« 「彼女が消えた浜辺」 | トップページ | 勝沼(2) ワイナリーめぐり♪ »

勝沼(1) シャトー・メルシャン

ニューヨークで時々行っていたワイナリーめぐりがとても楽しかったので、日本でも機会があれば是非訪れてみたいと思っていました。先日、山梨県・勝沼にあるメルシャンのワイナリー、「シャトー・メルシャン」がリニューアルオープンしたのに合わせ、秋の一日、日帰りで勝沼を訪れました。

新宿から中央本線特急あずさに乗って約1時間半、「勝沼ぶどう郷」駅に着きました。小さな駅の周りには、見渡すかぎりぶどう畑が広がっています。駅前からタクシーに乗って、シャトー・メルシャンへと向かいました。

010_convert_20101005104120  004_convert_20101005103541

(左)集合場所のシャトー・メルシャンのビジターセンターです。(ワイナリーのツアーは予約制です。)まだ工事中のように見えますが、この鉄製の枠は何年か後には、ツタで覆われる計画になっているのだそうです。(右)こちらは見学できませんが、メルシャンのワイン工場です。

私たちのツアーは、全部で8人(+未成年)でした。最初にビデオを見て、メルシャンワインの歴史やワインの製造方法について簡単にレクチャーを受けた後は、セラーに案内していただき、早速テイスティングタイムです。

006_convert_20101005103805  007_convert_20101005103916

日本のぶどうで作られたワイン3種類をテイスティングすることができました。ピンクのスパークリングワインで乾杯した後、甲州ぶどうを使った白ワインと、ベリーAというワイン向けに栽培されているぶどうを使った赤ワインをいただきました。

「甲州」はミュスカデと同じ製法で作られているそうで、若さのあるすっきりとしたワインでした。ベリーAはアメリカ系のぶどうだそうで、こちらもあっさりとした味わいでした。私は、同じくベリーAで作られているというピンクのスパークリングワインがおいしくて気に入ったので、後でおみやげに買って帰りました。

(右)オープンしたばかりで中はまだ空だそうですが、温度管理されたセラーにはフランスから輸入された真新しい樽が並んでいました。樽の品質もワインの味に影響を与えるので、吟味を重ねてこの樽が選ばれたそうです。

061_convert_20101005105327  045_convert_20101005122440

ここは日本のワイン発祥の地でもあります。今から130年前、明治時代の文明開化の頃、富国強兵政策の一環として、この勝沼の地に、メルシャンの前身である大日本山梨葡萄酒株式会社が設立されました。

(左)日本で初めて国産ワインを売り出した宮崎光太郎さんの住居や、第一醸造所などが保存されている「宮光園」です。こちらは来年春から一般公開されるそうです。

(右)第二醸造所は、今は「ワイン資料館」となっています。

018_convert_20101005104246  023_convert_20101005104409

ワイン資料館では、日本のワイン作りの歴史に触れることができました。食生活の違いから、最初はワインがなかなか日本では浸透せず、主に甘いワインが作られていたそうです。食の欧米化にともなって、ようやく普通のワインがより多く作られるようになったということです。

ワイン醸造に使われた、貴重な古い道具もいろいろと見ることができました。(左)ぶどうを収穫する籠と、つぶす機械。圧搾には、人力のほか、水車も使われていました。このほか、発酵させるための大きな樽や、熟成・貯蔵するための樽やセラーなどが保存されていました。

039_convert_20101005104537  042_convert_20101005104654

資料館を見学した後は、見本ぶどう園「祝村ヴィンヤード」に案内していただきました。ここは「メルロー」「シャルドネ」「甲州」など、ワイン作りに使われる17種類のぶどうが、試験的に栽培されています。勝沼のぶどう園は棚栽培になっているところが多かったですが、ここでは欧米式の垣根栽培になっていました。

遠くに南アルプスの山々が見渡せ、勝沼が盆地であることを実感します。ぶどうは何種類か味見してみましたが、どれもそのまま食べてもおいしかったです。赤ワインは皮と種ごと、白ワインは皮をむいて実の部分だけを圧搾して作るそうです。

049_convert_20101005105035  052_convert_20101005105143

1時間のツアーが終わった後は、ワインギャラリーで、昼食とテイスティングを楽しみました。(左)グラスワインのついたランチセットは、鶏肉のワイン煮込みやポテトのグラタンなど、ワインに合うお料理の盛り合わせです。

(右)ここでも3種類のワインをテイスティングしました。(飲みすぎですね…。)私が気に入ったのは、右の「カベルネ・ソーヴィニオン」ですが、高価なワインだそうなので味見できてラッキーでした。

ランチとワインをゆっくりを楽しんだ後は、お散歩がてら勝沼の他のワイナリーめぐりに出発です。

|

« 「彼女が消えた浜辺」 | トップページ | 勝沼(2) ワイナリーめぐり♪ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

ワイナリーめぐり、いいですね!
興味津々です^^*
HPをみました。見学が2つありましたがどちらに参加されたのですか?

投稿: Rei | 2010年10月 6日 (水) 09時45分

勝沼、ワインで有名ですよねぇ~
昔々、行った事を思い出しました。でもほとんど内容は
覚えていなくて、改めてこちらを拝見してツアーに参加した気に
なって満足してますぅ! 続きも楽しみ☆
(セレンディピティさん、今回私のメルアドを記載しました。
よろしければお話したい事があるのでお暇な時にメール
頂けませんでしょうか? ココログさんってコメントに非公開機能が
ないようなのでこんな形でのお願いになりました。
メルアド、絶対に悪用しませんので!
勝手なお願いで申し訳ありません)

投稿: ゆず | 2010年10月 6日 (水) 12時36分

☆ Reiさま ☆
ワイナリーめぐり、楽しかったです♪
シャトーメルシャンのツアー、私は1時間の「楽しむ」コースに
参加しましたが、貴重なお話が伺えてよかったです。
(「識る」コースとは飲むワインの種類の違いのようです。)
ツアーに参加しなくても、ワイン資料館とワインギャラリーには
入れるので、お時間の都合に合わせられるとよいと思います。
お山の旅のついでに、よかったら是非☆

投稿: ☆ Reiさま ☆ | 2010年10月 7日 (木) 07時47分

☆ ゆずさま ☆
勝沼の駅を降りてすぐに、周りがぶどう畑に囲まれていたので
ここはぶどうの里なんだな~ということを実感しました。
勝沼には、子どもの頃ぶどう狩りに訪れたことがありますが
ワイナリーは初めてです。
最近は、日本のワイナリーもずいぶん活発になっているようです。

のちほど、メールを入れさせていただきますね☆

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2010年10月 7日 (木) 07時53分

ワイナリーツアー、面白そう!!
ワインはついどんどん飲み進んでしまって、私には危険なお酒です(笑)
1時間くらいのツアーなら、飽きることなく参加できそうですね。
なによりテイスティングタイムが何度かあるのが楽しそうです!

投稿: ルプレ | 2010年10月 7日 (木) 08時29分

☆ ルプレさま ☆
ワイナリーツアー、楽しかったです♪
ルプレさんはお酒が強そうですね。
私は弱いですが、ワインは好きなので、
少しずつおいしくいただきました。
勝沼には、他にも無料から500~1000円くらいで
テイスティングできるワイナリーがたくさんあるので
ワイン好きには楽しめると思います☆

投稿: ☆ ルプレさま ☆ | 2010年10月 7日 (木) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/37084208

この記事へのトラックバック一覧です: 勝沼(1) シャトー・メルシャン:

« 「彼女が消えた浜辺」 | トップページ | 勝沼(2) ワイナリーめぐり♪ »