« 高尾山の紅葉♪ | トップページ | 外苑の銀杏並木 &イタリアンランチ »

モンブラン♪ / 「シューカツ!」

家族が大好きなモンブランを、カップケーキ風に簡単に作ってみました。

001_convert_20101121110954

まずは、スポンジケーキの生地をマフィン型に流して焼いて…プレーンなカップケーキを作ります。

006_convert_20101121111108 024_convert_20101121111223

モンブランクリームを作ります♪ モンブランクリームはいろいろなレシピがあると思いますが、私はマロンピューレ、マロンクリーム、生クリームを同量合わせ、風味付けにラム酒をほんの少し入れて、好みの硬さになるまで泡立てて作りました。

(右)マロンピューレとマロンクリームは、お菓子材料の「クオカ」さんのお店で手に入れました。マロンピューレは甘みをつけずに、栗をそのまま裏ごしたもの。マロンクリームは栗のあんこのようなものです。

044_convert_20101121111349

モンブラン用の口金を使ってクリームをカップケーキの上に絞り出して、できあがり♪ 口金を変えると、また違った雰囲気のモンブランになります。

055_convert_20101121111821

私は、上にアラザンをトッピングして、ちょっとクリスマス風にしてみました。カップケーキ風モンブラン、意外と簡単にできますし、ちょっとした集まりにもぴったり♪ みんなが大好きなお菓子です。

          book          book          book

「最近の就職事情が、さっぱりわからない。」と言ったら、友人が貸してくれた本です。

  Syukatsu 石田衣良 「シューカツ!」

石田衣良さんの小説は若い人向けの軽いものが多くて、実は苦手…。これも就職活動をする大学生たちを描いた青春小説で、読み始めは登場人物たちの軽~い会話になじめなかったのですが、読み進めていくうちに、だんだんおもしろくなってきました。

それは、私にとっては、なんといっても主人公の千晴の魅力によるところが大きいかもしれません。前向きでバイタリティがあって、まじめではあるけれど堅物ではなく、特別の美人ではないけれど好感の持てる女の子。そんな彼女を、つい応援したくなってしまいました。

そして、シューカツ(就職活動)を巡る状況は時代や社会によって変わっても、根本的な部分は今も昔もそれほど変わらないないのではないかな~?と、安心もしました。経験を積んだ大人は、表面的な部分に惑わされず、意外とちゃんと見ているのではないかしら。

将来ドラマ化されることを想定して書かれているような気がして?ちょっといやらしさも感じましたが(笑)読了感がさわやかで、なかなか楽しめました。

|

« 高尾山の紅葉♪ | トップページ | 外苑の銀杏並木 &イタリアンランチ »

お菓子」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

モンブラン、私はどちらかというと好きではないケーキなので作ったことがありませんが、一つおすそ分けしてもらいたいです(笑)

「シューカツ」、私は婚カツとか、最近の日本の事情はさっぱり分からないので、きっと読んでも違和感がありそうです(苦笑)

それにしても、最近の本はよく「ドラマ」や「映画化」をにおわせる終わらせ方が多いですよね。私もアノにおい、いやらしくて苦手です…。一番がっかりしたのは「ダビンチコード」。なので、アノ本は次を読んでいません…。最近読んだ「食べて、祈って、愛して」も、最後の数章は、無理やりな終わらせ方と、映画化を狙っている感じがいきなりしてきて驚きました…。今読んでいる「タトゥー…」の本も、そのうちキナ臭くなってきそうです(爆)

「Brooklyn's Finest」昨日観ました…。セレンディピティさんの仰るとおり、すっごく重く暗く、ひさしぶりに疲れました。前日にSATC2のDVDを観たばかりだったので、昼と夜の違いが特にくっきりしました。どちらもNYCなんですよね…。

投稿: schatzi | 2010年11月21日 (日) 13時39分

今晩は!

