« 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 / スコッチロールキャベツ | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »

築地「幸軒」の焼売と「うおがし銘茶」

春一番が吹いた暖かい日、用事があって築地にでかけました。

009_convert_20110227020122 010_convert_20110227020318

隅田川のほとりにて。(左)は佃大橋と大川端リバーシティのビル群。川沿いの桜の木は、まだ硬い花芽をつけていましたが、来月頃にはきっとみごとな花を咲かせて目を楽しませてくれることでしょう。(右)は勝鬨橋(かちどきばし)方面です。

帰りに、以前Reiさんに教えていただいた、「幸軒」(さいわいけん)の焼売を買いに行きました。築地場外市場に本店がありますが、私は築地本願寺の裏手にある支店を訪れました。

外観は、会社員の人が次々とお昼を食べに入るごく普通の中華料理屋さん。売店はありませんでしたが、お店の中に入って「焼売をお持ち帰りしたいのですが…」と申し出ると、気持ちよく引き受けてくださいました。1個100円とのことで、私は12個包んでいただきました。

012_convert_20110227020416

大きい焼売ですね! とってもおいしそうです。

幸軒で焼売を買ったあとは、地下鉄築地駅の方に向かい、大好きな日本茶の専門店、「うおがし銘茶」を訪れました。築地にいくつかお店がありますが、築地本願寺の斜め前にある築地新店に寄りました。

013_convert_20110227020525

いつもは濃厚な「にゅう」を買うことが多いのですが、この日はクセのない「しゃん」にしました。店内にはゆっくり座れるスペースがあり、お品を包んでいる間に、お店の方がていねいに入れてくださるお茶がおいしい…。生き返るような気分です。

焼売は、夕ごはんにいただきました。

028_convert_20110227020819

蒸篭で蒸しあがったほかほかの焼売がおいしそう~♪ 中華街の焼売は、比較的お肉の割合が多く、ぎゅっと肉汁が閉じ込められているようなおいしさがありますが、こちらのお店の焼売は野菜が多めで、柔らかい仕上がりでした。ていねいに作られた、家庭的な味わいの焼売でした。

焼売に合わせて、この日は中華のメニューを用意しました。

022_convert_20110227020620 026_convert_20110227020716

(左)「豆腐とかにのクリーム煮」です。細切りにしたしょうがとねぎを炒めたら、かに肉(缶詰)と小松菜を入れ、スープ(ウェイパア・水・酒・塩こしょう)を加えて煮立て、ひし形に切った絹ごし豆腐を入れて煮込みます。豆乳を加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがり。

(右)「温泉たまごのスープ」です。中華スープ(ウェイパア・水・酒・しょうゆ少々・塩こしょう)で白菜とねぎを煮込み、温泉たまごに注ぎます。あさつきを散らしてできあがり。

030_convert_20110227020917

どのお料理も穏やかな味わいで、おいしくいただきました。

|

« 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 / スコッチロールキャベツ | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »

料理」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!
もしかして…築地のあのテラスですね~☆
気持ちが良い場所ですよね~。

うおがし銘茶さん、知りませんでした。
お茶の名前も個性的ですね。
今度行ってみたいです☆
しゅうまいも、セレンディピティさんのお料理も美味しそう!

投稿: ルプレ | 2011年2月27日 (日) 22時55分

☆ ルプレさま ☆
そうです! あのテラスです。先日は例の検診でした。
コートがいらないくらいに暖かい一日で
一気に春が近づいてきたような気がしました。

うおがし銘茶さんは、義母に教えてもらったのですが
たっぷりがぶがぶ飲める?おいしいお茶です。
お店もすてきなので、よかったら是非行かれてみてください。
焼売、見た感じは大きくてボリュームたっぷりですが
柔らかくあっさりして食べやすく、おいしかったです♪
この日は中華定食風の夕ごはんになりました。

投稿: ☆ ルプレさま ☆ | 2011年2月28日 (月) 00時31分

初めまして、わたしも築地幸軒(本願寺裏)のファンの一人です。
築地幸軒のシュウマイの写真検索から寄らせていただきました。
本文に本願寺裏の支店との記述がありますが。本願寺裏の方が古いお店で、築地場外の幸軒はあとからできて本願寺裏との関係はないようです。まぎらわしいのですが、本店支店の関係ではないようです。時間的に見れば本願寺裏は戦後すぐからで、場外はまだ35年前後だそうです。
ちょっと気になって突然ですがコメントかかせていただきました。

投稿: 幸軒ファン | 2015年10月15日 (木) 00時51分

☆ 幸軒ファンさま ☆
はじめまして♪
拙ブログに目を留めてくださり、ありがとうございます。

私は何かで見て、勘違いしていましたが
こちらは築地場外のお店とは関係がないのですね?
戦後すぐから続いていたということは
創業70年ということでしょうか。
長らく地元の方たちに愛されてきたお店なのですね。

ふわっと柔らかな焼売、おいしくいただきました。
今度はお店で食事もしてみたいです。

情報、ありがとうございました☆

投稿: ☆ 幸軒ファンさま ☆ | 2015年10月15日 (木) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/39030940

この記事へのトラックバック一覧です: 築地「幸軒」の焼売と「うおがし銘茶」:

« 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 / スコッチロールキャベツ | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »