« 沖縄(6) 琉球茶房 あしびうなぁ | トップページ | 沖縄(8) ルート58 ~ 美浜アメリカンビレッジ »

沖縄(7) 瑞泉酒造見学 ~ 金城町の石畳道

お昼を食べた後は、首里城近くにある泡盛の酒蔵、「瑞泉酒造」(ずいせん・しゅぞう)を訪れました。

238_convert_20110418102559_2 249_convert_20110418103447_2

首里城にある龍樋の泉に由来するこちらの酒蔵は、創業120年という泡盛の老舗です。行く前に電話で予約して、工場の中を見学させていただきました。

245_convert_20110418103018 246_convert_20110418103210

泡盛は、15世紀初頭にタイから伝わったラオロンというお酒が起源となっています。そのため、泡盛作りには今もタイ米が使われています。日本は(国内の農家の保護のため)米の輸入を制限していますが、泡盛作りに使われるタイ米については例外的に認められているそうです。

泡盛は、このタイ米に、黒麹(くろこうじ)を使うのが特徴的で、それによって泡盛独特の風味と香りが生まれます。黒麹を使う技術は九州に伝わり、焼酎作りにも使われるようになりました。

古酒は、素焼きの甕(かめ)を使って貯蔵することで、よりおいしく熟成されます。古酒を汲み出した際には、それより少し新しい酒を注ぎ足すことによって、古酒を活性化させ、古酒のおいしさをいつまでも変わらずに楽しむことができるそうです。

242_convert_20110418102817

工場を見学した後は、3種類ほど泡盛を試飲させていただきながら、お話をうかがいました。泡盛はクセがあるという思い込みがありましたが、工場を見学してからは、逆にそのクセが泡盛らしくておいしい!と感じるようになりました。我ながら単純ですが、これも旅のマジックでしょうか。

沖縄伝統の泡盛は、贈答にもよく使われますが、沖縄らしくてすてきだなあと思ったのは、赤ちゃんが生まれると、お祝いに名前と誕生日を刻んだ甕の泡盛を贈る風習があるそうです。成人すると、ちょうど20年の古酒ができる、というわけです。

193_convert_20110418105403

見学の記念に、こちらのお酒を買い求めました。ハイビスカスという沖縄限定の泡盛ですが、古酒でありながらさっぱりとした口当たりで飲みやすく、おいしかったです。

          bottle          bottle          bottle

瑞泉酒造を訪れた後は、ここからほど近い、金城町の石畳道を歩いてみました。

252_convert_20110418103800 256_convert_20110418104345

王朝時代には首里城から那覇まで続いていましたが、沖縄戦でほとんどが破壊され、今は金城町に300mほどのみ残っています。味わい深い石畳、石垣の道に沿って、昔ながらの家並みがところどころに残っていて、沖縄らしい風景を見ることができました。

272_convert_20110418105222 266_convert_20110418104708

かなり勾配のある坂道ですが、途中には休憩所があったり、大きな木が枝を広げていたり…と、気持ちのよい散歩道となっていました。

|

« 沖縄(6) 琉球茶房 あしびうなぁ | トップページ | 沖縄(8) ルート58 ~ 美浜アメリカンビレッジ »

旅行」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

初めまして、マイキーと申します。先週ちょうど下の子が修学旅行で沖縄に行って来ました。その際、お土産カタログで泡盛を頼んだのですが、それがちょうどこちら瑞泉酒造さんの「おもろ」というものでした。実は4年前、上の子が修学旅行へ行った際、同様に注文して夫がすっかり気に入ってしまった泡盛です。私は飲まないので全くわかりませんが、とにかく美味しいんだそうで、今回も絶対買うぞ~と届くのを楽しみにしていました。なんともタイムリーで、思わずコメントさせていただきました。

