« ガーデンシクラメンの寄せ植え♪ / ビーフストロガノフ | トップページ | 大根とオクラのブイヨン煮 & ちり蒸し »

「グラン・トリノ」 / アップルスパイスケーキ

DVDで、クリント・イーストウッド監督・主演の映画「グラン・トリノ」(原題:Gran Torino)を見ました。映画館で見たいと思いつつ、見逃してしまい…DVD化される前からずっとネットレンタルに予約を入れていたのを、ようやく借りることができました。

     Gran_torino

舞台は、アジア系移民が増えつつある自動車産業の街(おそらくデトロイト郊外)。妻に先立たれた主人公のウォルト(クリント・イーストウッド)は朝鮮戦争からの帰還兵で、人種差別の塊のような人、頑固で孤独で気難しい老人です。隣に住むモン族の家族と、あるできごとがきっかけで交流を深めるようになるのですが…。

映画の出演者は、ほとんどがモン族の無名の役者たち。アメリカではマイノリティであるモン族の文化を、エキセントリックな存在ではなく、敬意を持ってていねいに描いていることにまず感動しました。同じアジア人としていろいろと感じるところがあり、魂を揺さぶられる映画でした。

歯に衣着せぬ物言いで、人種差別的な発言も思うままに口にするウォルトであるだけに、彼の変化は偽りのないほんとうの心を表しているとわかりました。お互いが違う、というところから出発している関係だけに、ほんとうに理解し合えたとき、その絆はより強いものになったのかもしれないと思います。

異文化の理解に、食が重要な役割を果たしていたのもおもしろかったです。例えば「私たちが食べるのは(犬ではなく)猫だけよ!」というジョークや、ウォルトがモン族のおばさんの作るチキンの料理が気に入って招き入れるところなど、思わずくすりとさせられる場面がありました。

心温まる交流の中にも、作品全体に漂うなんともいえない不穏な、何かが起こりそうな空気は、映画を見ている間中、私の心を不安にさせました。愛するものを守るため、そして憎しみの連鎖を断ち切るために、ウォルトがとった驚くべき行動は、かの国へのメッセージとも受け取れました…。

DVDにはボーナス映像が収められていましたが、映画の製作チームの家族のようななごやかな雰囲気から、イーストウッドの人柄が伝わってきました。出演者のオーディションの様子や、撮影の裏話なども興味深く、作品の世界をより楽しむことができました。

          ☆          ☆          ☆

藤野真紀子さんのレシピで、「アップルスパイスケーキ」を焼きました。

007_convert_20091211101543

細かく刻んだりんご1個分、ラムレーズン、刻んだピーカンナッツ、ココナッツがたっぷりと入っています。シナモン、ナツメッグ、ジンジャー、クローブ…スパイスの香り豊かなケーキです。

032_convert_20091211101709

いただきものの姫りんごを添えて…。朝食にもぴったりで、おいしくいただきました。

|

« ガーデンシクラメンの寄せ植え♪ / ビーフストロガノフ | トップページ | 大根とオクラのブイヨン煮 & ちり蒸し »

お菓子」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
この映画観たことがありませんが、クリントイーストウッドの
作品で興味があった映画です。
昔は、イーストウッドというとアクションスターというイメージでしたが、
実際は社会的にも意義のある良い映画の企画、それを実現する行動力を
兼ね備えた素晴らしい映画人でした。
日本でも俳優さんが監督兼ねる例がありますが、みなさん良い映画をつくられますね。
監督専業でやってきた監督とはまた違った視点があるのかもしれませんね。

投稿: イザワ | 2009年12月11日 (金) 23時20分

☆ イザワさま ☆
この映画、決して派手さはないのですが
静かに見るものの心を揺さぶる映画だと思いました。
ああいう華やかなハリウッド映画で活躍していたイーストウッドが
人の心のひだにせまるような、デリケートな映画を作られるという
ことに驚きました。とても思慮深い方だと思います。
私はイーストウッドが出演、監督した作品、あまり見ていないので
これを機会に少しずつ見ていきたいな…と思いました。
ボーナス映像の様子を見ると、演じることも撮ることも楽しんでいて、
映画を心から愛しているんだなあということが伝わってきました。

投稿: セレンディピティ | 2009年12月12日 (土) 07時55分

私もこの映画を劇場で観ました。彼の昔の作品もそれとなく好きでしたが、監督・主演作品の「ミリオンダラーベイビー」を観たときから違ったファンになりました。

グラントリノ、ミリオン--同様、まったく予習をしないで観たのが余計良かったのか、あの悲しい展開、しかもあの結末には意表を疲れました。劇場を後にしてからも、日が経ってからもじーんとした感覚を覚えています。あまりに興奮して、すぐブログを書いた覚えが(笑)

題材が重いのに、ユーモアが随所にちりばめられていて暗い感じを受けなかったのに救われました。イーストウッド、いい俳優ですよね。

投稿: Schatzi | 2009年12月12日 (土) 08時21分

こんばんは。

「グラントリノ」見たんですね~~。良いな~。私も早く見たいです。happy01
12月は、用事が立て込んでてなかなか映画が見れてません。ちょっと先になっちゃうかもですが、見るのがとっても楽しみな作品です!
イーストウッドは、「自分が出演するのはこの作品を最後にする。」って言ってるので、ちょっとさびしいですが、次回作はマット・ディモン、モーガン・フリーマン主演の「インヴィクタス」っていう作品です。詳しいストーリーは知らないんだけど、ネルソン・マンデラの生涯を描いた作品みたいです。こちらも楽しみですね!

