« 「食べて、祈って、恋をして」 | トップページ | お菓子工房 2010 »

「CUPNOODLE 39! EXPO」

映画を見た六本木ヒルズで、この日偶然「CUPNOODLE 39! EXPO」というイベントが開かれていたので、食事の後にのぞいてみました。

  009_convert_20100921235918

1971年9月18日に世界で初めてカップヌードルが誕生し、この日ちょうど39周年を迎えたそうです。イベントでは、39(サンキュー)にちなんで、さまざまなアクティビティが用意されていましたよ。

013_convert_20100922000207_2

39CAFEでは、7種類のカップヌードルと21種類のトッピングからそれぞれ好きなものをひとつずつ選び、ひとりひとり違うオリジナルカップヌードルを楽しむことができました。

私は、レギュラーのカップヌードルにゆずこしょうをトッピングしてみましたが、ゆずこしょうの風味がふわ~っと広がって、おいしかったです。パスタを食べた後でおなかがいっぱいのはずが、ぺろりと平らげてしまいました。

011_convert_20100922000046

歴代のカップヌードルの容器がずらりと展示されているコーナーもありました。90種類以上ありましたが、ほとんど知らないものばかりだったので、「こんなにたくさん出ていたんだ~」とびっくりしました。エスニックなフレーバーなど、当時の流行を彷彿とさせるものもありました。

    014_convert_20100922000309

カップヌードルの大きな断面模型♪ 麺をこのように、下に空間ができるように入れることで、全体に均等に熱が廻りやすく、流通の過程で麺がくずれにくくなるのだそうです。

057_convert_20100922000602

おみやげもたくさんいただきました。数年前から発売されているという、エコスタイルのカップヌードルは、専用のマグにレフィルを入れることで、繰り返し使えるよう配慮されている商品です。左は39周年デザインのカップヌードルです♪

053_convert_20100922000448

帰ってから、久しぶりにこんな本を引っ張り出してきました。ニューヨークの紀伊国屋で見つけた本ですが、日清のチキンラーメンとカップヌードルの誕生までの苦労話が、技術的な面も含めてわかりやすく紹介されています。子供向けですが、大人にとっても興味深く楽しめる本です。

この本を読むと、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)さんの信念とアイデア、行動力、そして納得がいくものができるまで努力する粘り強さに感服します。

今や世界80カ国以上で販売され、天災や戦災などの被災地で非常食としても活躍しているカップヌードルは、世界に誇れる日本の技術だなあと、改めてしみじみ感じる一日となりました。

|

« 「食べて、祈って、恋をして」 | トップページ | お菓子工房 2010 »

お出かけ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

カップヌードルの誕生日だったんですね!
何で39が、書かれているのか知りませんでした〜
カップヌードル、特にレギュラーが大好きです♪
トッピングを自分で入れて作ってみたかったです! 楽しそう♪
あのカップの中は、空間があるんですね〜
大きなカップヌードル^^*
本読まれていたんですね! 流石!!

投稿: Rei | 2010年9月22日 (水) 16時52分

ここ、私も行きたいです(笑)
こちらでもたまに買いますが、えびが一つしか入ってないって、お気づきになりましたか?(爆)欧州のはオランダで作られていて、同じえびのヌードルを買っても、にんじんが多かったです。日本のオリジナルは確か、卵が入っていませんでしたっけ?

日本に居たときは食べたいとも思わなかった代物ですが、久しく本物を食べていないので、と~~っても食べたくなっちゃいました。次回の日本からのcare packet、これも入れてもらうことにします(笑)

↓の映画、セレンディピティさんも主人公に馴染めませんでしたか。イタリアは何度も訪れているので、本を読みながら情景や食べ物が頭に浮かんで楽しかったですが、彼女自身は最後まで「他人」でした(爆)長い映画なようですので、私はパスさせていただきます…。

投稿: schatzi | 2010年9月22日 (水) 22時38分

☆ Reiさま ☆
この日は偶然、カップヌードルのお誕生日でした。
39歳ですから、アラフォーといったところでしょうか。(笑)
Reiさんは、39と書かれたカップヌードルをご覧になったのですね。
カップヌードルに自分でトッピングするとは
考えたことがなかったので、この食べ方は新鮮でした。
今度家で食べる時、またゆずこしょうを入れてみようと思います♪
シンプルに見えて、材料や製造法、容器の素材から入れ方まで
さまざまな工夫が凝らしてあるようです。
本を読んでいろいろなことがわかって楽しかったです。

投稿: ☆ Reiさま ☆ | 2010年9月23日 (木) 01時29分

☆ schatziさま ☆
偶然遭遇しましたが、楽しいイベントでした♪
カップヌードル、アメリカでも食べたことがありますが
サイズが小さくて、スープの味がちょっと違いますね。
海老がひとつとは、気付きませんでした。(笑)
日本版、たまごが入っていますよ!
ヨーロッパ版はにんじんが多めなんですね。
いろいろ食べ比べるとおもしろそう☆

カップヌードルは独特のおいしさがありますね。
やはり日本版の方が口に合っておいしく感じられるので
今度は是非懐かしい味をお楽しみくださいませ。(笑)

↓ schatziさん、本読み終えられたんですね。
映画と本とではまたちょっと違うのかな?と思ったのですが
schatziさんは本のリズにも違和感を感じられたのですね。
日本ではまだ公開されたばかりですが、賛否両論ありそう…。

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2010年9月23日 (木) 01時51分

セレンさん、こんばんは~。
六本木でも同じイベントがあったのですね。
横浜では子供向けのものだけだったように思います。
まぁ、近くにカップヌードル博物館があるので、歴史についてはそちらに展示があるからということだったのかも。
横浜を歩いていると、「世界で一つ、あなただけのカップヌードル」を博物館で作った人たちが透明のビニールでパックしたのを首から斜め掛けにしているのをよく見かけます。人気があるようで、私はまだ行ったことがありませんが・・・。
巨大なやかんはありませんでしたか?

投稿: ryoko | 2012年9月21日 (金) 23時08分

☆ ryokoさま ☆
こんにちは~☆
カップヌードルのバースデイイベント、
この年はまだカップヌードルミュージカルがなかったので
六本木でしたが、これからはミュージアムに近い
桜木町で開催するのかもしれませんね。
大きなやかんはなかったですが
新しい食べ方を知って、おみやげまでいただいて楽しかったです☆

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2012年9月23日 (日) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/36862538

この記事へのトラックバック一覧です: 「CUPNOODLE 39! EXPO」:

» 巨大な「やかん」出現!@桜木町 [映画の話でコーヒーブレイク]
本日所用の為、横浜桜木町へ。 駅前に、巨大な「やかん」が出現し、人だかりができていました。                                    ランドマークタワーとやかんとカップヌードル  よ〜く見ると、9月18日はカップヌードルバース...... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 23時09分

« 「食べて、祈って、恋をして」 | トップページ | お菓子工房 2010 »