« 林真理子 「下流の宴」 / ブルーベリーマフィン | トップページ | 「ル・クルーゼのMENU(ムニュ)」 »

「リトル・ランボーズ」

DVDで、映画「リトル・ランボーズ」(原題:Son of Rambow)を見ました。映画「ランボー」がヒットした1982年のイギリスを舞台に、映画作りに夢中になっていく2人の少年の友情を描いた、心温まる物語。ノスタルジーあふれる、とてもかわいらしい作品でした。

Son_of_rambow_3

ウィルは、家庭の信仰上の理由から映画やTVといった娯楽を一切禁じられている 11歳の男の子。ひょんなことから学校一の問題児、カーターと知り合ったウィルは、学校帰りに立ち寄ったカーターの家で、生まれて初めて映画「ランボー」を見て、大きな衝撃を受けます。

おとなしいウィルと、悪ガキのカーター。全くタイプは違うものの、それぞれ家庭に問題があり、孤独をかかえていた二人は、互いに惹かれあい、すぐに仲良くなります。ランボーの世界にすっかり魅了されたウィルは、自らを「ランボーの息子」と名乗り、カーターが監督となって、二人は映画作りに夢中になっていきます。

映画のネタ本となるのは、ウィルが聖書にびっしりと描きこんでいるイラスト。彼の想像の世界には、とてつもなくすてきなアイデアがたくさんあふれているのです。体を張ったロケの場面は危なっかしくて、見ていてひやひやしましたが、男の子の冒険の世界が垣間見えて、これまた楽しかったです。

フランス人留学生の登場で、二人の友情に小さな溝が生まれ、映画作りは思わぬ方向に向かいますが… 最後に、カーターの兄の粋な計らいによって上映された作品「ランボーの息子」には、ウィルとカーターのかけがえのない、すてきな宝物がたくさんつまっていました。

新しい世界を知るにつれ、表情がどんどん輝いていくウィル。厳しい戒律にがんじがらめになっていたお母さんが、ほんとうに大切なことに気づいてくだした決断に、心からの拍手を送りました。

|

« 林真理子 「下流の宴」 / ブルーベリーマフィン | トップページ | 「ル・クルーゼのMENU(ムニュ)」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

この作品、知りませんでした。

映画やテレビなどの娯楽を禁じられている厳格な宗教っていうと、きっとイーストウッド監督の「パーフェクト・ワールド」で誘拐される少年の家と同じかな?多分。

少年が深く影響を受けてしまう映画が「ランボー」っていうのも、面白いですね。男の子だったら、きっと夢中になりそう。

ランボーの息子たちが撮った映画ってどんな作品なんだろう?movie
そして、お母さんがそれを理解してくれた・・っていうところも嬉しいですね。

こういう小品で、お気に入りの作品を見つけると、嬉しくなりますよね。shine

投稿: ごみつ | 2011年7月 8日 (金) 01時25分

ランボーは衝撃的な映画でした。
スタローンが、野戦の最中に腕を怪我して、その場で
自分で針と糸で縫うシーンがありますが、あのシーンは
本当に怪我をしたスタローンのアイディアで実際に
縫ったそうです!
でも、こちらのランボー映画も子供の頃の純粋な気持ちを
思い出させてくれそうな、映画ですね。
この映画の存在を知らなかったのですが、観てみたいです!

投稿: イザワ | 2011年7月 8日 (金) 02時45分

面白そうな 映画ですね!
セレンディピティさんの記事を読んでいたら 引き込まれていきました。
子供の頃の冒険って、楽しいですよね!

投稿: Rei | 2011年7月 8日 (金) 08時34分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。cloud
この映画、昨年公開された時に気になっていましたが
最近DVDになったので、早速借りてみました。

この宗教、イーストウッドも映画で描いているのですね。
アーミッシュのようにコミュニティを作っているのならともかく
一般社会の中で娯楽をまったく排除した生活を送るのは
きついですよね。特に子どもにとっては。

いきなり「ランボー」とは刺激が強すぎました。
主人公の少年、人生初めての映画を見た夜はうなされてましたよ。(笑)

二人の作る映画は、アクション風にかっこつけていて
恐いシーンも一生懸命入れているのですが、なんだかかわいいんですよ。
でも最後に上映された作品を見たら、泣いてしまいました。 weep
お母さんのシーンも心に残りました。

かわいくて、ほっと心が温まる作品でした。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年7月 8日 (金) 10時47分

☆ イザワさま ☆
この作品、最近DVDになったのですが
イザワさんはきっと気に入られると思います。お勧めですよ!
「スタンド・バイ・ミー」のようなノスタルジーがあって
少年の冒険とか友情とかが描かれているので
男の方は特に、子どもの頃を懐かしく思い出されるのでは?
と思います。
かわいらしくて、心に響く作品でした。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年7月 8日 (金) 11時01分

☆ Reiさま ☆
とてもかわいらしい、すてきな作品でしたよ。
子ども時代を懐かしく思い出すような作品でした。
私たちが子どもの頃は、女の子も外で遊んでましたし
冒険もどき?もしたことがありましたが…
今の子どもたちは、家の中で遊ぶことが多くて
ちょっとかわいそうですね。

投稿: ☆ Reiさま ☆ | 2011年7月 8日 (金) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/40711087

この記事へのトラックバック一覧です: 「リトル・ランボーズ」:

» [映] リトル・ランボーズ [マイキーのドラマルーム]
 新聞の講評を読んで以来気になっていた作品。イギリス、フランス製作で、笑えて泣け [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 13時50分

« 林真理子 「下流の宴」 / ブルーベリーマフィン | トップページ | 「ル・クルーゼのMENU(ムニュ)」 »