« 広尾 「Burger Mania」 &有栖川公園散策 | トップページ | 「127時間」 »

「レッスン!」

BSにて、アントニオ・バンデラス主演の映画、「レッスン!」(原題:Take the Lead)を見ました。ニューヨークの社交ダンサー、ピエール・デュレイン氏がスラム街のすさんだ高校の生徒たちに社交ダンスを教え、やがて彼らはダンスを通じて大切なことを学んでいく…という実話に基づく物語です。

メリル・ストリープ演じる音楽教師が、ハーレムの小学生にヴァイオリン指導を通じて音楽を演奏する喜びを教えていく、やはり実話に基づく「ミュージック・オブ・ハート」という映画がありましたが、これはその社交ダンス版といった感じでした。

実は私は、こういう話にめっぽう弱いのです。音楽やダンスシーンも楽しく、最後にはさわやかな感動が残りました。

     Lesson

ヒップホップが大好きな生徒たちにとって、社交ダンスはお上品な白人のための時代遅れなダンス。全くやる気の出ない彼らに、デュレイン氏(アントニオ・バンデラス)はふと思いついて、ダンス大会で常勝しているモーガンを連れてきて、二人で情熱的なタンゴを踊ってみせます。

その官能的なダンスにひと目で魅せられた生徒たちは、ダンスレッスンにも身が入るようになり、さらには社交ダンス大会優勝をめざします。ガーシュインとヒップホップの音楽をリミックスさせて踊る彼らのダンスは、世界のどこにもないオリジナルな魅力にあふれていて、とてもかっこよかったです。

生徒たちは、父親がドラッグ中毒だったり、兄を発砲事件で亡くしていたり、それぞれ複雑な家庭の事情をかかえています。物語の前半では、生徒たちひとりひとりの人物描写や背景が描かれますが、このエピソードが後の社交ダンス大会でのダンスシーンに生きていました。

特に、誰と踊るか、いつも三角関係でもめていたサーシャと二人の男の子が、それを逆手にとって踊った刺激的なタンゴには圧倒されました。ダンスも音楽やアートなどと同じく、表現の芸術なんだなあということを実感させてくれたシーンでした。

デュレイン氏はダンスを通じて、相手を信じること、自分を信じること、そしてそのためのマナーを教えています。最初は紳士的なふるまいのデュレイン氏をからかい、あいさつも身についていなかった生徒たちが、後半になって見違えるように変わっていく姿がすがすがしかったです。

モデルとなったピエール・デュレイン氏は、孤独だったイギリスでの少年時代が、社交ダンスを習うことによって変わったというご経験があり、それがニューヨークでダンスプログラムを始めるきっかけにつながったそうです。詳細については、古いインタビュー記事を見つけたので、リンクしておきます。

boutique ピエール・デュレイン氏 インタビュー

アントニオ・バンデラスには、今までどちらかというとワイルドな印象を持っていましたが、この作品のどこまでもジェントルマンなダンス講師役はとてもすてきでした。彼がブロードウェイミュージカル(舞台)の「NINE」でグイドを演じた、というのがおおいに納得できる演技でした。

|

« 広尾 「Burger Mania」 &有栖川公園散策 | トップページ | 「127時間」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

この映画知りませんでした。
実話をもとにした映画なんですね。記事を読ませていただくと、とっても面白そう!
私もこういうお話は大好きです。
ジャック・ブラックの「スクール・オブ・ロック」も、ちょっとこんな感じの映画でしたよ。コメディ仕立てで、生徒は真面目で、先生がダメ男っていうのが逆なんですけどね。(笑)

バンデラスのダンスシーン見てみたいな~。
社交ダンスって、私も昔はお年寄りのため、もしくはハイソな人のためのダンスっていうイメージがありましたけど、「シャル・ウィ・ダンス」を見て考えが変わりました。boutique

どんな事でも、真剣に取り組むって大変な事だし、とてもステキな事なんですよね。
私もいつか是非この映画見てみたいです!happy01


投稿: ごみつ | 2011年6月18日 (土) 01時11分

実話をもとにした映画は見ていても納得しながら
見ることができますね。
なかには、こんなことある訳ないよね~、なんていうことが
実話であったりして驚かされることがあります。
こういった話は、勇気をもらえるようで、好きです!

投稿: イザワ | 2011年6月18日 (土) 03時37分

☆ ごみつさま ☆
私も偶然見たのですが、なかなかおもしろかったです。
映画の中の高校生が、素直でかわいいなーと思ったら
実際にデュレイン氏が教えていたのは小学生だったようです。
(やはり高校生くらいだと、生意気で難しいのかも…)
でもモデルとなったデュレイン先生も(外観はバンデラスとは
だいぶ違いますが(笑))紳士で、すてきな方でした。
「スクール・オブ・ロック」はロックがテーマなのでしょうか?
こちらもおもしろそうですね☆

バンデラスのダンスシーン、とってもすてきでした♪
ノーブルなワルツもよかったですが
ラテン系のタンゴのセクシーさにはしびれました。
生徒たちの踊るリミックスバージョンも楽しかったです。

社交ダンスによって、自尊心やマナーなどを学び
生徒たちが少しずつ変わっていくところが、すてきだなーと思いました。
よかったら、ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年6月19日 (日) 01時27分

☆ イザワさま ☆
実話がもとになっている映画というのは、説得力がありますね。
この作品も、モデルとなる先生は実在の人物ながら
そこにインスピレーションを得て作られた作品だそうです。
エピソードなどはフィクションで作られているようですが
こういう青春ものは大好きなので、楽しめました。
最後にはさわやかな感動が広がりました。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年6月19日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/40429617

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッスン!」:

« 広尾 「Burger Mania」 &有栖川公園散策 | トップページ | 「127時間」 »