« 沖縄(14) 那覇 国際通り ~ 第一牧志公設市場 | トップページ | そば粉のパンケーキ & クリームチーズ・メイプルホイップ »

沖縄(15) 壺屋やちむん通り

公設市場でお昼を食べたあとは、そのまま市場本通りを抜け、「壺屋やちむん通り」へと向かいました。

「やちむん」とは、焼き物のこと。壺屋は17世紀の頃、琉球政府によって各地の陶工が集められ、焼き物の町となりました。比較的戦災の被害の少なかったこの地域には、今も当時の古い町並みが残っていて、数多くの窯元や焼き物屋さんがあります。

510_convert_20110428003040 511_convert_20110428003256

やちむん通りは石畳に整備されたすてきな散歩道。焼き物屋さんが並んでいて、一軒一軒見て歩くのが楽しい。

(右)壺屋焼とよばれる沖縄独特の焼き物。ぽってりとした土の温もりを感じる、素朴な風合いの器に心がなごみます。

517_convert_20110428003757 513_convert_20110428003510

器屋さんのほか、この通りにはシーサーのお店もたくさんありました。(もちろん、両方置いてあるお店も。) 素焼きのもの、釉薬のかかった彩色したもの、カラフルな粘土細工のようなもの…と、個性がいろいろあって楽しい。

521_convert_20110428004246_4

沖縄の集落を歩くとよく見かける「石敢當」(いしがんとう)。何か意味があるのだろう、と思っていましたが、やちむん通りでようやく謎が解けました。

シーサーと同じく、これも魔除けのひとつだそうです。魔物はまっすぐ進む性質があるため、三叉路や突き当りにこれを置いて、魔物が入ってこないようにするのだとか。(実際には、壁に表札のように埋め込まれていることが多かったです。)

518_convert_20110428004026_5

古い建物のもつ優しい表情が、壺屋焼の雰囲気にあって、またすてきでした。やちむん通りを終点まで歩いたら、また同じようにお店をゆっくり見ながらもどりました。

旅の記念に、私たちもシーサーと壺屋焼の器を買おうと思っていましたが、迷いに迷って、なかなか決まりません。結局、最初に見た、やちむん通りに入って比較的すぐのところにある、おばあちゃんがひとりで開いているお店(名前は失念しました)にもどりました。

060_convert_20110428075404 064_convert_20110428075517

(左)シーサーは、オーセンティックな素焼きのものにしました。それでも、表情や大きさがいろいろあって、ここに行き着くまでにさんざん迷いました。ほんとうは外に置くべきものですが、今は大切に、玄関の内側に飾っています。

(右)壺屋焼の器は、銘々のお皿にしようかと迷いつつ、大皿を買うことにしました。このお皿の、おおらかな青い模様に惹かれました。焼きの具合や絵筆のさばきがひとつひとつ違うので、選ぶのにずいぶん時間がかかってしまいました。お料理はもちろんのこと、素朴なクッキーをのせても絵になりそうです。

527_convert_20110428004434

帰りは、車を停めた県庁前まで「ゆいレール」に乗ってもどりました。47都道府県中、唯一鉄道のない沖縄県ですが、那覇市街周辺はモノレールが走っています。たった2駅でしたが、わくわくしながら車窓の風景を楽しみました。

          pisces          pisces          pisces

沖縄旅行記はこれでおしまいです。長くなりましたが、最後までおつきあいくださり、どうもありがとうございました。

|

« 沖縄(14) 那覇 国際通り ~ 第一牧志公設市場 | トップページ | そば粉のパンケーキ & クリームチーズ・メイプルホイップ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

とても充実した旅行でしたね。2泊3日ですか?
やむちん、ruriさんのブログで拝見する度素敵だな〜と思っていました。
セレンディピティさんがお求めになったものも素敵ですね!
何を盛ってもよさそうです。
シーサーもそれぞれお顔が違って選ぶのが大変なんですね。
私も沖縄旅行をしたらきっとシーサーを買っちゃうだろうなぁと思いました。

全部の記事にコメントはできませんでしたが、大変楽しく読ませていただきました。
これに刺激されて私も今年の夏いってしまうかもしれませんよ〜。

投稿: olive | 2011年4月28日 (木) 13時23分

☆ oliveさま ☆
旅行は3泊4日でしたが、観光中心の旅だったので
ずいぶんあちこちまわってきました。
私はどちらかというと薄手の陶器が好きでしたが
沖縄を旅している間に、やちむんのぽってりとした
素朴な風合いが大好きになりました。
旅行中、お店でやちむんとともにいただくお料理が
とてもおいしかったからかもしれません。
シーサーは夫がどうしても欲しいといってたのですが
かなり迷って決めていましたよ。

長くなりましたが、おつきあいくださり、ありがとうございます。
沖縄は四季を通じて楽しめますが
やはり夏はビーチですごせるのがいいですね!
いつか是非、楽しんでいらしてください☆

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2011年4月29日 (金) 08時14分

今晩は!cherry

今回の沖縄旅行は、とっても充実した楽しい時間だった事が、記事から伝わってきました。
このブログの記事、旅行の貴重な記録ですね。pencil

ブログの良いところって、人に読んでもらうために、自分もあれこれ調べたりする時間をとる事にもありますよね。
自分だけのための記録より、深く知って、人に伝えようっていう行動をとる動機になりますよね。

私も一緒に沖縄旅行をさせていただいた感じ(笑)で、とても楽しかったです。

お土産のシーサー達、かわいいですね。お皿もとってもステキです。shine

投稿: ごみつ | 2011年4月29日 (金) 23時51分

旅行に行って、迷うのはやはりお土産。
人にあげるお土産も迷いますが、何と云っても
自分の記念になる土産は本当に迷いますね。

そして意外にも、始めに入った店に戻って買うことが
多いです(私の場合^^)

今回のブログを拝読させて頂いて、あ、同じだ!
と思いました(笑

でも迷った分、満足感も多いですよね~^^v

投稿: イザワ | 2011年4月30日 (土) 04時22分

☆ ごみつさま ☆
長くなりましたが、最後までおつきあいくださり
ありがとうございました☆

ほんとうにおっしゃる通りですね。
読んでくださる方がいらっしゃるので
励みになって書き続けることができて、感謝しています。
記事を書くために資料を読み返したり
その時感じたことを思い出したりしながら
自分のことばにまとめることは、私にとっても楽しい作業でした。

シーサーやお皿は、旅のいい記念になりました。confident

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年4月30日 (土) 16時46分

☆ イザワさま ☆
旅の記念に買うものは迷いますね~。
イザワさんもやはり、最初のお店で見つけたものに
決められることが多いのですね!
やはり最初に見たものが、一番強く印象に残るのかもしれませんね。

さんざん迷いましたが
最後にお気に入りのものが買えてよかったです♪

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年4月30日 (土) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/39784278

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄(15) 壺屋やちむん通り:

« 沖縄(14) 那覇 国際通り ~ 第一牧志公設市場 | トップページ | そば粉のパンケーキ & クリームチーズ・メイプルホイップ »