« 沖縄(5) 首里城 | トップページ | 沖縄(7) 瑞泉酒造見学 ~ 金城町の石畳道 »

沖縄(6) 琉球茶房 あしびうなぁ

首里城を訪れた後は、すぐ近くにある沖縄料理のお店、「琉球茶房 あしびうなぁ」でお昼を食べました。

036_convert_20110415082129_2

王朝時代の高級官吏の屋敷跡に建てられた民家を改築したお店だそうです。門から玄関へのアプローチには、亜熱帯植物が気持ちのよい木陰を作っていました。

022_convert_20110415081432

古い木戸を引いて玄関を入ると、すぐ横の窓際に何種類もの泡盛の古酒の壷(かめ)が並んでいました。

020_convert_20110415081258

店名の「あしびうなぁ」は、あしび=遊ぶ・楽しむ、うなぁ=庭という意味で、「私のお庭に遊びにおいで」「ようこそ私のお庭へ」といった気持ちが込められているそうです。その名の通り、L字形の建物に面して、手入れの行き届いたすてきな中庭が広がっていました。

白い小石を敷き詰め、水の波紋が描かれているところは日本庭園のようですが、その奥にベゴニアの花や南洋系の植物が植えられているところが、和琉折衷?といった感じでおもしろいです。

お庭に面して、眺めのよい広い縁側のお席がありましたが、まだ肌寒かったので、中のお部屋で食事することにしました。私たちは、メインのお料理に小鉢などがつく、お昼のセットを注文しました。

029_convert_20110415081717

こちらは、沖縄そばのセットです。沖縄そばは、日本のおそばとも、中華そばとも違う独特のおそばで、麺はうどんに似ていて、スープはかつおだしと豚のおだしを合わせたような、あっさりとした味わいでした。ラフティー(豚三枚肉の角煮)とかまぼこがのっていていました。

左に見えるのは、じゅーしーという沖縄の炊き込みご飯です。このほかもずく酢、こんぶとこんにゃくの煮物、デザートのパイナップルがついていて、素朴な沖縄らしい味が満喫できるセットでした。

030_convert_20110415081859

こちらは、ソーキそばのセットです。沖縄そばの一種ですが、ラフティーではなく、ソーキ(豚スペアリブ)がのっています。

031_convert_20110415082009

私は、ゴーヤチャンプルーのセットをいただきました。ゴーヤがこれでもか!というくらいたくさん入っていましたが、これがとてもおいしかったです。

実は以前は、ゴーヤはどちらかというと苦手だったのですが、今回の旅行がきっかけで大好きになりました。お店で何度か食べるうちに、かなり薄くスライスした方がいい等、ちょっとしたお料理のコツがわかってきて、勉強になりました。

お刺身は、何のお魚かうかがうのを忘れましたが、淡白でぷりっとして柔らかかったです。沖縄の素朴な器でいただく家庭的なお料理はどれもおいしく、ほっとしてくつろげました。

|

« 沖縄(5) 首里城 | トップページ | 沖縄(7) 瑞泉酒造見学 ~ 金城町の石畳道 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

わ~、これまたステキなたたずまいのお店ですね~。
こんな泡盛の古酒壺を見たら、泡盛好きじゃなくても、是非飲みたくなっちゃいそうです。bottle

おそばも美味しそうですね~。沖縄そばは、沖縄料理食べに行った時には、〆の1品で必ず頼みますよ!

ゴーヤは大好き!私、いくらでも食べられます。苦いから、確かに薄く切った方が食べやすそうですね。

↓の首里城の記事も興味深く読ませていただきました。観光のメインですよね。私もいつか是非訪れてみたいです。happy01

投稿: ごみつ | 2011年4月15日 (金) 16時16分

いい感じのお店!
沖縄に行った時にこの様なお店に行かなかったのが残念です。
先日、横浜で沖縄の物産展をやっていたので 沖縄そばとソーキそばを買って来ました。
美味しかったですが、この様な趣のあるお店で雰囲気を味わいながら
いただいたら格別に美味しかったのでは〜なんて思ってしまいました。
ゴーヤ、美味しいですね!
今年は、節電にいいゴーヤの緑のカーテンを作るのもいいなと思っています。
ゴーヤの実は、きっと小ちゃいのしか出来ないと思いますが〜 笑”(手入れが悪いから^^;)

投稿: Rei | 2011年4月16日 (土) 09時28分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。cloud
お返事が遅れて、失礼いたしました。sweat01

古民家をそのまま生かした、味わいのあるお店でした。
泡盛の古酒壷が、またお店の雰囲気によく合っていましたよ。

沖縄そば、はじめていただきましたが、おいしいですね。
スープやおそばが独特で、沖縄ならではのお味だなあと思いました。
泡盛で沖縄料理を食べて…〆の一品にぴったりですね。

ゴーヤが好きになったのは、自分でも不思議です。
今年の夏は、たくさん楽しもうと思います♪

↓ 首里城は、中国や日本の影響を受けつつ
琉球独自の文化が発展していた様子がわかって興味深かったです。
ここは日本ではない、琉球という全く別の国だったのだな~
と改めて実感しました。
高台からの眺めもよく、楽しい散策になりました☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年4月18日 (月) 08時03分

☆ Reiさま ☆
おはようございます。cloud
お返事が遅れて、失礼いたしました。

沖縄らしい味わいのある、とてもすてきなお店でした。
お店の雰囲気も、器も、沖縄料理によく合って
おいしくいただきました。
沖縄では、時々こうした古民家を改築したお店を見かけましたが
ひょっとしたら、最近の流行なのかもしれません。

Reiさんも最近、沖縄そばとソーキそばを召し上がったのですね。
私も最近沖縄料理が気になっているので
物産展があったら、足を運んでしまいそうです。

ゴーヤの緑のカーテン、すてきですね!
先日、節電のプロモーションで、ゴーヤの種をいただいたので
私も育ててみようかしら…。
難しそうですが、うまく育てられたらうれしいですね☆

投稿: ☆ Reiさま ☆ | 2011年4月18日 (月) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/39619300

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄(6) 琉球茶房 あしびうなぁ:

« 沖縄(5) 首里城 | トップページ | 沖縄(7) 瑞泉酒造見学 ~ 金城町の石畳道 »