« 遠藤周作 「海と毒薬」 | トップページ | 東京都写真美術館 「世界報道写真展2011」 »

チキンのバスク風

最近のある日の夕食から。この日はメインディッシュに、「チキンのバスク風」を作りました。

006_convert_20110731003906

バスク風とはフランスのスペインとの国境に近いバスク地方のお料理。ピーマンやトマトといっしょに煮込む料理をいうことが多いようです。本ではタジン鍋を使って作っていましたが、私は厚手のフライパンとガラスのふたで対応しました。

  1. 一口大に切った鶏もも肉を、マリネ液(塩・こしょう・パプリカパウダー・カイエンペッパー・にんにくのみじん切り・レモン汁・オリーブ油)につけておきます。
  2. 赤ジャンボピーマン、ピーマン、たまねぎは1cm幅に切り、トマトは角切りにします。
  3. タジン鍋(フライパン)を熱して1の鶏肉を焼き、2の野菜を加えて炒めます。
  4. 野菜がしんなりしてきたら、1のマリネ液を加えてふたをし、蒸し焼きにします。

017_convert_20110731004223

野菜がとろりと柔らかく、たくさん食べられるのがうれしい。炒めて、蒸し焼きにする…という手軽さながら、ピーマンとパプリカパウダーの風味が豊かで、複雑な味わいです。

018_convert_20110731004318

メインディッシュは香りの強い野菜を使ったので、スープは淡白にヴィシソワーズ(じゃがいものポタージュ)を作りました。冷たくしていただくことの多いスープですが、この日は作りたてを温かくしていただきました。耐熱ガラスの器を使って、見た目だけは涼しげに。

010_convert_20110731004034 015_convert_20110731004127

(左)この日は久しぶりに、テーブルロールを作りました。焼きたてのパンは、ほかほかと柔らかくてやっぱりおいしい。生地をホームベーカリーで作ってから成形し、表面にオリーブ油をぬって、塩をパラパラして焼き上げました。クセがなく、食事によくあうパンです。

(右)ありあわせで作った、なんちゃってサングリア。氷の上から赤ワインとオレンジジュースを2:1くらいの割合で注いでかき混ぜ、レモンを添えました。甘すぎず、さっぱりいただけました。

Tajin_pot_2  タジンポットでつくる、今日のメインディッシュ

チキンのバスク風は、こちらの本を参考にしました。タジン鍋用のお料理本で、お鍋の選び方からスパイスについての解説なまで、初心者にもわかりやすく書かれています。お料理もモロッコ風、アジア風、ヨーロッパ風…と実にバラエティが豊富で、どれもおいしそう! いろいろ作ってみたいです。

どのお料理もフライパンで作れると思いますが、タジン鍋を使うと、きっと雰囲気が盛り上がりますね。

|

« 遠藤周作 「海と毒薬」 | トップページ | 東京都写真美術館 「世界報道写真展2011」 »

料理」カテゴリの記事

料理本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
このお料理、きっと好きになりそうです^^
好きな野菜がたっぷり!
とり肉も一口大というのが嬉しいです。
見た目の色鮮やかさもお気に入りです。
食べる前に撮影したくなり一品ですね^^

投稿: イザワ | 2011年7月31日 (日) 03時51分

☆ イザワさま ☆
うれしいことばを、ありがとうございます。
野菜と鶏肉の本来の旨味を、そのまま生かしたお料理
といった感じで、おいしくいただきました。
作り方はシンプルですが、香辛料のおかげで
複雑な味わいになりました。
お料理の写真は難しいです。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年7月31日 (日) 18時06分

セレンディピティさんのとは作り方が違いますが、鶏のバスク風はよく作ります。セロリやにんじんの細切りなど、冷蔵庫にあまっている野菜と鶏もも肉さえあればできるので、困ったときにいつもコレになってしまいます。子供達は、肉よりもかえってクタクタに煮えた野菜の方を多く食べます。野菜が美味しいですよね♪(私はセージを使い、肉は最初にソテーします)

バスク地方はスペインとフランス半々ですけど、料理はどちらかというとスペイン風かなと思います。家庭料理って感じですよね。タジン鍋は、魅力的ですけど場所とりそうで購入予定はありません…(苦笑)

投稿: schatzi | 2011年7月31日 (日) 23時45分

☆ schatziさま ☆
schatziさんも、鶏肉のバスク風、お作りになるのですね~。
野菜がくたくたになって、たくさん食べられるのがうれいしいですね。
私はピーマンが好きなので、よけいにおいしく感じます。
私もマリネした鶏肉を最初に焼いているので、
手順としてはschatziさんと同じですね。
でもschatziさんはセージを使うのですね!
これまた風味よくなりそうですね♪ 試してみたいです。

パプリカパウダーを使うあたり、私もスペイン風だなあと思いました。
フランスも、アルザス地方はどちらかというとドイツ料理ですし
地理的な影響を受けて、地方料理が発達しているところが
大陸ならではだなあと思います。おもしろいですね。

タジン鍋はインテリアアイテムとしては魅力的ですが…
場所をとりますし、フライパン&ふたで十分対応できるので
私もたぶん買わずにすませてしまうと思います。(笑)

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2011年8月 1日 (月) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/41021453

この記事へのトラックバック一覧です: チキンのバスク風:

« 遠藤周作 「海と毒薬」 | トップページ | 東京都写真美術館 「世界報道写真展2011」 »