« 沖縄(8) ルート58 ~ 美浜アメリカンビレッジ | トップページ | 沖縄(10) ひめゆりの塔 ~ 平和祈念公園 »

沖縄(9) 万座毛 ~ 南国ダイニング 海の家

ルート58を北へと向かって目指したのは、この日最後の目的地、「万座毛」(まんざもう)です。日が暮れるまでに、なんとかたどり着くことができました。

277_convert_20110420094952

海岸の切り立った崖に打ちつける強い波が、長い年月を経て、このような奇妙な形の洞穴を作りました。この角度から見ると、象の鼻のような形にも見えます。

私たちが訪れた時はまだ冬枯れていましたが、この岬には芝の野原が広がっています。「万座毛」とは「一万人が座ることができる野原」という意味で、琉球国王によって名付けられました。

287_convert_20110420095143

ざば~んと大きな波がやってくる度、洞穴を大量の海水が通り抜けます。いつかはこの洞穴がさらに浸食され、また違った風景を見せてくれるのでしょうね。

298_convert_20110420095537 294_convert_20110420095345

(左)岬はかなりの絶壁です。足元を見ると恐~い。><

(右)万座毛の反対側は入り江になっていて、万座ビーチが広がっています。入り江の向こう側に、ANAインターコンチネンタルホテルが見えます。

          pisces          pisces          pisces

夕食は、万座毛の近くにある「南国ダイニング 海の家」という居酒屋さん風のカジュアルなお店でいただきました。その名の通り、海岸にせり出すように建てられていて、目の前に絶景の海を見ながら食事ができます。

068_convert_20110420094359

とはいえ、私たちが着いた時にはすっかり日が暮れて、暗くなっていました。

お店の入り口には生簀があり、海の幸を中心とした沖縄料理が食べられます。フラッシュをたかずに撮ったので、ちょっとボケボケの写真になってしまいましたがsweat01 おつきあいくだされば幸いです。

074_convert_20110420094505 075_convert_20110420094601

(左)ふーチャンプルー。チャンプルーにもいろいろな種類がありますが、これは大きな車麩を使ったチャンプルーです。ランチョンミート(SPAM)、たまごといっしょに炒めてありました。

以前、マクロバイオティックのお店で車麩のフライを食べて、その鶏ひき肉のような食感に驚きましたが、今回も高野豆腐のような、厚揚げのような独特の食感に驚きました。車麩ってなかなか奥の深い食材だなあと思いました。

(右)近海魚のバター焼き。この日のお魚は、フエフキダイでした。スズキに似た白身のお魚で、身がほろほろに柔らかくほぐれました。淡白でおいしかったです。フエフキダイは沖縄ではタマンとよばれる、ポピュラーなお魚だそうです。

079_convert_20110420094651 080_convert_20110420100042

(左)ゴーヤのサラダ。旅行中、ゴーヤがすっかり気に入ってしまった私は、生のゴーヤにもチャレンジしてみました。ゴーヤはごく薄くスライスされていて、他の生野菜といっしょにいただくと、いいアクセントになっていました。

(右)ヒラヤーチー。沖縄風お好み焼きです。キャベツを入れずに薄く仕上げてあるところは、関西のお好み焼きよりも、韓国のチジミに似ていると思いました。素朴なスナックという感じです。

ちょっと調べましたら、ヒラヤーチーは家にあるもので簡単に作れるので、沖縄では外に出られない台風の時に食べる風習があるそうです。

このほか、あぐー豚のステーキや、焼きそばなどをいただきました。

081_convert_20110420094750

屋根の上にはおもしろい表情のシーサーがたくさんのっていて、賑やかに歓迎してくれました。

|

« 沖縄(8) ルート58 ~ 美浜アメリカンビレッジ | トップページ | 沖縄(10) ひめゆりの塔 ~ 平和祈念公園 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

この岸壁、凄いですね~。本当に面白い形に浸食されてますね。
確かにこの上に立ったら足がすくんじゃいそう~。
「ゼロの焦点」状態。(笑)

「海の家」さんのお料理は、今まで見てきた沖縄料理とはかなり感じが違いますね。鉄板焼き風で、どれもすごく美味しそう!ガッツリ!って感じですか?pig
ゴーヤのサラダ、美味しそうだな~。

シーサー人形可愛い!真ん中の2匹はビール飲んでますね。beer

投稿: ごみつ | 2011年4月20日 (水) 23時48分

こんばんは。
万座はビーチということで名前は知っていましたが、
崖をみると、ビーチという感覚とは程遠い迫力ある
景観ですね。
ここからの夕陽は美しそうですね。
南国の景観を観ながらの食事は食も進むことと思います。
今年は時間を作って仕事以外でプライベートな撮影旅行を
してみたいものです^^

投稿: イザワ | 2011年4月21日 (木) 00時32分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。cloud
この岸壁、「ゼロの焦点」も顔負けの迫力のある風景でした。
晴れた青空の下でしたら、また少し印象が違ったかもしれませんが
とにかくざば~ん、ざば~んという波が恐くて。
足元をのぞくと、スリル満点でした。

「海の家」さんは、どちらかという海の幸のお店なのですが
食べ盛りの息子がいたこともあって
がっつり系のお料理が多くなってしまいました。
私は、ゴーヤのサラダが気に入りました。

屋根の上にずらりと勢揃いしたシーサーがかわいかったです☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年4月21日 (木) 11時50分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。cloud
私たちが立ったこの場所から、前を見ると切り立った岸壁の万座毛、
後ろを見ると入り江の穏やかな万座ビーチ
と全く趣の違った風景が広がっていました。
この日は残念ながら曇り空でしたが
西海岸にあるので、晴れた日の夕景は
きっと美しいことと思います。

沖縄は絵になる美しい風景、何気ない風景がたくさんありました。
撮影旅行にはぴったりの場所かもしれません。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年4月21日 (木) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/39681848

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄(9) 万座毛 ~ 南国ダイニング 海の家:

« 沖縄(8) ルート58 ~ 美浜アメリカンビレッジ | トップページ | 沖縄(10) ひめゆりの塔 ~ 平和祈念公園 »