« 北欧のお菓子を作る♪ | トップページ | スペアリブを使って & ナスを収穫♪ »

「マイ・ブラザー」 &「ある愛の風景」

トビー・マグワイア主演の映画「マイ・ブラザー」(原題:Brothers)を見に行きました。

     Brothers

アフガニスタンから命からがら帰還したものの、すっかり変わり果ててしまったサム(トビー・マグワイア)を、妻のグレース(ナタリー・ポートマン)と、サムの弟トミー(ジェイク・ギレンホール)が支えていく物語。ちょっと重そうだな…と覚悟して見たのですが、心にじんわりと温かい気持ちが広がる、とてもいい作品でした。

「スパイダーマン」のイメージが強いトビー・マグワイアですが、この作品では戦場での異常な体験がもとで、頬がそげ、眼光鋭く、心が壊れてしまった帰還兵をみごとに演じていました。

サムの訃報を受け、悲しみに打ちひしがれるグレースを、サムの弟トミーは、不器用な彼なりの方法で優しく見守っていきます。陽気な仲間たちとともに、グレースの使いにくいキッチンを改築していくところは、アメリカらしさも感じられる楽しいシーンでした。

サムとグレースには、マギーとイジーという二人の女の子がいますが、彼女たちもだんだんとトミーと打ち解けていきます。妹のイジーの「マギー(姉)はかわいいから人気者なの…。」ということばに、トミーが「君は(勇敢な)君のパパにそっくりだよ。自分を好きにならなくちゃだめだよ。」と応える場面は、短くも心に残るシーンでした。

子どもの頃から、いつも優秀で勇敢な兄と比べられてきたトミーだからこそ、イジーの気持ちが自分のことのようによくわかるのだと思いました。家族のやっかいものだったトミーが、サムの家族たちと交流していくことで、彼自身だんだん変わっていく姿が印象的でした。

ところが死んだと思っていたサムが帰還したことで、状況は一変します。トミーがサムの家族と仲睦まじくすごす様子に、サムは、トミーと妻グレースとの仲を疑い始めるのですが…。

この映画の背景には、反戦へのメッセージがありますが、それ以上に「兄弟ってすてきだな。」と感じさせてくれた作品でもありました。デンマーク映画の「ある愛の風景」(原題:Brødre)をリメイクしたそうですが、オリジナルの作品も近いうちに是非見てみたいと思います。

          cafe          cafe          cafe

映画の後に、「宮越屋珈琲」(みやこしやこーひー)でひと休みしました。

     034_convert_20100616084404

チーズケーキとブラウニーといっしょにいただきました。雨が降りそうな、ちょっと肌寒い日でしたが、外のテラスでいただく珈琲 cafe とケーキ cake は、とてもおいしかったです♪

          movie          movie          movie

【 追記 】 DVDで「マイ・ブラザー」のオリジナル、デンマーク映画の「ある愛の風景」を見ました。

 Brothers_denmark

ストーリーはほとんど同じで、「マイ・ブラザー」はオリジナルに忠実にリメイクされていることがよくわかりました。

比較して見ると、アメリカ版はひとつひとつのエピソードにふくらみがあって、行間の描き方がていねいで細やかだと感じました。登場人物たちの気持ちの微妙な変化がよくわかるので、行動がとても自然に感じられました。

それに比べると、デンマークのオリジナル版は作りが少々荒削りに感じられましたが、主人公の心の苦悩の、一番本質的な部分がストレートに伝わってきました。こちらもすばらしい作品でした。

|

« 北欧のお菓子を作る♪ | トップページ | スペアリブを使って & ナスを収穫♪ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

わ~、早速、この作品見に行かれたんですね!
私のブログでも、知人が紹介してくれて、予告編を見たらとても良さそうな作品だったので、気になっています。記事を読ませていただくと、人間ドラマとして見ごたえがありそうですね!movie
劇場に見に行けると良いんだけど・・。

↓の「グリーン・ゾーン」のコメントで、DVDの予約をされた「ボーンシリーズ」は凄い面白いですよ!happy01お楽しみに!マット・ディモンがかっこ良いです。


投稿: ごみつ | 2010年6月16日 (水) 17時08分

この映画、テレビで紹介しているのを見ました。 王様のブランチだったかな?
トビー・マグワイヤにも驚きましたが共演のジェイク・ギレンホールも
すごいなぁ~って。 公開中の「プリンス オ フペルシャ」の主役なんですよね。 全然違う雰囲気で、さすがですよね。
ナタリー・ポートマンもすっかり大人のいい女優さんになりましたね。
脚本を読んで、自ら監督にこの役を志願したとか。
予告編だけでも感動したのでやはり本編を観ないとねぇ…

本格的な美味しい珈琲が頂けそうなお店ですね☆
あっ、チーズケーキのお皿、うちにも同じものがありますぅ~
最近まったく使ってないけどたまには出してあげないと。

投稿: ゆず | 2010年6月16日 (水) 18時10分

強烈なキャラクターを連続で演じた俳優さんは
そのイメージを脱却するのに悩むそうです。
トビー・マグワイヤは上手く脱却できそうですね。
セレンディビティさんの書かれたストーリーを
読んでいるだけで、愛情溢れる作品だな、ということが
分かります。
日本は幸いなことに徴兵制度がないので、こういった
展開は本当のところでは、理解できないかもしれませんが
感覚的には良くわかります。
映画、いいですよね。

投稿: イザワ | 2010年6月17日 (木) 03時17分

☆ ごみつさま ☆
私も雑誌か何かのレビューで見て、気になっていた作品です。
派手ではないですが、とてもていねいな手触りが感じられる作品で
見た後にふわっと温かい気持ちになりました。
お勧めです☆

