« 刑事コロンボ 「別れのワイン」 | トップページ | 「サンシャイン・クリーニング」 »

アメリカン・バレエ・シアター 「ドン・キホーテ」

ニューヨークを本拠地とするアメリカを代表するバレエ団、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)の来日公演、「ドン・キホーテ」を見に行きました。場所は上野の東京文化会館です。

この日のプリンシパルは、シオマラ・レイエスさんとアンヘル・コレーラさん(ともに下の写真)の予定でしたが、コレーラさんの体調不良のため、急遽マルセロ・ゴメスさんに変更になりました。コレーラ目当てだったのでちょっと残念でしたが、舞台はとてもすばらしかったです。夢のような時間をすごしました。

Abt2

ドン・キホーテのストーリーは、いってみればスペイン版「男はつらいよ」。なにしろ出だしから、寅さんと同じく、夢のシーンから始まるのですから…。夢の中のドルシネラ姫に恋をしたドン・キホーテは、ドルシネラ姫を探す旅に出かけます。

旅先でドン・キホーテは、ドルシネラ姫によく似たキトリを好きになりますが、キトリにはバジルという恋人がいます。ところがキトリの父親が、二人の結婚に反対しています。そこで寅さんならぬドン・キホーテがひと肌脱いで父親を説得し、二人はめでたく結婚する…というお話です。

衣装や踊り、音楽…と舞台は古典をベースとしながらも、スペインのフラメンコや闘牛士など、民族的な要素がふんだんに取り入れられていて、陽気なラテンの魅力あふれる、とても楽しい作品でした。結婚を反対されたバジルが狂言自殺をはかるところなど、コミカルな場面もあって大笑いしました。

シオラマ・レイエスさんのくるくるよく動く表情、軽やかな身のこなしは、ちょっぴり気の強いスペイン娘のキトリのイメージによく合って、とてもキュートでした。マルセロ・ゴメスさん演じるバジルも、情熱的だけどちょっと軽めのラテンの男という雰囲気がよく出ていてよかったです。

第3幕の結婚式の場面は、仲間たち、闘牛士と踊り子のソロの踊り、キトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥ(一番の見せ場の踊り)と、テンポよく次々と踊りのシーンが展開して、その華やかさとテクニックのすばらしさに圧倒されました。大興奮のうちに幕が下りました。

帰ってからも、ドン・キホーテのCDを聴いたり、You Tubeで動画を探したりして、しばらく余韻を楽しみました。数年前のですが、ABTのドン・キホーテの最後の場面の映像を見つけたのでリンクしておきます。舞台の雰囲気は伝わると思います。超人的なクルクル回転をお楽しみください。

crown ABT - "Don Quixote" Coda

なお、ABTには加治屋百合子さんという日本人のソロダンサーの方がいらして、今回は「ドン・キホーテ」の別の回で、プリンシパルを演じています。今回の来日公演、震災の影響でどうなるか心配していたのですが、すばらしい舞台を見ることができてほんとうによかった。感謝しています。

|

« 刑事コロンボ 「別れのワイン」 | トップページ | 「サンシャイン・クリーニング」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

ドン・キホーテはオペラは見たことがありますが、バレエはきっともっと情熱的ですてきかも。いつか見て見たいなぁと思っています。夢の世界というのは正解ですね、バレエはとっても贅沢な時間を見るものに与えてくれますよね。いつも時間はあっという間に過ぎてしまいます。
ABTといえば、10年くらい前にABTを舞台にしたCenter Stageという映画があました(名前は確かABCとなっていたかと)。若いダンサーの卵達の恋愛や、自身の人生においてのバレエの意味について考える…といった映画でした。しかし、ストーリーよりも、バレエそのものの質がとても高い内容で、今でも年に一度ほど、娘と繰り返しDVDを観ています。当時の本物のABTのプリマが出演していました。

映画館で観ましたが、友だちと興奮しながらみたことを思い出しました(苦笑)当時、欧州での評価が軒並み高かった映画でした。

投稿: schatzi | 2011年7月25日 (月) 21時32分

☆ schatziさま ☆
ABTの公演、すばらしかったです♪ まだ興奮が冷めません。
「ドン・キホーテ」はなんといってもあの陽気さがいいですね。
音楽もストーリーも楽しいですし、古典的なパートもありますが
民族的な要素が多く、ちょっと土くささがあるところが、
また魅力だなあと思います。
schatziさんは「ドン・キホーテ」をオペラでご覧になったのですね。
音楽はバレエと同じでしょうか。舞台にはぴったりの題材ですね。

Center Stage、知りませんでした。ちょっと調べましたら
アメリカンバレエカンパニー(ABC)とあるので、
一応物語上は架空のバレエ団ということになっているようですが、
ABTのダンサーが俳優として出演しているのですね。
(余談ですが、「ブラック・スワン」でナタリーのダンスシーンを
一部吹き替えたのも、ABTの現役バレエダンサーです。)

ダンスシーンは、見応えがありそうですね!
是非見てみたいです☆

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2011年7月26日 (火) 11時47分

center stage、是非ご覧になってみてください。内容がブラックスワンに似てますよ。Center Stageの方は希望が持てる終わり方ですが、ブラックスワンはかなりサイコですね…

投稿: schatzi | 2011年7月26日 (火) 12時43分

☆ schatziさま ☆
Center Stage、早速見てみますね。
情報ありがとうございました☆

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2011年7月27日 (水) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/40948044

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・バレエ・シアター 「ドン・キホーテ」:

« 刑事コロンボ 「別れのワイン」 | トップページ | 「サンシャイン・クリーニング」 »