« 湯島のお蕎麦屋さん & 不忍池の紅葉 | トップページ | ポルトガル料理 「VILAMOURA」 »

「クロッシング」

ニューヨーク・ブルックリンの犯罪多発地域を舞台に、3人の警察官のそれぞれの苦悩を描いたサスペンス映画、「クロッシング」(原題:Brooklyn's Finest)を見に行きました。

ニューヨークが舞台のサスペンスということで楽しみにしていましたが… 救いのない、かなり重い雰囲気の作品でした。それでも平行する3つの物語がラストへと導かれていく構成はすばらしく、2時間強という長さにもかかわらず、最後までぐいぐいと引き込まれました。

     Rsz_20100813000201

エディ(リチャード・ギア)は、定年間近のベテラン警察官。余計な正義感を振りかざさず、退職までの日々を、無難に淡々と仕事をこなしてすごしています。目の前で犯罪が起こっても、それが自分の管轄外であれば、見て見ぬふりをすることも…。

麻薬捜査官のサル(イーサン・ホーク)は、家族思いのいいお父さん。喘息の妻と子どもたちのために、環境のいい広い家に引越すことを願っていますが、まとまった頭金がなかなか用意できず、捜査の途上で目にする大金に心が揺れてしまいます…。

潜入捜査官としてギャング仲間に出入りしているタンゴ(ドン・チードル)は、なかなか元の職場にもどしてもらえず、精神的に追い詰められる日々。さらに昇進を条件に、命の恩人であるギャングのボスに罠をしかける指令が出されます…。

映画では、3人の物語が平行して描かれていきますが、それぞれが重厚な人間ドラマになっていて見応えがありました。それぞれの物語は最後まで交わることはないのですが、3人がそれぞれの苦悩に決着をつけるために、ひとつの場所に導かれていくというクライマックスがみごとでした。

3人の中では、私はエディに一番共感を覚えました。意気に燃えた若い警官からは、「やる気のないおじさん」に見えてしまうエディですが、彼は長い経験の中から、ちゃんと押さえるべきところ、気を抜くところをきちんと理解しているのだと思いました。

定年退職した後のエディが、仕事としてではなく、初めて自らの正義感に突き動かされて犯罪に立ち向かう勇敢な姿は、重苦しい流れの中で、唯一の救いを与えてくれたように思いました。

          apple          apple          apple

気分転換に、最近作ったおやつから…。大森由紀子さんのレシピで、ガトー・オー・ポム(りんごのケーキ)を焼きました。

176_convert_20101117114712_2

たっぷりのざく切りりんごにラムレーズンを加え、少なめのケーキ生地をからめるようにして混ぜます。耐熱皿に流して焼いてできあがり♪ ちょっと焼き時間が長すぎてしまいましたがsweat01 素朴な風合いにできました。

180_convert_20101117114835

グラタンのように切り分けて、粉砂糖をふるっていただきます♪ りんごの甘酸っぱさが広がて、おいしい秋のおやつになりました。apple apple apple

|

« 湯島のお蕎麦屋さん & 不忍池の紅葉 | トップページ | ポルトガル料理 「VILAMOURA」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ここのところ忙しくて、ろくにブログも更新できず、さらにはコメントなどできるわけもなく、お久しぶりになってしまいました。(でも記事は読ませていただいていましたよ)
クロッシング、私も見たいと思っています。もう上映されているんですね。
3人のストーリーが最後に絡み合うのかと思っていましたが、そうではないんですね。
私も近いうちに見に行こうとおもいます。

投稿: olive | 2010年11月17日 (水) 13時03分

こんにちは!rain

わ~、これ面白そうですね!
予告編だけでもけっこうひきこまれました~。リチャード・ギアの制服警官姿がかっこ良い。lovely

私どちらかというと重たい雰囲気(作品の内容にもよりますが)の作品が苦手なので、どうかな~って思ったのですが、セレンディピティさんの記事を読ませていただくと内容的にも深みがありそうですね。

実はこの監督さんの「トレーニング・デイ」があまり好きじゃないのですが、今サイトで見てみたら「シューター・極大射程」「キング・アーサー」(これ大好き!ビデオも持ってます)の監督さんだっていうのもわかって物凄く見たくなっちゃいました。

ご紹介有難うございます。happy01

りんごのケーキ、こげこげ色が食欲そそります!(笑)apple

投稿: ごみつ | 2010年11月17日 (水) 15時23分

☆ oliveさま ☆
oliveさん、お忙しかったのですね。
しばらくお休みされていたので、ご旅行かな?と思っていました。
お疲れが出ませんように…。

クロッシング、oliveさんも気になっていらっしゃいましたか。
私、人間の内面を描いた作品は好きなのですが、
この作品はそれにしても、かなり重かったです。
見た後は、どんよ~りした気分になりました。
決してつまらないわけではないのですが、女性向きではないです…。
見に行かれるのでしたら、覚悟してご覧になってください。(笑)

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2010年11月18日 (木) 08時08分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。sun

以前「ミスティック・リバー」の記事を書かせていただいた時に
ごみつさんが重たい映画が苦手とおっしゃっていましたが
この映画も似たような、いやそれ以上に重たさを感じる作品です。
でも、構成が論理的にきちんとしてしていて、
一人ひとりの内面がていねいに描かれていると思いました。
この監督さんの他の作品は見たことがないので
今度ごみつさんお勧めの作品を見てみますね。

リチャード・ギアは、今回は珍しくしょぼくれた役ですが
最後にちゃんと、おいしいところを持っていってましたよ。(笑)

ケーキ、うっかり焼きすぎてしまいました。coldsweats01
でもりんごがたっぷり味わえて、おいしかったです。happy01

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2010年11月18日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/37701965

この記事へのトラックバック一覧です: 「クロッシング」:

« 湯島のお蕎麦屋さん & 不忍池の紅葉 | トップページ | ポルトガル料理 「VILAMOURA」 »