「ボーン」シリーズ、おもしろそうですね☆
3作出ているようなので、シリーズで予約しました。
「ある愛の風景」も予約したので、こちらも楽しみにしています♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2010年6月17日 (木) 08時17分

☆ ゆずさま ☆
この作品、TVでも紹介されていたのですね。
繊細な心の描写がみごとで、静かに感動がしみわたる
とてもいい作品でした。
若手の実力派3人の演技が、ほんとうにすばらしかったです。
トビー・マグワイアの凄みのある演技もすごかったですが
ジェイク・ギレンホールがとってもいいんですよ…。
「プリンス・オブ・ペルシャ」とほぼ同時期に撮られたのでしょうか。
気持ちの切り替えが、さすがプロですね。
ナタリー・ポートマン、献身的な妻…というのは、たしかに今までになかった
役どころかもしれませんね。とってもすてきでした。

おいしい珈琲が飲みたくて、名前に惹かれて入ってみました。
美しい黒い縁絵が、シンプルなチーズケーキを引き立てていました。
ゆずさんも、同じお皿をお持ちなのですね♪
器がすてきだと、お茶の時間がさらに楽しくなりますね。

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2010年6月17日 (木) 08時51分

☆ イザワさま ☆
トビー・マグワイア、スパイダーマンの時とは
全く雰囲気が違っていて、驚きました。
映画の中でも、兵役に行く前は穏やかな愛情あふれるお父さんでしたが
帰ってきた時には、野生動物のような目で、凄みがあって…。
プロの役への作り込みって、ほんとうにすごいを実感しました。

アメリカで、帰還兵の精神面のケアが問題になっていると
以前TVで見たことがありますが、命をかけて国を守るには
想像を越える犠牲を払うのでしょうね…。
彼らを支える家族の愛情が、何よりも救いになるのだと思いました。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2010年6月17日 (木) 09時47分

この映画、知りませんでした!
グリーン・ゾーンを観たときも思いましたが、戦争ものというのは難しいところもありますよね。でもこの作品はドラマとして楽しめそうですね。特に感想を読んでいるとそれぞれの俳優さんたちの演技力が光る作品のようなので、こちらも観てみたい作品のひとつになりました。
セレンディピティさんがブログで色々な映画をご紹介くださるので
私も今まで見なかったような映画をたくさん観るようになりました。
以前ご紹介されていた「扉をたたく人」WOWOWで放送があるので楽しみにしています♪

投稿: olive | 2010年6月17日 (木) 11時44分

~ん、兄はいらないけど弟は欲しかったです。妹だと殴ると後が大変ですから。でも姉は欲しかったですね。きっと私に御菓子を買ってくれたはずですから。
宮越屋さんのコーヒーはなかなかイイと思います。あたしゃスタバよりは好きですね。

投稿: ヌマンタ | 2010年6月17日 (木) 12時38分

☆ oliveさま ☆
ミニシアター系の作品で、上映館は少ないですが…
きらりと光る、とてもいい映画でした。
長引く戦争のためか、ここのところ反戦へのメッセージをこめた
映画が多いですね。この作品は、生活者の目線で描かれているので
気持ちを投影しやすかったです。
若手の演技派3人の競演も楽しめました☆

私は、どちらかというと気持ちの機微を捉えたような
こういう人間ドラマが好きなんですよね…。
ちょっと重めの作品が多いですが、
そんな風に言っていただけてうれしいです♪
「扉をたたく人」も気に入っていただけるといいな~。

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2010年6月18日 (金) 08時15分

☆ ヌマンタさま ☆
ヌマンタさんと妹さんたちとのやりとり、
なんとなくいい感じだな~と思いながら、お話を伺っていますよ。
同性の兄弟だと同士、みたいなところがありますが
異性の兄弟だと、お互い足りない部分を補いあうようなところが
あるのかもしれませんね。
宮越屋さん、初めてでしたが、北海道の珈琲屋さんなんですね。
すっきりとした飲み心地で、とてもおいしかったです。
スタバの甘いコーヒーも、たまに無性に飲みたくなります。wink

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2010年6月18日 (金) 08時32分

セレンさん☆
遅くなっちゃいましたっ
オリジナルの作品よりもアメリカ版が良いなんて、なんだか珍しい(笑)ですよね。
本来リメイク・リブートするなら当然そうならないといけないはずなんだけど…
『ある愛の~』を見てからTBしようと思っていたのですが、まだ借りられてないのでとりあえず。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年6月30日 (火) 10時03分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます♪
古い記事にコメントをありがとうございます。

ハリウッド版は、トビー・マグワイアにナタリー・ポートマンに
ジェイク・ギレンホール...と実力派の豪華キャストですから
それだけでも見応えがありました。

この頃はまだ北欧映画もそれほどなじみがなかったので...
今見たらまた違った感想を持つかも。

よかったらチェックしてみてください☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年7月 1日 (水) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/35293853

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・ブラザー」 &「ある愛の風景」:

» DVDレビュー「SHAME シェイム」「マイ・ブラザー」「私の中のあなた」「少年と自転車」 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
私の一番好きなジャンル。 今回は出来るだけ苦悩するヒューマンドラマをチョイス。 なんとなく不安になったり寂しくなったりする薄暗い梅雨時こそ、そんな映画がピッタリ(?) [続きを読む]

受信: 2015年6月30日 (火) 10時03分

« 北欧のお菓子を作る♪ | トップページ | スペアリブを使って & ナスを収穫♪ »