投稿: マイキー | 2011年4月18日 (月) 14時48分

瑞泉、有名ですよね。
お酒が好きな私ですが、泡盛はあまり飲んだことがなくて。
工場見学もできるんですね〜。面白そうですね。
石畳の道も風情がありますね。石畳に石の塀、瓦屋根の平屋建て。特徴的ですね。
今回の旅は那覇中心にまわられたのかしら?
続きも楽しみです。

投稿: olive | 2011年4月18日 (月) 15時07分

私、旅先の楽しみにしているのが、実は工場見学(笑
その中でも酒蔵の見学は結構、見させて頂きました。
泡盛の酒蔵見学なんて、良いですね~
酒蔵のなんとも言えない匂い・・・
大好きなんですよね~
で、ビール党なんですが(笑
でも泡盛の独特の味、沖縄の友人に飲ませてもらったのも
旨かった~・・・銘柄は忘れてしまいましたが^^;

投稿: イザワ | 2011年4月19日 (火) 03時44分

綺麗なブルーのビンですね!
沖縄の海の色のようです。

泡盛の酒蔵見学行ってみたいです^^ 良いですよね!  
赤ちゃんの時のお祝いにって、いいですね!!
20年ものって飲んでみたいです〜 ^^
良い旅をされていますね^^*v

投稿: Rei | 2011年4月19日 (火) 10時39分

☆ マイキーさま ☆
はじめまして。
コメント、どうもありがとうございます。

マイキーさんのお子さんも、修学旅行のおみやげに
瑞泉の「おもろ」を買って帰られたのですね。
それは奇遇でしたね! 私はこの日3種類試飲して、
「おもろ」も飲みましたが、ウィスキーのようなコクがあって
おいしかったです。お酒の好きな方は喜ばれるでしょうね。
沖縄県外ではなかなか手に入らないようなので
なによりのおみやげになりましたね。

修学旅行におみやげカタログ、というのはいいシステムですね!
親は好きなものをリクエストできますし、
未成年でもおみやげにお酒を買うことができますし(笑)

投稿: ☆ マイキーさま ☆ | 2011年4月19日 (火) 11時14分

☆ oliveさま ☆
泡盛は、なんとなくクセが強くて飲みにくいというイメージがあって
私もほとんど飲んだことがなかったのですが
旅とは不思議なもので、我が家では今ちょっとした
泡盛ブームになっています。工場見学で説明してくださった方から
泡盛への熱い思いが伝わってきたので、その熱が私たちにも
移ってしまったのかもしれません。(笑)
石畳の道、周囲の風景とともに
沖縄らしい味わいが感じられる、すてきな散歩道でした。
那覇は最終日にだけ訪れましたが
今回は中南部を中心とした旅になりました。

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2011年4月19日 (火) 11時23分

☆ イザワさま ☆
工場見学は楽しいですね。
私もワイン、ウィスキー、日本酒など…
旅先で酒蔵は結構見学しているかもしれません。(笑)
実は今回、オリオンビールの工場に行きたかったのですが
ちょうど工場を改築中とのことで、見学できませんでした。
泡盛は今まで私にはあまりなじみのないお酒でしたが
工場見学をして、一気に親しみがわいてきました。
タイ米を使っていることや、甕への注ぎ足しの方法など
初めて知ることがたくさんあって、興味深かったです。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年4月19日 (火) 11時32分

☆ Reiさま ☆
このブルーのボトル、ほんとうにきれいですね。
まさしく沖縄の海を表しているようですね。

泡盛の酒蔵見学、楽しかったです♪
いろいろと興味深いお話がうかがえました。
お誕生記念の風習は、私もすてきだな~と思いました。
20年後に…ってまるでタイムカプセルのようですね。

投稿: ☆ Reiさま ☆ | 2011年4月19日 (火) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/39656036

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄(7) 瑞泉酒造見学 ~ 金城町の石畳道:

« 沖縄(6) 琉球茶房 あしびうなぁ | トップページ | 沖縄(8) ルート58 ~ 美浜アメリカンビレッジ »