« いちじくのタルト / ほおずきのリース | トップページ | ペニンシュラでランチ & 新装三越 »

「瞳の奥の秘密」

今年、アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのサスペンス映画、「瞳の奥の秘密」(原題:El Secreto de Sus Ojos)を見に行きました。レビューでの評判がよく、気になっていた作品ですが、久しぶりに上質な大人のシネマを見た、という深々とした思いにあふれました。

     El_secreto_de_sus_ojos

裁判所の仕事を定年退職したベンハミンが、かつての上司であり、今は検事をしているイレーネのオフィスを訪ねるところから、物語は始まります。二人はかつて互いに思いを寄せていたようなのですが、美しくて優秀、婚約者もいたイレーネに、ベンハミンは思いを告げることができないまま、お互い別々の道を歩んでいました。

二人には、25年前に担当した、ある忘れられない事件がありました。新婚の若くて美しい女性が暴行のうえ殺された事件で、夫の気持ちにつき動かされたベンハミンは、同僚とともに犯人を探し出して逮捕します。しかし、終身刑を望む夫の気持ちに反し、政治的な理由から犯人は間もなく釈放されてしまうのでした。

最愛の人を失った夫の苦しみと喪失感、しかも法が犯人を裁くことができないという理不尽さの中で、事件は中途半端に終わりを告げていましたが、この事件のことを小説に書こうと思い立ったベンハミンは、事件のその後を追うことにします。そこでわかったことは衝撃的な事実でした…。

アルゼンチンの映画を見たのは初めてでしたが、ラテンの人々の心の奥に潜む燃えるように激しい感情と、スペイン・コロニアル風の重厚なブエノスアイレスの街の風景とが相まって、美しい詩情をたたえた古いヨーロッパ映画を見ているような錯覚を覚えました。

この作品のテーマは重く、映画を見た後も、しばらく多くのことを考えさせられました。とはいえ、事件の真相にじわじわと迫っていくサスペンスはおもしろく、最後までぐいぐいと惹き込まれる魅力にあふれていました。

25年前の事件に決着をつけたベンハミンは、イレーネに対する思いに対して、ようやく新しい一歩を踏み出すことを決意します。ベンハミンを迎え入れるイレーネの笑顔。余韻を感じるラストシーンに、心がじんわりと熱くなるのを感じました。

|

« いちじくのタルト / ほおずきのリース | トップページ | ペニンシュラでランチ & 新装三越 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んですぐに公式HPに飛び、予告編を見てすごく見たくなりました。
セレンディピティさんは本当に映画の紹介がお上手ですよね。
作品自体も素晴らしいのでしょうが、こういう批評も観るか否かの大きな判断材料になりますね。
アルゼンチン映画は私も見たことないですけど、俳優さんたちを誰も知らないっていうのも先入観なく観れていいですよね。
調べたところによると新潟では12月に2週間ほど公開になるようです。(遅っ)
忘れずに観に行きたいと思います。行けるといいなぁ。

投稿: olive | 2010年9月13日 (月) 12時24分

こんばんは。

そうか、これ今年の「アカデミー外国語映画賞」受賞した作品なんですね。
私も予告編見てみましたが、本当に面白そう!アルゼンチンの映画を見る機会も少ないですし、是非見てみたいです!

セレンディピティさんの感想記事を読むにつれ、期待が高まりますね!lovely

↓の記事の「イチジクのタルト」見た目もきれいだし、美味しそう~。いちじくってドライ以外はなかなか食べる機会がないので、珍しいですよね。
ほおずきのリースも初めて見ました!可愛いですね!cherry

投稿: ごみつ | 2010年9月14日 (火) 01時11分

☆ oliveさま ☆
わ~、oliveさんにご興味を持っていただけてうれしいです。
マイナーなアルゼンチンの映画ということもあって、
都内でも1箇所でしか上映されていないのですが
とてもすばらしい作品だったので、
もっと多くの方に見ていただけたらな~と思いました。
見た方の評判は、なかなか高いようです。
機会がありましたら、是非ご覧になってみてくださいね☆

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2010年9月14日 (火) 07時45分

☆ ごみつさま ☆
この作品、とてもよかったです。
映画の後も、しばらく語り合ってしまったのは
ほんとうに久しぶりだなあ…という気がしました。
お時間がありましたら、是非ご覧になってみてください☆
(日比谷のシャンテシネマですよ。)

↓ こちらの記事にも、コメントありがとうございます♪
生の無花果は、売られている時期がほんとうに限られていますし
痛みやすい、扱いが難しい果物ということもあってか、
無花果を使ったスウィーツってあまり見ないですね。
季節の味をおいしくいただきました☆
鬼灯のリース、一足早い秋の気分を楽しんでいます♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2010年9月14日 (火) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/36708962

この記事へのトラックバック一覧です: 「瞳の奥の秘密」:

« いちじくのタルト / ほおずきのリース | トップページ | ペニンシュラでランチ & 新装三越 »