あ、アップルスパイスケーキのとなりの姫リンゴ、超かわいい!ですね。appleheart04

投稿: ごみつ | 2009年12月12日 (土) 23時16分

☆ Schatziさま ☆
Schatziさんもこの映画ご覧になったのですね!
ブログの記事も、拝見させていただきました。
おっしゃるように、見た後もしばらく心がじーんとする映画ですね。
ひとつひとつのシーンがどれも印象的で、
今もふとした時に思い出したりしています。
全体的に重い映画でありながら、ところどころに温かいシーン、
ユーモアにあふれる会話が散りばめられていて、
それが救いになっていた気がしました。
映画の中でイーストウッドがつく悪態も、
途中からはなんだか楽しくなってきたりして…。(笑)

イーストウッド、ほんとうにいい俳優、監督さんですね。
これを機会に他の映画も少しずつ見てみようと思います。
「ミリオンダラーベイビー」も絶対見たいです!

投稿: セレンディピティ | 2009年12月13日 (日) 02時34分

☆ ごみつさま ☆
ネットレンタル、人気のある作品はなかなか順番が回って来なくて…
のんびり待っていて、ようやく見ることができました。
じんわりと心に響く、すばらしい映画でした。
今月はごみつさんは、お仕事が一番お忙しい時期でしょうね!
どうぞお体お大事に、がんばって乗り切ってくださいね。
私も今月公開の映画、見たいのがいくつかあるのですが
はたして見れるかどうか…。

イーストウッドの次回作、お話を伺うと、心にずしんとくる作品のようですね。
今から見るのが楽しみです。

姫りんご、小さいながらもちゃんとりんごの味がしておいしかったです♪

投稿: セレンディピティ | 2009年12月13日 (日) 02時56分

この映画、今年一番観たかったやつですが、多忙につき果たせずにいます。いずれDVDで観るつもりですが、何時になるやら・・・
たしかモン族は、ヴェトナム戦争の時にアメリカ軍に協力した少数民族ですね。北ヴェトナムの勝利により、かなり迫害されてアメリカに逃げた人たちとその子孫でしょう。ヴェトナム戦争自体がアメリカでは否定的な扱いを受けているため、モン族もかなり不興を被ったと聴いています。だからこそ、アメリカの老兵たちにはモン族に対する関心がかなり残っているとも聞いています。映画、是非とも観たいです。

投稿: ヌマンタ | 2009年12月13日 (日) 13時19分

☆ ヌマンタさま ☆
映画もまとまった時間がないと、なかなか見るのは難しいですね。
タイミングもありますし…。
なるほどモン族にはそういういきさつがあったのですね。
なぜにモン族…と思いましたが、お話を伺って納得しました。
ありがとうございます。
お仕事、お忙しそうですが…DVD、早くご覧になれるといいですね☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月14日 (月) 08時02分

グラントリノ、私も観たいと思っている映画のひとつです。
クリントイーストウッドは特に最近監督業に優れているようですよね。
話題になった作品、すべて気になりつつ観ていないのですが、この作品もそうならないようにしないと。

以前ご紹介されていたディカプリオのワールドオブライズ、先日WOWOWで放送されていたので録画予約しておいたのですが、HDD残量不足で途中までしか録れていませんでした(涙)。年末にもう一度放送があるようなので今度こそ見逃さないようにしたいと思います。

投稿: olive | 2009年12月14日 (月) 15時05分

☆ oliveさま ☆
グラントリノ、ちょっと重いですが、いい作品でした。
もし機会がありましたら、是非ご覧になってみてください☆
監督としてのイーストウッドは、映画を通じて彼の人生、彼のメッセージを、全力をかけて後世に伝えようとしている…そんな気がします。作品を見ると、その迫力に圧倒されてしまいます。

ワールドオブライズ、WOWOWで放映されていたのですね~☆
最後まで録画できなかったとは残念。
ディカプリオさんらしい作品で、私は結構気に入りましたが
oliveさんはどうかな~? 気に入っていただけるといいな~☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月15日 (火) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/32566842

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラン・トリノ」 / アップルスパイスケーキ:

» グラン・トリノ [ごみつ通信]
Gran Trino2008年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド(演)ク [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 13時23分

« ガーデンシクラメンの寄せ植え♪ / ビーフストロガノフ | トップページ | 大根とオクラのブイヨン煮 & ちり蒸し »