« 「モナリザ」の夜 | トップページ | 「昼が夜に負うもの」 / レモンケーキ »

「マーサの幸せレシピ」 & ティラミス

DVDで、「マーサの幸せレシピ」(原題:Bella Martha 英題:Mostly Martha)を見ました。

     Mostly_martha_3

女性シェフを主人公にしたドイツのロマンティックコメディですが、その後アメリカで、「幸せのレシピ」(原題:No Reservations)というタイトルでリメイクされています。私はリメイク版の方を先に見ていたのですが(その時の記事はコチラ)、オリジナル版も見てみたくて借りました。

アメリカ版の記憶は少し薄れていましたが、ストーリーがだいたい同じだったので、見ているうちに少しずつ思い出してきました。レストランや厨房の様子、登場人物も似ていましたが、ドイツ版はハンブルグ、アメリカ版はニューヨークが舞台になっているので、文化の違いが少し感じられて興味深かったです。

例えば主人公の二人は、アメリカ版ではケイトとニックという、いかにもアメリカンな名前でしたが、ドイツ版ではマーサとマリオで、マリオはイタリア人という設定でした。

きまじめなドイツ人女性のマーサの心を、陽気でいいかげん?なイタリア人男性のマリオが解きほぐしていく…という展開はいかにもステレオタイプに思えますが、ドイツでもやはり同じように(両国の違いを)捉えているんだなあということがわかって、おもしろく思いました。

ストーリーの運びはほとんど同じでしたが、ラストは少し違っていました。

実はアメリカ版を見た時に唯一私が違和感を感じたのが、ラストの部分でした。というのも、ニックのビジネスチャンスを、ケイトがつぶしてしまうというのが、なんとなく腑に落ちなかったからです。このままでは、後で二人にしこりが残るのでは?と心配になりました。

オリジナル版のラストは、平凡ではあるかもしれないけれど、私は好きです。二人のこれからを心から応援したいような、温かい気持ちになれました。屋外でのウェディングパーティのシーンが美しく、心に残りました。

          ☆          ☆          ☆

映画の中で、マーサが初めてマリオを家に招待した時、マリオとリナ(マーサの姪)がお料理を作ってくれます。三人で車座になって、フライパンやお鍋から直接お料理を取り分けて食べるシーンがとても楽しそうでした。

夜マーサが、マリオの作ったティラミスの残りを冷蔵庫にしまいかけて、思わず一口食べるのですが、その時の穏やかな表情が印象的でした。

そんな情景を思い浮かべながら、久しぶりにティラミスを作りました。

012_convert_20100203111512

映画で出てきたティラミスも、こういう長方形の耐熱容器に入っていました。この容器を型にしてスポンジケーキを焼き、厚みを半分にします。スポンジ、コーヒーシロップ、クリームを交互に重ねて…。

上をならしたら、茶こしにココアを入れてふります。いつもは全体的にすき間なくココアをふるのですが、今回はあえてラフにふってみました。

018_convert_20100203111635

ティラミスには本来マスカルポーネを使いますが、私はクリームチーズ、ヨーグルト、生クリームを合わせて作りました。酸味の効いたクリームが、さっぱりとして柔らかくてとってもおいしい♪ 大好きなスイーツのひとつです。

|

« 「モナリザ」の夜 | トップページ | 「昼が夜に負うもの」 / レモンケーキ »

お菓子」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

「マーサの幸せレシピ」名前だけは知っていましたが、見た事ありませんでした。
オリジナルとチョット違うんですね。

ティラミス、大好きです♪
マスカルポーネで作っていますが、クリームチーズ、ヨーグルト、生クリーム
の組み合わせも面白いですね!
ヨーグルトが、効いて爽やかそうです♪

投稿: Rei | 2010年2月 3日 (水) 20時57分

今晩は

「幸せのレシピ」ってどんな映画だっけ?と、ホームページを見てみたら、これキャサリン・ゼダ=ジョーンズとアーロン・エッカートなんですね~!面白そう!アビゲイルちゃんも出てるし。オリジナルの「マーサの幸せレシピ」とあわせて是非見てみたくなりました~。heart04

ティラミス大好き!です。私はつくれないから(汗)、早速明日買ってこようかな~などと思っているところです。(笑)

あ、お料理の映画と言えば「バベットの晩餐会」っていう作品ご覧になった事ありますか?DVDは今、廃番みたいなのですが、物凄~く良い作品なんですよ!もし機会がありましたら是非!
今のところ、私の中ではお料理がテーマになった映画のベストです。shine

投稿: ごみつ | 2010年2月 4日 (木) 00時01分

☆ Reiさま ☆
私の書き方がわかりにくくて、ゴチャゴチャしてしまいましたが
今回の「マーサの幸せレシピ」が、オリジナルです。
アメリカ版は、少しアレンジされていました。

