« 牡蠣のチャウダー & チーズイン・ハンバーグ | トップページ | 吉祥寺散策♪ (1) »

「ミスティック・リバー」 / アップルコーヒーケーキ

DVDで、クリント・イーストウッド監督の映画「ミスティック・リバー」(原題:Mystic River)を見ました。

          Mystic_river

実はこのポスターを見ただけでなんだか恐くて、今まで見ることを躊躇していたのですが、いたずらに刺激的なシーンもなく、監督の良識に感謝しました。映画が終わった後に、上質のミステリーを見たという満足感があふれる作品でした。

殺人事件を題材としているので、作品が持つ空気は重苦しいですが、捜査が進む過程で、過去の事件が関わっていることが少しずつ明らかになり…謎解きのおもしろさもあって、ぐいぐい引き込まれました。

最後に全てのパズルのピースが一気に収まるべきところに収まって、理屈としてはすっきりするのですが、子供時代からの偶然の重なりが引き起こした悲劇に、運命の残酷さを思わずにはいられませんでした。

主演のショーン・ペンは、この映画の中では刑務所帰りの元犯罪者という役を演じています。私の中では、善良なイメージが強かったので、時にすごみを感じる表情に最初は誰か気づかなかったほどでした。最後のシーンでの、絶望と悔恨にあふれる背中が印象的でした。

舞台はマサチューセッツ州の都市近郊にある、いかにも治安のよくない町です。映画を見ているうちに、アメリカでのドライブ旅行中、ガソリンを入れるために、こうした町にやむなく立ち寄った時の、あのなんともいえない不穏な空気の恐さを思い出しました。

言葉以上に、多くを語り、感じさせる映画でした。

          ☆          ☆          ☆

大川雅子さんの「コーヒーのお菓子」という本から、「アップルコーヒーケーキ」を作りました。

050_convert_20100218081310

コーヒーとスパイスたっぷりのケーキ生地に、りんごのスライスが入っています♪ コーヒー風味のクランブル(ほろほろにしたクッキー生地のようなもの)をトッピングして。ちょっと大人の焼き菓子です。

005_convert_20100218081431

ケーキ生地の半量を型に流したら、りんごのスライスを並べてクランブルをのせます。さらに残りのケーキ生地を流して上にクランブルをトッピングし、オーブンで焼き上げました。

クランブルのちょっとごそごそした素朴な食感が、りんごによく合う、カントリースタイルのケーキです。コーヒーといっしょにおいしくいただきました☆

|

« 牡蠣のチャウダー & チーズイン・ハンバーグ | トップページ | 吉祥寺散策♪ (1) »

お菓子」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

りんごとくれば紅茶、という先入観があったので、
りんごにコーヒー?と一瞬びっくりしましたが、
スパイスの風味もプラスされて・・・
とーっても美味しそうです!!

投稿: ルプレ | 2010年2月18日 (木) 23時45分

☆ ルプレさま ☆
りんごにコーヒー、そういえばめずらしいかもしれませんね。
本の写真で見て、おいしそう♪と思って
相性のことは深く考えずに作りましたが、よく合いましたよ。
今度は紅茶味で作ってみようかな?

投稿: セレンディピティ | 2010年2月19日 (金) 07時55分

ミスティック・リバーってクリント・イーストウッドの作品だったんですね!
この映画はたぶん映画館で予告編をみたことがあります。
ちょっとおもしろそうだなと思った印象だけ残っています。
アメリカの治安の悪い街の不穏な空気というのは、アメリカで暮らしていたセレンディピティさんならではのお言葉ですね。平和な(最近は平和でもないですけど)日本でしか暮らしたことのない私にはわからない空気感です。

ところでセレンディピティさんはDVDや映画をご覧になる時、台詞は字幕で理解されますか?それとも耳から英語で理解されますか?英語がわかる方ってどうなんだろうと前から疑問だったのでよかったら教えてください。

投稿: olive | 2010年2月19日 (金) 09時10分

普段は善良な良い人を演じている役者が
悪役をやった時の怖さは通常よりも恐ろしく感じますね。
良い人という頭の中の潜在意識を打ち破られるギャップが
より恐怖感を煽るのかも知れません。

うちの娘も映画を沢山みたいということで、劇場で
バイトをはじめました^^

投稿: イザワ | 2010年2月19日 (金) 11時06分

治安の良く無い町、なんともいえない不穏な空気の恐さ
何となくわかりますよ!
クランブル、大好きです^^*♪
あの食感いいですよね!
リンゴとの組み合わせ多いように思います♪
コーヒー風味、ますます美味しそうですね!

