。
とってもおいしかったです。
バターは10~20秒くらい電子レンジにかけて
柔らかくして(多少溶けてもOK)から小麦粉を混ぜるのですが
こうするとダマになりません。
ちょっととろみが欲しいときにお勧めです。

シネマ食堂、私も本屋さんで見たことあります!
こちらもすてきな本ですよね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 21時37分

☆ ゆずさま ☆
新聞を見ておいしそうだなあと思っていて
早速作ってみました☆
あまり手がかからず、ことこと煮込むだけでおいしくできるので
お時間がある時に是非♪
ビーフストロガノフもおいしくいただきました。
ゆずさんの白ワイン煮込みもおいしそうでした!
ワインってほんとにお肉を柔らかく、おいしくしてくれますね。

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 21時51分

☆ ruriさま ☆
はじめまして♪
コメント、どうもありがとうございます。
ruriさんも、牛肉の赤ワイン煮込みを作られたのですね☆
赤ワイン、お料理用に使っている安いものですが
それでもどぼどぼと入れるのは勇気が要りますね~。
でもそのおかげで、おいしくできてほっとしました☆

ruriさんは、沖縄にお住まいなのですね。
やはり野菜も、関東の方とは違うのでしょうね。
珍しい食材もいろいろありそう!
私はねぎ好きなので、ねぎのおいしい今の季節はうれしいです。
このお料理は、一度ゆでることで、
ねぎのまろやかな味が楽しめました。

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 22時05分

☆ Schatziさま ☆
Schatziさん、「ジュリー&ジュリア」ご覧になったのですね!
映画のHPで見ると、メリル・ストリープのコミカルな演技が楽しくて
見た後にハッピーな気持ちになりそう♪と思いました。
私も別のお料理で、ルクをオーブンに入れて煮込んだことがありますが、
熱の対流がよくてほんとうにおいしく仕上がるんですよね。
お話をうかがって、映画をますます見てみたくなりました☆

ワインをどくどく入れるのは、勇気が要りますね。
でもおいしくできて、ほっとしました☆

私の方こそ、今年はSchatziさんのすてきなブログにお邪魔したり
いろいろお話がうかがえて、とても楽しかったです。
来年もどうぞよろしくお願いします。よい新年をお迎えください☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 22時17分

☆ イザワさま ☆
使ったのは、いつもお料理用に買っている安いワインなのですが
それでもドクドク全部入れるのは、勇気が要りました。
でもその分、とてもおいしくできてほっとしました☆
そうですね。新年のごちそうやおもてなしにもいいですね。

シネマテーブル、シャビーな雰囲気の写真が味わいがあって
とてもすてきな本です♪

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 22時21分

☆ Reiさま ☆
煮込み料理、おいしいですよね☆
今の季節にぴったりで、おいしくいただきました。

小麦粉とバター、私はいつもバターを10~20秒ほど
電子レンジにかけて柔らかくし、ちょっと溶けかけたくらいの時に
小麦粉を混ぜています。Reiさんは練ってから
電子レンジで溶かしていらっしゃるのですね。
液状になって溶けやすそうですね。

ねぎはゆでることで、ねぎ特有の辛さがなくなって
穏やかな味になりました。ねぎの甘みを感じましたよ。
よかったらお試しください☆

この本、写真がとてもきれいなので、
眺めているだけでも楽しい本です♪

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 22時34分

☆ ごみつさま ☆
シチューのような煮込み料理、私も大好きです。
今の季節には、体も温まりますし、ぴったりですね。
時間はかかりますが、最初に下準備さえすれば後は時間が
おいしくしてくれるので、意外と簡単にできました。
ビーフストロガノフで、2度楽しめましたし
長ねぎのお料理は、ねぎの穏やかなおいしさが楽しめて新発見でした。

ワインはお料理用に使っている安いものですが
それでももったいなく思えてしまうんですよね…。
でもそのおかげでおいしくできて、ほっとしました☆

この本、映画を思い出させるシーンが
すてきな写真で再現されていて、とても美しくて楽しめました。
「クレイマークレイマー」の最初の、お父さんがマグカップに
トースト用のパンを突っ込んでしまうのは印象的なシーンでしたね。
この本で紹介されている映画、いろいろ見てみたくなりました。

投稿: セレンディピティ | 2009年12月30日 (水) 22時53分

とってもおしゃれなお料理ですね♪お食事とともに映画のワンシーンに入り込んでしまうなんて素敵~!と釘付けになりました。^^
それにしても3時間もの煮込み時間・・・我が家では主人担当間違いなしです。笑

さてさて、今年も残すところ僅かとなりましたね。セレンさん、来年度も変わらずよろしくお願いいたします。そして2010年がセレンさんにとって素晴らしい年となりますように。。。

投稿: ふゆさくら | 2009年12月30日 (水) 23時58分

☆ ふゆさくらさま ☆
こんばんは♪ コメント、どうもありがとうございます。
このお料理、簡単ながら、とってもおいしくできて感激しました。
我が家のごちそうの定番となりそうです。映画の中で、このお料理が
どんな風に登場するのかも気になります。
ふゆさくらさんのご主人様、お料理がお上手ですものね!
ご主人様の鶏手羽のピリ辛煮と、トマトリゾットは
我が家の大切なレシピになっていますよ♪

こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いします♪
2010年がふゆさくら家の皆様にとって、
すばらしい年となりますようお祈りします☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月31日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/32783864

この記事へのトラックバック一覧です: ブフ・ブルギニョン♪ (牛肉の赤ワイン煮込み):

» 写真家の作って撮る牛肉の赤ワイン煮込み(1)^^; [拝啓/撮らせて頂きます!]
お正月、おせちをちょっとお休みして牛肉の赤ワイン煮を家内と作ってみました。 というのも、昨年の暮れにリンクして頂いているセレンディピティさんのブログで紹介されていて とても美味しそうで食べてみたいと思ったのと、その作る過程の写真を撮ってみたいと思ったからです。 食材の写真は撮る機会もあまりないので、作るのと撮るのと食べるのと、楽しみながら行いました。 本日は、作る過程の前半を・・・(写真が多くなったので、前半、後半に分けました^^;^^;) ↑の一枚目は、牛肩ロース1.5kgを赤ワ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 8日 (金) 18時42分

« 御殿場(3) 二の岡ハム♪ | トップページ | アップルパイ・アラモード & アップルシナモンマフィン »