« 真夏の夜のビル・エヴァンス | トップページ | アメリカン・バレエ・シアター 「ドン・キホーテ」 »

刑事コロンボ 「別れのワイン」

6月23日にお亡くなりになった俳優のピーター・フォークさんを追悼して、少し前にNHKで「刑事コロンボ」4作品を放映していました。私は最初の2作品は知らずに見逃してしまったのですが、先日、録画しておいた「別れのワイン」を見ました。

Columbo_wine_2

(画像はネットよりお借りしました。番組はカラー放映です。)

「刑事コロンボ」は、子どもの頃大好きだったドラマシリーズで、その中でも「別れのワイン」は印象深い作品でした。当時は子どもということもあり、ワインといえば赤と白の2種類しかないと思っていたので、ワインの世界がこんなに奥が深く、品質管理が難しいということを、この番組を通じて初めて知ったように思います。

今でしたら、(番組に出てきた)カベルネ・ソーヴィニヨンとかピノ・ノワールとか聞いても多少はわかるので、私も成長したなあと番組を見ながら感慨深く思いました。当時と比べて、日本人の生活の中にワインが広く浸透してきた、ということも大きいのでしょうね。

ワインの温度管理が犯罪を見破る鍵となっていたこと、犯人がだめになってしまったワインを片っ端から惜しげもなく捨てるシーンは、よく覚えていました。ただ、犯人はどうしてワインの貯蔵庫の空調を切ったのか、それがどうして被害者を殺したことと結びつくのか… 番組が終わってもわからず、もやもやしました。

すると、コロンボを研究している方のHPを発見! ようやく納得しました。(→コチラ) つまり、貯蔵庫に被害者を運びこんだ時にはまだ息があって、その後空調を切って閉じ込めたために、2日後に窒息死したこと。また、そうすることで死亡推定時刻を、犯人がニューヨークに出発した2日後にずらすことができたこと…。

捜査のためにワインのことを一から学び、犯人を逮捕する時にはすっかりワイン通になっていたコロンボ。それは犯人の一番の理解者になった瞬間でもありました。最後にコロンボが選んだとっておきのデザートワインで、別れの乾杯をする二人。犯人のコロンボへの賛辞のことばが、温かい余韻を残しました。

|

« 真夏の夜のビル・エヴァンス | トップページ | アメリカン・バレエ・シアター 「ドン・キホーテ」 »

TV」カテゴリの記事

コメント

私もコロンボ、大好きでした!
あのコロンボの始まりとエンディングの音楽・・・溜まりません^^
このお話もよく覚えています。
犯人が初めに分かっていて、どう、コロンボが追い詰めるか・・・
普通の犯人当ての推理ドラマとは違った手法が新鮮でした・・・

ピーター・フォークさんのご冥福をお祈りするとともに、
とても楽しませて頂き、感謝いたします。

投稿: イザワ | 2011年7月24日 (日) 01時08分

☆ イザワさま ☆
コロンボ、久しぶりに見ましたが、やっぱりおもしろかったです。
今ふりかえると、子どもが見ても楽しめる良質の番組でしたね。
TVドラマですが、時間がゆったりとってあって
映画のような重厚さがありました。

今回、テーマ曲を作曲したのが、(ムーンリバーなどで知られる)
ヘンリー・マンシーニだと知って驚きました。
すごく贅沢に作られていたんだなあと改めて思いました。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年7月24日 (日) 06時28分

今晩は。night

「別れのワイン」は、コロンボシリーズの中でも名作と言われてる1作ですよね。
よくリバイバルで放映されてるので、私も内容はよく覚えてます。

犯人のソムリエ役のドナルド・プレザンスの名演もあって本当に忘れられない作品ですね。
何と言ってもあのラストシーンが秀逸です。

セレンディピティさんが紹介してくれたページの方、凄いですね。「コロンボ」シリーズを見るためのとても良い手引きになりますね。

私もこの方の記事で大きな発見をしました!
ラストで、コロンボがもってくる「最高のデザートワイン」が、ず~~っと気になってたのですが、「モンテファスコーネ」っていうイタリアワインなのですね。

ず~っと高級ワインなのだと思ってましたが、コロンボが買える程度のワインなんですよ、実は。日本でも買えるみたい。今度通販しちゃおうかな~っとワクワクしてます。
http://www.winebiyori.com/products/detail.php?product_id=53256

懐かしく、楽しい記事、有難うございます。happy02wine

投稿: ごみつ | 2011年7月24日 (日) 22時42分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
「別れのワイン」久しぶりに見ましたが、いい作品だなあと思いました。
コロンボは犯人に対して、敬意を持って接しているのですよね。
それが最後に、なんともいえない、いい余韻を残して
くれたのではないかな…と思いました。
ワイナリーのおじさん、ほんとうに名演でしたね。
秘書役の女性、恐かった~。

ところで、最後のデザートワインに関する情報
ありがとうございました♪
わ、ほんとうにお手頃ですね。びっくり。
でもたしかに、ワインの価値(値段)は全般的に
当時に比べると、だいぶ下がってきていますよね。
私も飲んでみたくなりました~☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年7月25日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/40923018

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事コロンボ 「別れのワイン」:

« 真夏の夜のビル・エヴァンス | トップページ | アメリカン・バレエ・シアター 「ドン・キホーテ」 »