« 「リトル・ランボーズ」 | トップページ | 「SUPER 8/スーパーエイト」 »

「ル・クルーゼのMENU(ムニュ)」

図書館で、平野由希子さんのお料理本、「ル・クルーゼのMENU(ムニュ) 日々のごはんと、季節の味と」を借りました。

   Menu_de_le_creuset_3

ル・クルーゼを使ったお料理の本をたくさん出されている平野由希子さん。この本では平野さんが主にブログで紹介した日々のお料理が、12ヶ月に分けて編集されています。季節ごとのお献立のヒントが見つかりますし、力みすぎないテーブルセッティングも魅力でした。

横長の小さな冊子は邪魔にならず、表紙もすてきなので、いつも手元に置いておきたくなります。お料理はすべて、ル・クルーゼを使って作られていましたが、厚手のお鍋やフライパン、耐熱容器などで代用できると思います。いくつか作った中からご紹介させていただきますね。

017_convert_20110708081816

chick 鶏肉とじゃがいものタイム焼き chick

いわゆるローストチキンで、本では骨付きのもも肉を使っていましたが、私は一口サイズにカットした鶏もも肉でカジュアルに作りました。冬向きのお料理ですが、オーブンに入れっ放しでできる手軽さは季節を問わず魅力的。シンプルながら、味わい深いお料理です。

014_convert_20110708081548 016_convert_20110708081718

  1. フライパンにオリーブ油を熱し、鶏もも肉の表面をこんがり焼きます。
  2. 鍋に一口大にカットしたじゃがいもを敷き、オリーブ油をたら~りして塩こしょう。1の鶏肉をのせて、タイムの枝をたっぷりのせ、そのままオーブンに入れてじっくり焼きます。

006_convert_20110708082029

pig あさりと豚肉とキャベツの蒸し煮 pig

  1. 鍋にオリーブ油とにんにくのみじん切りを熱し、1cm厚さにカットして塩こしょうした豚バラ肉を焼きます。
  2. さらにキャベツを加えてざっと炒めて、白ワイン、赤唐辛子、タイムの枝を加え、ひと煮立ちしたらふたをして蒸し煮にします。
  3. あさりを加えてさらに蒸し煮し、口が開いたらできあがり。

キャベツ、豚肉、そしてあさりから出る旨味が相乗効果となって、とてもおいしい。じんわり味のしみたスープも絶品です。

004_convert_20110708082232

pig スペアリブのマスタード煮 pig

マスタード煮は時々鶏肉で作りますが、スペアリブにもよく合いました。ボリュームのあるスペアリブが、夏らしいさっぱりとした風味でいただけます。

  1. フライパンにオリーブ油を熱して、スペアリブをこんがりと焼いたら、取り出して鍋に入れます。
  2. 1の油をふきとって新しいオリーブ油を熱し、今度はたまねぎの薄切りをしんなりするまで炒め、1の鍋に入れます。残ったフライパンに白ワインを入れてひと煮立ちし、これも1の鍋に入れます。
  3. 鍋にブイヨン、ローズマリーの枝、ベイリーフを加えて煮込みます。最後に粒マスタードをたっぷり入れて、塩こしょうで味を調えてできあがり。

012_convert_20110708082343_2

chick 鶏肉とじゃがいもの辛味煮 chick

韓国風鶏肉じゃが、といった感じのお料理でした。ピリ辛味で、ごはんにもよく合います。

  1. じゃがいもは皮付きのまま、柔らかくなるまでゆでておき、一口大にカットします。
  2. 鍋にごま油を熱し、一口大にカットした鶏もも肉、1のじゃがいも、ぶつ切りにした長ねぎを入れて炒めます。料理酒をざ~っと入れたら、砂糖、しょうゆ、食べるラー油を加え、ことこと煮込んでできあがり。

どのお料理も簡単にできておいしく、我が家の定番の味になりそうです。

|

« 「リトル・ランボーズ」 | トップページ | 「SUPER 8/スーパーエイト」 »

料理」カテゴリの記事

料理本」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ~
どのお料理もお写真からステキな匂いが香ってきそう!
煮込み鍋ならではのお料理ばかりですねぇー
ムニュっていうところが平野さんらしいですね☆
最初の3品は似たような感じで作った事がありますが
ジャガイモの韓国風は新鮮!
豆板醤やコチュジャンで作った事はあったけれど
食べるラー油なのですね。
これ、さっそくマネっこ決定ですぅ♪

投稿: ゆず | 2011年7月 8日 (金) 17時06分

あさりと豚肉とキャベツの蒸し煮、美味しそうですね!
キャベツがいいお味になっていそう^^
ヘルシーな感じで、興味津々です。
鶏肉とじゃがいもの辛味煮、私も豆板醤なら知っていましたが
食べるラー油で作るの初めてです。
面白い! 今度作ってみようと思います^^*

投稿: Rei | 2011年7月 9日 (土) 21時07分

☆ ゆずさま ☆
うれしいことばをありがとうございます♪
この本に載っていたお料理、どれも私好みで
平野由希子さんのル・クルーゼ本の中では一番気に入りました。
今度買ってしまうかも…。
最後の韓国風肉じゃが、以前稲田多佳子さんのレシピで
似たようなお料理を作ったことがあったのですが
今回はラー油を使うというアイデアが新鮮でした。
(本ではラー油とありましたが、私はなかなか減らない
食べるラー油を使いました。)
ピリ辛のお料理は、これからの季節にぴったりですね☆

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2011年7月10日 (日) 02時01分

☆ Reiさま ☆
あさりと豚肉とキャベツの蒸し煮、蒸し煮好きにはたまらなく
おいしくいただきました。
豚肉とキャベツの蒸し煮は何度か作ったことがあったのですが
それにあさりをプラスすることで、より複雑な味わいに
なった気がしました。材料からおいしいおだしが出ますし、
ヘルシーなのがうれしいですね。
鶏肉とじゃがいもの甘辛煮、
ラー油を使うというアイデアが新鮮ですね。
(本ではラー油でしたが、私はなかなか減らない
食べるラー油を使いました。)
よかったら是非お試しください☆

投稿: ☆ Reiさま ☆ | 2011年7月10日 (日) 02時10分

どれを頂いたらよいのか・・・迷います(笑
スペアリブのマスタード煮!かな~
夏にいかにボリュームのあるものを食べれるか!
と考えた時、私にはこのマスタード煮があっているように
思いました^^
美味しそうです!

投稿: イザワ | 2011年7月11日 (月) 03時12分

☆ イザワさま ☆
スペアリブのマスタード煮は、ボリュームがありながら
マスタードの酸味でさっぱりといただけて
暑い夏にはぴったりのお料理でした。
これから食欲が落ちて、夏バテする季節ですから…
どうぞ体調に気をつけておすごしくださいね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年7月11日 (月) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/40722973

この記事へのトラックバック一覧です: 「ル・クルーゼのMENU(ムニュ)」:

« 「リトル・ランボーズ」 | トップページ | 「SUPER 8/スーパーエイト」 »