« メープル・クッキング♪ | トップページ | じゃがいもとたまねぎのサラダ &クリスマス風ワンプレート »

「漂泊の牙」

ヌマンタさんが、以前「止められない、止まらない」とご紹介されていて、どうしても読んでみたくなった本です。

Hyohaku_no_kiba熊谷達也 「漂泊の牙」

おっしゃるように、これは止まらなくなる。(笑) 熊谷達也さんの小説を読むのは初めてでしたが、最近読んだ本の中では、群を抜いておもしろかったです。ミステリーであり、冒険小説。エンターテイメントでありながら、背景となる世界は深く、読み応えがありました。

東北の山村で、妻が野犬に似た謎の野獣に襲われ、殺された… オオカミが専門という動物学者の城島は、狂おしい苦しみと悲しみの中で、妻を殺した動物の正体を突き止めるべく、雪深い東北の山の中へと躊躇なく踏み込んでいきます。

その後、同じ野獣によると見られる、第2、第3の惨劇が起こり、物語は意外な展開を見せていきます。妻を殺したのは、絶滅したはずのニホンオオカミなのか、それとも…。

動物学という科学的な視点と、東北地方に伝わるサンカとよばれる山の民の伝説。一見無関係な世界が、ひとつにつながっていくところに新鮮なおもしろさを感じました。狭い国土ながら、山ひとつ隔てて全く違う自然環境や文化が存在する日本…ひょっとしてこんな事件も起こりうるかも?と思わせる説得力がありました。

動物学者の城島を追うジャーナリストの恭子、そして刑事の堀越…と、それぞれに何かを背負っている登場人物たちが魅力的でしたが、なんといっても城島がかっこいい! 彼の目を通して描かれる東北の厳しくも美しい山の風景に、作者の自然に対する優しい眼差しと畏敬の気持ちが込められているように感じました。

この作品はできれば、映像化して欲しくない。そして、作者には、是非このまま硬派路線を突き進んで欲しいです。今度は、ヌマンタさんお勧めの(同じ作者が書かれた)「邂逅の森」も是非読んでみようと思います。

          cafe          cafe          cafe

最近、スティックタイプの飲物をあれこれ買って、楽しんでいます。

005_convert_20101211005036

熱湯を注ぐだけで、簡単にふわふわのラッテができます。各社からいろいろなフレーバーが出ていますが、私はロイヤルミルクティラッテとジンジャーチャイが気に入りました。紅茶の方が、インスタントに向いているのかもしれません。

008_convert_20101211005158 010_convert_20101211005309

以前いただいたカップヌードルのマグカップが、このスティックをまとめて立てておくのにちょうどいいサイズなんです。(笑) 今日はどれにしようかな~?と迷うのも楽しみ。一応ミルクを泡立てるクリーマーも持っていますが、手間をかけずに簡単に入れられるのが魅力です。

ちょっとカロリーは気になるものの、寒い冬を楽しみたいと思います♪

|

« メープル・クッキング♪ | トップページ | じゃがいもとたまねぎのサラダ &クリスマス風ワンプレート »

」カテゴリの記事

コメント

楽しんで頂けたようで、私も嬉しいです。たしかに私も安易な映像化はしてほしくないですね。東北の厳しい自然の美しさを肌身で知っている熊谷氏ならではの作品だと思います。
「邂逅の森」、是非ご一読ください。眠るのが大好きな私を明け方まで眠らせなかった傑作です。寝不足が怖くて、未だ再読していません。正月休みに読み返すつもりです。

投稿: ヌマンタ | 2010年12月11日 (土) 18時05分

今晩は!