わ~、モンブラン美味しそう~!私、モンブラン大好き!このマロンクリームのグニュグニュ感が良いんですよね~。heart02

「シューカツ!」なかなか面白かったみたいですね。私、石田衣良さんの本は読んだ事ないんですよね。テレビとかで見かける限りはそう好きなタイプの人じゃないんですが、雑誌とかで見かけるエッセイはまあまあ面白いんでうよね、この人。悪い人じゃないっていうか。(笑)

先日の新聞にも出てましたが、就職活動はかなり大変みたいですよね。だけど若い人が就職出来ない状況がこれだけ続いてると、未来の事をおもってちょっと怖くなります。このツケは絶対にまわってきますよ、これから・・。

↓の記事、秋の高尾山楽しんでこられたみたいですね!次回は是非お蕎麦ですね!delicious

投稿: ごみつ | 2010年11月21日 (日) 20時59分

こんばんは!
手作りモンブラン、美味しそうですね~
それにしてもセレンディビティさんは何でも作ってしまうんですね^^
先日、撮影である高校の記念式典の撮影に伺ったのですが、
記念品のカステラを頂いたのですが、美味しかったです^^

シュウカツは、もうすぐうちの子供たちも切実な問題となります。
そろそろ、景気回復してもらわないと困ってしまいますね。

投稿: イザワ | 2010年11月22日 (月) 02時30分

☆ schatziさま ☆
schatziさんは、モンブランはあまりお好きではないのですね。
日本では人気のお菓子ですが、そういえば、アメリカでは見たことがないですね…。
クリームを混ぜるだけで、簡単においしくできました☆

シューカツ、コンカツ、私は日本にいてもよくわかりません。(笑)
マスコミの言葉遊びのような気もします。

最近は、特に人気作家のものは、映画化やドラマ化を意識しているな~と感じることがあります。「ダヴィンチコード」私は逆に、原作は謎解きの過程がていねいに描かれていますし、宗教的な背景にも触れられているので、これを映画化するのはたいへんだろうな~と思いました。案の定、映画はちょっとドタバタな感じでした。さすがに2作目以降は、映画化のことを意識して書かれたと思いますが…。

「Brooklyn's Finest」早速ご覧になったのですね。
たしかにSATCの後ではギャップがすごいですね。up down
アメリカの都市部は、ストリート一本で
街の雰囲気ががらりと変わることがありますね…。

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2010年11月22日 (月) 08時14分

☆ ごみつさま ☆
モンブラン、おいしいですよね! 私も大好きです。
なんといってもあの栗味のクリームがおいしいんですよね~。
家で作ると、余ったクリームも残らずなめてしまうので
たいへん危険です。danger

石田衣良さんの小説は、私もこれが2冊目くらいですが、
時代の空気を読むのが、すごく上手な方だなと思います。
若い方に支持されるというのは、よくわかります。

この小説は、まだ今ほど就職が厳しくなかった頃の話で
いたって明るい雰囲気で描かれていました。
新聞を見ると、今年あたりはかなり厳しいみたいですね…。
本人の能力ではなく、生まれ合わせた時代の運・不運で
就職が決まってしまうのは、フェアではないなと感じます。
ある年齢の層がぽっかりいないというのは、
企業にとっても社会にとっても大きな損失になるでしょうね…。

↓ 高尾山の紅葉、ちょうど見頃でとても美しかったです。maple

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2010年11月22日 (月) 08時43分

☆ イザワさま ☆
うれしいことばを、ありがとうございます♪
お手軽に作れて、おいしくいただきました☆
カステラもおいしそうです!

普通に暮らしている分には、それほど不景気は実感しませんが
まだまだ就職状況は厳しいようですね…。
早く景気が上向きになることを祈ります。up

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2010年11月22日 (月) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/37767440

この記事へのトラックバック一覧です: モンブラン♪ / 「シューカツ!」:

« 高尾山の紅葉♪ | トップページ | 外苑の銀杏並木 &イタリアンランチ »