« ズッキーニのグラタン&カレースープ / 新種のポインセチア♪ | トップページ | たこのサラダ & きのこのグラタン »

キエフ・バレエ 「眠りの森の美女」

先日来日したキエフ・バレエの公演、「眠りの森の美女」を見に行きました。日本では、なかなか気軽にバレエを見に行けないと思っていましたが、たまたまディスカウント・チケットをいただく機会に恵まれ、わくわくしながら行ってきました。場所は、渋谷のオーチャードホールです。

Sleeping

キエフは、現在はウクライナ国立バレエですが、もとは旧ソ連3大バレエのひとつに数えられる伝統的なバレエ団です。そして「眠りの森の美女」は、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」とともにチャイコフスキー3大バレエとして知られるポピュラーな演目です。

「眠りの森の美女」は、以前ニューヨーク・シティバレエのものを見たことがあったので(その時の記事はコチラ)、アメリカとロシアとでどんな風に表現が違うか…という興味もあったのですが、舞台を前にするとそんな理屈はどこかに飛び、ただただ夢の世界に目が釘付けになりました。

Sleeping2

主役のオーロラ姫が、16歳の少女の時の初々しいかわいらしさと、眠りから覚めた後の大人の女性の優美さをみごとに演じ分けているところが、前回同様、やはりすばらしいと思いました。私がこのバレエで一番好きなところです。

今回は前の方の席だったのでよくわかったのですが、ダンサーたちが手足が長く、折れるように細いにもかかわらず、それがすべて体操選手のように筋肉であることに驚きました。体の動きだけで、女性らしい柔らかさ、まろやかさ、優美さ…これら全てを表現していることに感動しました。

          ☆          ☆          ☆

日曜日からアドベント(待降節)に入りましたが、先日ようやくクリスマスツリーを出しました。

          021_convert_20091204110054

以前にも書いたことがありますが、我が家のツリーは、旅先で少しずつ、記念に買い求めたオーナメントを中心に飾っています。そのため一見バラバラではあるのですが、ひとつひとつに旅の思い出が詰まっています。

  025_convert_20091204110224    047_convert_20091204110354

残念ながら、日本の観光地のおみやげ屋さんでは、クリスマスオーナメントを置いているところがほとんどないので、帰国してからは買うこともなくなってしまいました。

今年、新しく仲間に加わったのは、(右)のスノーマンです♪ バザーで偶然見つけたものですが、松坂選手や岡島選手が活躍している野球チーム、Boston Red Soxのオーナメントです。 baseball レッドソックスの試合を見たことがあったので、アメリカ生活の記念になれば、と思って買いました。

|

« ズッキーニのグラタン&カレースープ / 新種のポインセチア♪ | トップページ | たこのサラダ & きのこのグラタン »

舞台」カテゴリの記事

コメント

バレエは一度も見たことがないんです。
バレエも歌舞伎同様、ちょっと敷居が高い感じがして。
でもセレンディピティさんのお話を聞いて、「夢の世界」のイメージを持てました。

クリスマスツリー飾られたんですね☆
セレンディピティ家のツリーは温かみのあるツリーですよね〜。
オーナメントのひとつひとつに想い出が詰まっているなんて素敵☆
日本では想い出のオーナメントが増えないのが残念ですね。


投稿: olive | 2009年12月 4日 (金) 13時31分

こんばんは!
以前、松山バレイ団のくるみ割り人形を見た事があります♪
森下洋子さんともお会い出来、素晴らしい時を過ごしました。
まじかで見たら、本当に小さく細い方でしたが、やはり筋肉は凄かったですよ!
なかなか機会がありませんが、外国のを見た事が無いので見てみたいです!
そうそう、一つ見ました。
男性バレイ団のグランディーバの白鳥の湖は、技術は凄く、楽しかったですよ♪

日本の観光地には、売っていませんね〜
スノーマン、可愛いですね☆

投稿: Rei | 2009年12月 4日 (金) 22時54分

こんばんは!
ある写真撮影会社のカメラマンに登録をしているのですが、
そこの方が仰るには舞台撮影の最高峰はバレエだと言っていました。
(私的には和太鼓なんですが(笑))
舞台後方から三脚をつけて200-300mm程度の望遠レンズで
撮影します。
舞台の撮影は勘所があってどこが見せ場かということを事前に
わかっていると良い写真が撮れる可能性がたかいので、バレエの
撮影をされる方はバレエにも詳しいのだと思います。

旅先でのクリスマスのオーナメントのお話は以前記事で拝読して
知っていましたが、一年の終わりの月に思い出を飾るという考えは
素敵だな~と思います!