わ~、私も熊谷達也さんの小説は、ヌマンタさんの記事を知ってから、読みたいな~って思ってました。
セレンディピティさん、早速お読みになったんですね。

しかしこれは相当面白そう。私も近いうちに是非読んでみようと思います。shine

そうそう、スティックタイプのこの手の飲み物って美味しいんですよね~。甘さやクリームの度合いとか、スティックならではの絶妙なバランスがあるんですよね。ほっと一息つける美味しさです。cafe

投稿: ごみつ | 2010年12月11日 (土) 23時24分

☆ ヌマンタさま ☆
おもしろい本を教えてくださって、ありがとうございました!
熊谷達也さん、東北や北海道の自然を舞台にした作品を多く書かれて
いるようですが、他の作品もいろいろ読んでみたくなりました。
次は是非、「邂逅の森」を読んでみます♪

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2010年12月12日 (日) 01時22分

☆ ごみつさま ☆
熊谷達也さんの本、とってもおもしろかったです♪
お時間がありましたら、是非お読みになってみてください。

スティックの飲み物、いろいろ出てますね~。
インスタントにしてはなかなかおいしくて気に入ってます。
カロリーは気になりますが、ちょっと甘いものが欲しいな…
という時に、ちょうどいいですね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2010年12月12日 (日) 01時28分

スティックタイプの飲み物、便利だし、なかなかおいしいですよね☆
最近ココアはずっとスティックタイプを使ってしまっています。
少し甘めなところがまたおやつ感覚で、クッキー1枚、我慢しようかな~という気になります。
ジンジャーチャイ、初めて知りました。
探して試してみたいです!
しょうが紅茶はよく飲むんですが、
濃いめのミルクティーならチャイっぽくなるかしら・・・?

投稿: ルプレ | 2010年12月12日 (日) 19時53分

こんばんは!
面白そうな内容の小説ですね^^
最近、小説を読んでいないのでお正月休みは少し読んでみたいと
思っていました。
これから寒くなっていく季節ですね。
暖かい飲み物が気軽に飲めるスティックタイプのものは
仰るように便利ですよね。
冬にキャンプに行ったことありますが、とても重宝したのを
思い出しました^^

投稿: イザワ | 2010年12月13日 (月) 00時28分

☆ ルプレさま ☆
ルプレさんも、スティックの飲み物、楽しまれているのですね♪
インスタントですが、なかなかおいしいですよね。
手軽に楽しめますし、種類もいろいろあってうれしいです。
そういえば、ココアのことをうっかり忘れていました。
今度試してみます♪

ジンジャーチャイは、伊藤園から出ています。
スパイシーな味わいが気に入っています☆
しょうが紅茶のミルクティもおいしそう!

投稿: ☆ ルプレさま ☆ | 2010年12月13日 (月) 01時15分

☆ イザワさま ☆
小説、おもしろかったです♪
イザワさんはお正月は少しゆっくりできるのでしょうか。
のんびり読書…というのもいいですね。
最近はスティックの飲み物もいろいろ種類が出ているので
楽しんでいます。気軽にいただけて、おいしいですね。
イザワさんは、冬にキャンプされたことがあるのですね@@
夜は寒そうですが、星がきれいでしょうね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2010年12月13日 (月) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/38024725

この記事へのトラックバック一覧です: 「漂泊の牙」:

» 漂泊の牙 熊谷達也 [ヌマンタの書斎]
止められない、止まらない。 いや、お菓子のCMではない。表題の本のことである。とにかく頁をめくる手を休ませない。通勤電車の車内でなければ、終点まで読んでいたい気持ちにさせられる。 熊谷氏の本には、以前徹夜読みを強いられた記憶があるので、警戒して帰宅しても、本は鞄のなか入れたままだ。しかし、読みたい気持ちに変りはなく、いつもよりも一時間早く起きて、早めの出勤途上で読み切った。 まったくもって感服、完敗、感謝である。こんな本こそ待っていた。脱線好きの私は、小説を読みながらも、ついつい余計な事を考え... [続きを読む]

受信: 2010年12月13日 (月) 17時21分

» 熊谷達也「漂泊の牙」 [お花と読書と散歩、映画も好き]
nbsp; 集英社文庫2002年11月 第1刷2009年6月 第15刷解説・吉野仁398頁 東北の大自然を舞台に幻のニホンオカミをめぐる人間模様を描いた動物冒険サスペンス 動物学者・城島の妻がオオカミと思われる野生動物...... [続きを読む]

受信: 2010年12月21日 (火) 21時57分

« メープル・クッキング♪ | トップページ | じゃがいもとたまねぎのサラダ &クリスマス風ワンプレート »