ティラミス、おいしいですよね。
マスカルポーネは手に入りにくいですし、結構お高いので
私はいつもこのレシピで作っています。
ヨーグルトの酸味がさわやかでおいしく、気に入っています☆

投稿: セレンディピティ | 2010年2月 4日 (木) 01時53分

☆ ごみつさま ☆
「幸せのレシピ」なかなか豪華キャストですよね。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、それまでほとんど
お料理を作ったことがなかったそうで、
どんな映画になるのか、ちょっとした話題になっていました。
軽めですが、どちらも楽しい映画でしたよ。

ティラミス、おいしいですよね~☆
クリーミィでありながら、さっぱりとしていて…
私の中ではかなり上位に入るスイーツです。(笑)

「バベットの晩餐会」タイトルは聞いたことがありますが
見たことはありませんでした。デンマークの映画なんですね!
機会があったら、是非見てみようと思います☆

投稿: セレンディピティ | 2010年2月 4日 (木) 02時05分

映画と言えば先日、某映画監督を撮影させていただきました。
ある取材のインタビューシーンを1時間撮影。
私も昔から好きな監督だったのでとても楽しく撮影させていただきました。
家族ゲームが特にお気に入り^^

投稿: イザワ | 2010年2月 4日 (木) 03時39分

☆ イザワさま ☆
某映画監督の撮影…あ、あの雪が降った翌日ですね。
インタビューの撮影は、
ポートレートとはまた違う難しさがあるでしょうが
その方の人となりがにじみ出て、またおもしろいでしょうね。
1時間、楽しくすごされたことと思います!
ブログでもご紹介されるのでしょうか。
楽しみにしています。

投稿: セレンディピティ | 2010年2月 4日 (木) 08時03分

こんにちは。
私もドイツ版とアメリカ版両方見ましたよ。
アメリカ版を先に見たせいか、ドイツ版はちょっと地味な印象だったのが残念でしたが、話の展開は私もドイツ版のほうがいいなあ、と思いました。
食べ物のことは結構覚えているほうなのですが(笑)、ティラミスの場面は思い出せません~。。。
でも、セレンディピティさんのティラミス、とっても美味しそう。
私もティラミス大きく作って取り分けるスタイルが好きです☆

投稿: Reiko | 2010年2月 4日 (木) 11時55分

マーサの幸せレシピ、ご覧になったんですね。
予約しているっておしゃってたから、感想を聞くのを楽しみにしていました。
私は半年前くらいにリメイク版を見たばかりだし、幸せのレシピはかなり気に入った作品だったのでストーリーもよく覚えています。ストーリーはほとんど同じなんですね。
ニックが軽いノリの明るい性格だったのは原作から来ているんですね。納得しました。
私も機会があったら見てみたいなぁ。

ティラミス、美味しいですよね。
濃いめの珈琲と一緒にいただきたいです。
ヨーグルト入りだと少しさっぱりしているのでしょうか。

投稿: olive | 2010年2月 4日 (木) 12時27分

☆ Reikoさま ☆
Reikoさんがこの作品をご覧になったの、覚えています!
ちょっと間があいてしまいましたが、私もこの作品
両方見てよかったと思いました。
アメリカ版は、ニューヨークが舞台ということもあって
都会的で洗練された、おしゃれな映画に仕上がっていましたね。
たしかにドイツ版はちょっと地味かな…。
マリオのキャラクター、濃かったですね。(笑)

ティラミスは、はっきりと出たわけではないのですが
冷蔵庫のシーンのすぐ後で、マーサがドクターに
マスカルポーネの話をしていたので、
「あ~あれはティラミスだったのか…」と思ったんです。
全然違っていたりして~??

投稿: セレンディピティ | 2010年2月 4日 (木) 12時34分

☆ oliveさま ☆
ちょうど先日お話した後に、タイミングよくDVDが届きました。
リメイク版も楽しいお話でしたが、
オリジナル版もなかなかよかったです。
リメイク版のニックは、軽妙洒脱な感じでしたが
オリジナル版のマリオは、かなり濃いんですよ。
ルー大柴さんみたいで…。(笑)
でも、人柄の温かさは伝わってきました。

ティラミス、ヨーグルトの量で、軽さが調節できると思います。
お店のものよりもさっぱりとした仕上がりで
おいしくいただきました☆

投稿: セレンディピティ | 2010年2月 4日 (木) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/33231606

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーサの幸せレシピ」 & ティラミス:

« 「モナリザ」の夜 | トップページ | 「昼が夜に負うもの」 / レモンケーキ »