投稿: Rei | 2010年2月19日 (金) 12時10分

今晩は!

あ、「ミスティック・リバー」。そうそう、これもイーストウッド監督作品でしたね!
実は、私、この作品はちょこっと苦手なのです。ちょっと重たすぎるな~っていうか。私、重たいテーマは好きなのですが、重たい雰囲気で進行する作品があまり好きじゃないんですよね・・。

ディテールは忘れてしまったのですが、イーストウッドらしくがっちりと作られた作品ですよね。その分、雰囲気の重さがどうにも残念に感じた1作でした。

アップルコーヒーケーキ、アップルappleにコーヒーcafeっていうコンビが意外ですけど、写真で見ると本当に美味しそうですね!お腹がちょっとすいた時にも良さそうです。delicious

投稿: ごみつ | 2010年2月19日 (金) 21時29分

私もきょうは「恋するベーカリー」を見てきました
反応したのは「恋する」・・・ではなく「ベーカリー」のほうだったんですがそんなシーンはあまり出てきませんでした
・・・・ので帰りにパン屋さんへLet go・・・の私でした(笑)

投稿: sakurai | 2010年2月19日 (金) 21時40分

☆ oliveさま ☆
この映画、ポスターが恐くて、印象に残っていました。
ちょっと重いですが、ミステリーとしてよくできていたので
私は楽しめました。原作も読んでみたくなりましたよ。
イーストウッド作品は、テーマが重くて
考えさせられるものが多いですね。
アメリカ映画に関しては、こういう空気感がわかることはよくあります。
やはり生活という経験があっての感覚かもしれませんね。

私は英語、そんなにできないですよ。ごく普通だと思います。
アメリカで映画を見る時は当然のことながら英語でしたが、「聞く」よりは「読む」方がよく理解できるので、TVやDVDでは英語の字幕をつけていました。
日本で映画を見る時は、耳でも聞いていますが、字幕に頼っていますよ。

投稿: セレンディピティ | 2010年2月20日 (土) 02時29分

☆ イザワさま ☆
そうですね。
こちらがイメージしている役柄のタイプが違うと
よりそのギャップから来る衝撃が大きいのかもしれません。

お嬢様、映画館でバイトですか!
お仕事の合間に、映画を見ることもできるのでしょうか。
映画が好きな方には、魅力的なバイトですね☆

投稿: セレンディピティ | 2010年2月20日 (土) 02時43分

☆ Reiさま ☆
NYなどでもちょっと治安の悪いところは、
足を踏み入れただけでわかりますね。
そういうところからは、早々に退散するに限りますね。
りんごとクランブル、どちらも素朴な雰囲気でよく合いますね!
コーヒー好きにはうれしいスイーツになりました☆

投稿: セレンディピティ | 2010年2月20日 (土) 02時49分

☆ ごみつさま ☆
DISCASに寄せられたレビューを読むと
「重い」「後味が悪かった」という感想が多かったです。
たしかに重く、やりきれない気持ちが残りますが
ミステリーとして筋がきちんとしていましたし
運命の不条理というか、人間の悲しさのようなものが伝わってきて
私としては、満足できる作品でした。
おっしゃるように、イーストウッドらしく、きちんと作られていましたね。

りんごとコーヒー、あまり考えずに作りましたがよく合いました。
クランブルが生地の中にも上にもたっぷり入って
りんごとともに、カントリーっぽい素朴な風合いが楽しめました☆

投稿: セレンディピティ | 2010年2月20日 (土) 03時06分

☆ sakuraiさま ☆
あおいさん、「恋するベーカリー」ご覧になったのですね♪
私も、広告で見た時にはおいしいお菓子がたくさんあって
「ベーカリー」の映画かと思ったのですが
予告で見ると、どちらかというと「恋する」の映画のようですね。
コメディタッチでおもしろそうです。
おいしいパン、召し上がりましたか~?

投稿: セレンディピティ | 2010年2月20日 (土) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/33426879

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミスティック・リバー」 / アップルコーヒーケーキ:

« 牡蠣のチャウダー & チーズイン・ハンバーグ | トップページ | 吉祥寺散策♪ (1) »