投稿: イザワ | 2009年12月 5日 (土) 00時41分

私も、今月くるみ割り人形を観にいきます。10月に行った白鳥の湖が、カラオケ(!)だった苦い教訓を活かし、今回はちゃんと生オケの入っているものを選びました。いつかはNYのを観にいきたいです(笑)
娘がバレエを長くしていたので、彼女の筋肉にも「ギョッ」とした覚えがあります。フツーに生活をしていると分からないのですが、練習風景を何度か観たときに、他のお母さん達と娘達の筋肉に驚愕した覚えがあります、特に下半身!指先からつま先まで、筋肉をすべてつかうスポーツではないでしょうかね。

キエフのバレエ、きっと感動はとてつもなく大きいものだったのでしょうね~。

投稿: Schatzi | 2009年12月 5日 (土) 04時28分

☆ oliveさま ☆
バレエの華やかな世界は子供の頃から憧れで、音楽も好きだったので
TVではよく見てたのですが、やはり舞台は特別ですね。
NYではほんとうに気軽に見ることができたので、
少し身近に感じられるようになりました。
夢の世界を、ほんの少しお伝えできてうれしいです。

クリスマスツリー、oliveさんに刺激されて(笑)
がんばって出しました。
オーナメントを見ながら、いろいろなことを思い出しました☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月 5日 (土) 07時56分

☆ Reiさま ☆
「くるみ割り人形」は私も大好きな演目です。
特に今の時期には、いいですね~☆
森下洋子さん、以前TVの密着取材で見ましたが
日頃からほんとうに努力されていて、圧倒されました。
バレエのために人生の全てを捧げていらっしゃる方ですね。
舞台もすばらしかったでしょうね☆

スノーマン、かわいい表情が気に入っています♪

投稿: セレンディピティ | 2009年12月 5日 (土) 08時00分

☆ イザワさま ☆
バレエをテーマに、写真を撮られていらっしゃるカメラマンの方が
いらっしゃるのですね。
たしかにバレエって、舞台装置、衣装、音楽…と総合芸術ですし
なにしろ演じる方の体、動きそのものがすばらしいので
そのひとつひとつを撮られるだけでも絵になるのでしょうね。
鍛錬された人の体、ほんとうに美しいと思います。

ツリーのオーナメントの話、覚えていてくださっていたのですね。
ひとつひとつ飾りながら、思い出に浸っています~☆

投稿: セレンディピティ | 2009年12月 5日 (土) 08時17分

☆ Schatziさま ☆
Schatziさん、「くるみ割り人形」見に行かれるのですね!
楽しみですね☆ 私も以前、NYで見た「くるみ割り人形」が
カラオケだったことがあります。
その時は、オーケストラのストライキだったのですが
なんだかアメリカならではだな~と変なところで感心しました。

お嬢様たち、やはりバレエをされる方は筋肉がつくのですね。
Schatziさんは、それを間近で実感されていたのですね。
バレエは全身運動でもあるのでしょうね。
それでいて、動きを見ると、全くそれを感じさせないところが
すごいですね。すばらしい表現力だと思います。

キエフ・バレエ、すばらしかったです♪ 夢のような時間でした。

投稿: セレンディピティ | 2009年12月 5日 (土) 08時31分

中坊の頃、バレエを習っているというクラスメイト(もちろん男の子)に喧嘩をふっかけたことがあります。軟弱と思っていたら、とんでもない!
あたしゃ、人間の足があれほど高くしなやかに上がるものだとは知りませんでした。あっという間にハイキックでKOされました。以来、バレエと体操とダンスをやっている奴は危険だと頭に刻まれました。

投稿: ヌマンタ | 2009年12月 5日 (土) 14時47分

こんにちは。
バレエ鑑賞、いいですね。
私も学生の頃は大学キャンパス内のホールに来ていたバレエを時々観にいってましたが最近はめっきりです。。。
バレエを見ていつも思うのは、華麗な舞台裏では厳しい練習があるんだろうなあ、と。
そういう大変さを見せないダンサー達、素敵ですよね。
クリスマスツリー、出されたんですね。
うちも今日出したところでした☆
セレンディピティさん宅の旅の思い出がつまったオーナメント、覚えてますよ。
レッドソックスのスノーマン、可愛い。
日本では観光地でもさすがにクリスマスオーナメントを売るところは少ないんでしょうね。。。

投稿: Reiko | 2009年12月 6日 (日) 09時57分

☆ ヌマンタさま ☆
楽しい思い出話を、どうもありがとうございます♪
そのお友だち、男の子でバレエを習っていたとは
特に当時では、めずらしかったのではないでしょうか。
まさか、ハイキックがけんかの技になるとは、想定外でしたね。
こちらが油断しているだけに、効果抜群だったのでしょうね。
…それにしても、ヌマンタさん、KOされるような
どんな悪さをしたのでしょう???(笑)

投稿: セレンディピティ | 2009年12月 7日 (月) 00時57分

☆ Reikoさま ☆
そうですね。顔はにこやかですが
あれだけしなやかな体を維持するのには
日頃から相当の努力をされているのでしょうね。
どの世界もそうだと思いますが、一流の方たちの精神面を含めての
自己を律する力は、想像をはるかに超えるものがありますね。
Reikoさんもこの週末、ツリーを出されたのですね。
オーナメントのことも覚えていてくださっていたとは、うれしいです☆
レッドソックスのオーナメント、かわいい表情が気に入りました。
バザーに出品されていたのですが、ちゃんとケースに入っていて
新品だったんですよ。思いがけないところで見つけて
うれしくなりました。

投稿: セレンディピティ | 2009年12月 7日 (月) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/32484395

この記事へのトラックバック一覧です: キエフ・バレエ 「眠りの森の美女」:

« ズッキーニのグラタン&カレースープ / 新種のポインセチア♪ | トップページ | たこのサラダ & きのこのグラタン »