« 「アバウト・ア・ボーイ」 | トップページ | ハッシュド・ビーフ & サラダ・ニソワーズ »

「収納上手にならなくてもいい 片づけのルール」

昨年からの断捨離ブームに震災の影響も手伝ってか、本屋さんで、整理、収納、片付け関係の本が特集されていました。美しい表紙の写真に惹かれて、つい手に取ってしまったのが、こちらの本。

     Syunozyozu

     収納上手にならなくてもいい 片づけのルール

写真や装丁がとてもきれいで、インテリア雑誌の感覚で、ついパラパラとめくって見たくなる本です。料理家さんや、雑貨・インテリアショップのオーナーさんの片づけ術は、その方のお仕事や考え方が反映されていて興味深い。

あれこれノウハウやら、実例やらが紹介されていますが、ざっと見たところ、ポイントは次の2点にほぼ集約できます。
  clip すべての物の置き場所を決める。
  clip 出したものは必ずもとの置き場所にもどす。

簡単なことですが、これを実行するのがなかなか難しい。sweat01

とはいえ、まずは試しに洋服(クローゼット)の整理で実践してみました。アイテムごとに色別にきれいに見えるように並べただけですが、これだけでかなりすっきりとした印象になって、私としてはびっくり。

そしてこうすることで、いかに自分が同じようなテイストのものばかり持っているかがわかって、愕然としました。(常にきちんとされている方には、何を今さらと思われるでしょうが…) 無駄をなくすためにも、この方法、有効だと思いました。

私の場合、特にキッチン関係(食器・調理道具・食品・料理本など)が非常にまずい状況なので、早くなんとかしたいと思います。

          clover          clover          clover

週末にお祝いごとがあり、懐石料理のコースをいただきました。

010_convert_20110602075601 012_convert_20110602075652

014_convert_20110602075801 016_convert_20110602075855

日本料理は、目で、舌で、五感で味わう芸術だということを改めて実感しました。お節料理も、昆布=喜ぶ、数の子=子孫繁栄といったようにそれぞれ意味がありますが、季節感に加え、食材やお料理、器によってお祝いの気持ちが表現されているところがすばらしい。おもてなしの心を感じました。

この日は台風が近づいていて、あいにくのお天気。お庭の風景は楽しめませんでしたが、美しく繊細なお料理の数々を満喫しました。

|

« 「アバウト・ア・ボーイ」 | トップページ | ハッシュド・ビーフ & サラダ・ニソワーズ »

グルメ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ~
ただいま整理整頓強化期間中の私としてもこちらの美しい
装丁の本、気になりますぅ~
セレンディピティさんのおっしゃる事に同感!
私もクローゼットにきれいに吊り下げられた自分のワードローブが
見事に黒、紺、グレーばかり、それも無地かストライプONLYで
唖然としましたもん。 柄物はなんと一点も無し…
それだけコーディネートし易いという利点はありませけどねぇ~
ステキなお祝いのお膳ですね☆
器ひとつひとつに魅入ってしまいました♪ 真似っこしたいけど
残念ながらこんなステキな器がうちにはなぁ~い!

投稿: ゆず | 2011年6月 2日 (木) 11時53分

地震で壊れた本だなの整理が、いまだ終わりません。部屋のいたるところで、本が山積みになっています。片づけたいのは山々なのですが、片づけ出すと読みだす悪癖が治らず、未だ終わりません。困っているのは事実ですが、楽しいのも事実。活字中毒の業は深いと思います。

投稿: ヌマンタ | 2011年6月 3日 (金) 12時31分

☆ ゆずさま ☆
最近、整理整頓、ブームですよね。
私の場合、キッチン関係をまずなんとかしなくちゃ、です。
洋服は冒険しても結局着なかったりしますし
好みのテイストでそろえるのが、いいのかもしれませんね。
この本、役立つかどうかはわかりませんが、
インテリアの本として楽しめました。

日本料理は、ほんとうに食する芸術だなあと感動しました。
器も、この季節だけ、とかこのお料理のためだけに
というのがあって、なんとも贅沢ですね。
左上はふたを取ってしまいましたが、
おしどりの形になっていたんですよ。

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2011年6月 3日 (金) 15時32分

☆ ヌマンタさま ☆
本棚の整理、たいへんですね。
でもゆっくりペースで片付けるのも、また楽しみですね。
我が家は地震の時は被害がなかったのですが
引越しの際にダンボール箱に入れていた文庫本が
何冊かゆがんでしまいました。
やっぱりちゃんと、時々めんどうをみてあげないとだめですね。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2011年6月 3日 (金) 15時37分

昨日コンビニで「断捨離」の雑誌版を目にしたところでした。
私も片付けが本当に苦手で、子供の頃よりむしろ大人になってからどんどん苦手になっていいる気がします。
彼が捨てられない人なのもあって、わが家は物で溢れかえっています。
私もスペースを決めて少しずつ片付けていこう、といつも思っているのですが…。
スッキリ暮らす。憧れですがなかなか難しいですね。

投稿: olive | 2011年6月 4日 (土) 09時12分

☆ oliveさま ☆
今ほんとうに断捨離ブームですよね~。
震災が、今までの生活を見直すきっかけにもなっているようです。
私から見ると、oliveさんはいつもすっきりとした
生活をされているので、片付けが苦手だなんて信じられません。
私の場合、「とりあえず」取ってあったものが
いつの間にかスペースをとっている、という気がしています。
やはり時々、身の回りをチェックしないといけないですね。

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2011年6月 5日 (日) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/40230295

この記事へのトラックバック一覧です: 「収納上手にならなくてもいい 片づけのルール」:

« 「アバウト・ア・ボーイ」 | トップページ | ハッシュド・ビーフ & サラダ・ニソワーズ »