« ごはんでパンを焼く♪ | トップページ | 「szechwan restaurant 陳」で飲茶ランチ »

「ヒア アフター」

クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン主演の映画、「ヒア アフター」(原題:Hereafter)を見に行きました。

タイトルのヒアアフターとは、死後の世界のこと。これまでリアルな人間ドラマを描いてきたイーストウッド監督らしからぬ?テーマですが、私はこれにはもっと深い哲学的な意味が込められていると感じました。映画を見た後は、静かで深い感動に包まれ、優しい気持ちにあふれました。

     Hereafter

冒頭から、アジアのビーチリゾートを襲う巨大な津波の、臨場感あふれる映像に圧倒されました。この津波に飲み込まれ、九死に一生を得たフランス人ジャーナリストのマリーは、生死の狭間で見た不思議な光景が忘れられず、その正体を探ろうと調べ始めます。

ところ変わって、サンフランシスコ。霊能者として、死者と会話できる特殊な能力を持つジョージは、人の秘密をも知り得てしまう自分の能力を呪い、苦悩しています。今はその能力を封印し、心穏やかな生活を送ることだけを願っています。

そしてロンドン。いつも頼りにしていた双子の兄を突然の交通事故で亡くした少年マーカスは、大好きだったお兄さんともう一度話がしたくて、霊能者を探し求めます。

映画では、マリー、ジョージ、マーカスの物語がそれぞれ平行して進みますが、やがて運命に導かれるように、マリーとジョージがそれぞれロンドンを訪れ、3人の物語が交錯していきます…。

私は、霊能者や死後の世界といった話は苦手で、この作品も予告を見た時には正直心がそれほど動きませんでした。でも映画を見て、イーストストウッド監督が描きたかったのは、そうした表面的でサイキックな話ではなく、もっと内面的な世界なのだと思いました。

死というのは肉体を失うことではあるけれど、その精神は残された者の心に寄り添い、いつまでも生き続けることができる…。ジョージと、少年マーカスの会話の中でそのことに気付かされ、私はあふれる涙を止めることができませんでした。

作品は、イーストウッド監督の人間愛にあふれていて、すばらしかったです。個人的には、イーストウッド作品の中で一番好きかも…。いつもいい作品を見た後は饒舌になる私も、この日は気持ちがことばになりませんでした。

音楽もすばらしかったです。大好きなラフマニノフのピアノ協奏曲の旋律が、少年マーカスを優しく包み込むように繰り返し流れていて、心に響きました。

|

« ごはんでパンを焼く♪ | トップページ | 「szechwan restaurant 陳」で飲茶ランチ »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

わ~、これもうはじまってるんですね!flair
試写会に行った友人のブログ記事を読んで、絶対に見に行こうと決めてたのです!

私ね~、セレンディピティさんとは反対で、もう、霊能者ものとか大好き!なんですよ。この作品はイーストウッドだし楽しみです。

明日、休みなのですが、ちょっと野暮用があるので、もし行けそうなら明日見に行ってみよう!と思ってます。happy02

投稿: ごみつ | 2011年2月20日 (日) 20時56分

☆ ごみつさま ☆
「ヒアアフター」この週末から公開でした。
私も楽しみにしていましたが、想像していたのとはちょっと違って
予想がいい意味で裏切られました。
これもイーストウッド・マジックでしょうか。
私、霊能者ものが苦手といいながら、「ゴースト」とか
「シックス・センス」とかは好きですし
結局のところ、作品次第ということかもしれません。coldsweats01

映画を見た後はただただ心を打たれた、という感じでしたが
後から、エピソードのひとつひとつが、どれもすてきだったな…
と思い返しています。もう一度見てみたい作品です。
ごみつさんもお時間ができましたら、是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年2月21日 (月) 01時18分

いつもながら新作をご覧になるのが早いですね!
私も霊能者とかそういう類いの話はあまり好きではないのですが、
この作品はクリント・イーストウッド監督、マット・デイモン主演ということでチェックしていました。
私は見たいなと思っていたのですが、彼がイマイチ乗り気じゃなくて、どなたかの感想をお聞きするのを待っていたところ、セレンディピティさんの感想を聞かせていただけてよかったです。やっぱり観に行こうと思います。

昨日、ようやくウォール街をレンタルしてみました。
久しぶりにTSUTAYAに行ったら、観たかったのにまだ観ていない作品がたくさんあって、観ても観ても追いつかないなぁと思いました。

投稿: olive | 2011年2月21日 (月) 11時36分

☆ oliveさま ☆
イーストウッドらしく、見る側の判断にゆだねる…というか
どう捉えるかによって、感じ方が変わってくる作品だと思いました。
決して派手な作品ではないので、アメリカでの人気も
今ひとつだったようですが…
レビューを見ても賛否両論という感じですが
私には心に響く、すばらしい作品でした。
是非ニュートラルな気持ちでご覧になってみてください。
oliveさんと共感できたら、うれしいです。confident

「ウォール街」は、新作「ウォール・ストリート」よりも
映画としてよくできていると思います。どうぞお楽しみに☆
ネットレンタルにしてから、TSUTAYAの店舗の方には
すっかり足を運ばなくなってしまいましたが
たまに行くと、新しい発見がありますね☆

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2011年2月22日 (火) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/38942009

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒア アフター」:

» ヒアアフター [ごみつ通信]
Hereafter2010年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド(演)マッ [続きを読む]

受信: 2011年2月25日 (金) 12時38分

« ごはんでパンを焼く♪ | トップページ | 「szechwan restaurant 陳」で飲茶ランチ »