« 屋久島(5) 島をぐる~り ひとまわり | トップページ | 屋久島(7) 指宿で砂むし体験♪ »

屋久島(6) 鹿児島でB級グルメを楽しむ

最終日は、朝7時に出発する高速船トッピーに乗って、屋久島を離れました。

005_convert_20100726075149_3

安房(あんぼう)港を出て、種子島経由で鹿児島港に向かいます。鹿児島までは約2時間半。展望デッキはなく、観光船というよりは、離島の人々の足として活躍している船といった印象でした。

私たちが船に乗り込んですぐに、通り雨がありました。しばし、ざ~っと激しく降ったかと思うとぱっと止み、その後、港に小さな虹がかかりました。虹に見送られるようにして、屋久島を出発しました。

013_convert_20100726075344_4

種子島でさらにお客様を乗せて、鹿児島に向かいます。(右)やがて前方に、美しい円錐形の山が見えてきました。薩摩半島の南端、「薩摩富士」とよばれている開聞岳(かいもんだけ)です。

船は鹿児島湾をぐんぐん進み、鹿児島港に着きました。ちょうど正面に桜島が見えますが、半分以上雲に隠れてしまっていて、よく見えなかったのが残念でした。

空港に向かうまで、残すところあと約7時間。この日は家族が食べたいもの、やりたいことに絞ってプランをたてました。というわけで、鹿児島は、桜島や、薩摩藩主島津家の庭園など、いろいろ見所はあるのですが、それらをすべてすっ飛ばし dash B級グルメツアーとなりました。(笑)

020_convert_20100726075506_3

港からぶらぶら歩いて、鹿児島一の繁華街、天文館へ向かいます。アーケードが縦横に発達した大きな商店街で、東京と変わらない印象を受けました。写真中央に見えるクラシックで重厚な建物は、鹿児島の老舗デパート「山形屋」さんです。

031_convert_20100726075956_3  029_convert_20100726075818_2

(左)まず向かったのは、「白熊」という練乳のかき氷で知られる、「天文館むじゃき」さんです♪ デパートの催事などでご存知の方もいらっしゃると思いますが、スーパーにも類似品が出回っていて、家族の大好物です。今回はオリジナルの「白熊」をいただくのを楽しみにしていました。

(右)朝から大賑わいでしたが、ちょうど人がいなくなった瞬間をパチリ。フルーツパーラーのようなかわいらしいお店を想像していましたが、意外にもお店は中華料理店でした。(笑) かき氷を食べている横で、炒飯を食べている人がいて…そのミスマッチがまた楽しかったです。

かき氷だけで何十種類もありましたが、私たちは定番の「白熊」をいただきました。

024_convert_20100726075635

こちらが元祖「白熊」です。お店のオリジナルミルクがたっぷりとしみたかき氷に、いろいろなフルーツがトッピングされています。上から見るとどことなく白熊の表情に似ていることから、この名前がつけられたようです。

氷は新雪のようにふわふわと柔らかく、口に入れるとそのままふわっと溶けるようでした。オリジナルミルクは練乳をベースにしているようでしたが、わずかにカルピスの風味も感じられ、複雑な味わいでした。かなり大きなかき氷ですが、おいしくてぺろりと食べてしまいました。

念願の白熊をいただいた後は、数ブロック歩いて、今度は鹿児島ラーメンを食べに行きました。いろいろ名店があるようですが、私たちは「鹿児島ラーメン豚とろ(とんとろ)」さんを訪れました。

032_convert_20100726080213

お店の定番、「豚とろラーメン」に半熟卵をトッピングしていただきました。とろとろにとろけるほどに柔らかく煮込んだお店自慢のチャーシューがとてもおいしかったです。他に青ねぎ、ガーリックチップ、細切り昆布?などがのっていました。醤油ベースの豚骨スープもおいしかったです。

敬意を込めて、あえてB級とよばせていただきましたが、どちらも人気のほどが納得できるおいしさでした。冷たいものと熱いものを続けて食べて、(しかも順番は逆のような…)おなかもびっくりしたと思いますが、どちらも行列必至のお店なので、午前中に効率よく廻れてよかったです。

天文館からはバスに乗って、鹿児島中央駅へ向かいました。

034_convert_20100726080350

ここから最後の目的地へ出発です。

|

« 屋久島(5) 島をぐる~り ひとまわり | トップページ | 屋久島(7) 指宿で砂むし体験♪ »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

開聞岳のふもとで3日ほどキャンプしたことがあります。地元の農家の方に桜島大根をいただいてのですが、この調理に難儀したことを思い出しました。でかすぎて、キャンプの調理用具では処理しきれず、鹿児島駅で残りを捨てたものです。今ならもう少しやりようがあったのですがね。ちょっと残念です。
ちなみに、あの白クマで早食い競争はやらないほうがいいです。確実に頭痛に襲われますから。

投稿: ヌマンタ | 2010年7月26日 (月) 12時39分

セレンディピティさんのところでB級グルメのお話ってちょっと珍しいですね。
鹿児島は2度ほど行ったことがありますが。白熊私はまだ食べたことがありません。
夏に行ったことがないから?
今年の秋、数年ぶりに鹿児島を訪れる予定なんです。
私もラーメン食べに行こうと思います。
最後の目的地はどこでしょう。楽しみです♪

投稿: olive | 2010年7月26日 (月) 15時00分

飛行機でひとっ飛びも良いけれどこうして船での移動も
旅行気分を盛り上げてくれますね。
2時間半くらいが飽きないギリギリの移動時間かもね。
鹿児島の名産ってさつま揚げ位しか知らない私には
カキ氷も鹿児島ラーメンもお初にお目にかかりました!
白熊って有名なのですね。 暑い暑いきょうのような日に
飛びつきたいですぅ~

投稿: ゆず | 2010年7月26日 (月) 15時23分

今晩は!

あら~、鹿児島での滞在時間は短かったんですね~。
屋久島を堪能出来たとは言え、なかなか九州まで足を伸ばすのも、大変だから、ちょっと残念でしたね~。

鹿児島ラーメン、めちゃくちゃ美味しそう!!
noodlehappy02
これ、はまっちゃたら危険だな~。私、旭川ラーメン太りした事があるので。(笑)

「白熊」かき氷も、私、たった今、すぐ食べたい!です。
でも、かき氷で早食い競争は、決してしないと思います。(笑)

投稿: ごみつ | 2010年7月26日 (月) 23時04分

☆ ヌマンタさま ☆
あ、そういえば今回、桜島大根をいただきませんでした。
ほんとうはもう少し時間があれば、八百屋さんとかで
地元の食材を見たら、おもしろかったと思いますが…
たしかに、大根はキャンプ料理には
あまり向かない食材かもしれませんね。
白熊、早食い競争はしないですが
私、実はアイスを食べるのが、すごく速いんですよ!
普通のかき氷だと、頭がき~んとなりますが
白熊は氷が細かくてふわふわのせいか
最後までき~んとならずに、おいしく食べられました。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2010年7月27日 (火) 00時15分

☆ oliveさま ☆
たしかにそうかもしれませんね。
今回は息子が白熊、夫がラーメンを食べたいと言っていたので
こういうことになりました。
oliveさんは、白熊を召し上がらなかったのですね。
甘いものの苦手な方でも、比較的食べやすいと思うので
機会がありましたら是非。
量が多いので、ふたりで1つでも十分だと思います。
oliveさんも、この秋に鹿児島へ行かれるのですね!
ひょっとして、ラーメンの研究のためでしょうか…(笑)
秋はまた気候がよく、いい旅になりそうですね。楽しみですね。
最後の目的地、のちほどアップします♪

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2010年7月27日 (火) 00時22分

☆ ゆずさま ☆
今回は、鹿児島からは、行きは飛行機、帰りは船で移動しました。
飛行機だと空港から市街に出るのにまた時間がかかるので
帰りは船にしましたが、気分が変わってとても楽しかったです。
鹿児島の名産といえば、やはり薩摩揚げとさつまいもでしょうか。
白熊は、私は以前、デパートの催事の案内かなにかで知ったのですが
オリジナルは食べたことがなかったんです。
ミルクの味が独特で、氷はふわふわで、とてもおいしかったです。
鹿児島ラーメン、聞いたことはあったものの
どのような特徴があるのか?というと、私もよくわかなくて…。
でもおいしかったです♪

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2010年7月27日 (火) 00時34分

☆ ごみつさま ☆
今回は屋久島をメインに考えていたので
最後の日はおまけということで…。
この日は慌しかったですが、楽しい時間がすごせました。
またいつの日か機会があれば、九州南部はゆっくり訪れたいです。
鹿児島ラーメン、お店によってもいろいろ違うようですが
とてもおいしかったです♪
白熊は、最近のような暑い日には最高ですよね☆
競争はしませんでしたが、私が一等賞でしたよ♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2010年7月27日 (火) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/35899360

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島(6) 鹿児島でB級グルメを楽しむ:

« 屋久島(5) 島をぐる~り ひとまわり | トップページ | 屋久島(7) 指宿で砂むし体験♪ »