« チキンのバスク風 | トップページ | 恵比寿・日仏会館 「レスパス」 »

東京都写真美術館 「世界報道写真展2011」

恵比寿の東京都写真美術館で開催されている、「世界報道写真展2011」を見に行きました。オランダのアムステルダムで毎年開催されている世界報道写真コンテストの今年の受賞作品の中から、9部門64点が出展されていました。

World_press_photo_11

上の写真は、今回大賞に選ばれた作品で、アフガニスタン人女性ビビ・アイシャのポートレートです。撮影したのは、ユダヤ系南アフリカ人写真家ジョディ・ビーバー氏で、この写真が「タイム」誌の表紙を飾ったことで、世界に知られる写真家となりました。

私がこの写真を最初に目にした時の第一印象は、「なんて美しい人なんだろう!」でした。意志の強さを感じさせる、力のこもった眼差しに目が釘付けになりました。ところがよく見ると、鼻にぽっかりと穴が開いています。

ビビは夫の暴力に耐えかねて実家に逃げ帰ったところをタリバーンに捕まり、夫の名誉を汚したという罪で、夫により耳と鼻を削ぎ落とされました。その後、保護されてアメリカに渡り、カウンセリングと再生手術を受けたということです。

悲惨さを強調したみじめな姿ではなく、民族衣装に身を包んだビビの毅然とした美しい姿によって、背景にあるアフガニスタンの政情の実態や女性の人権問題が、鮮やかに浮かび上がってきます。女性を尊重する、女性写真家ならではの表現に心を打たれました。

このほか、ハイチの大震災をはじめ、タイ・バンコクでの武力衝突、パキスタンでの大洪水、メキシコ湾での原油流出事故など、その「時」を切り取る衝撃的な作品が多かったですが、どの作品にも、写真は一瞬にして100のことばを語る、ということを実感しました。

現代社会の問題を鮮烈な表現で描き出す作品が数多くある中で、世界の国々の普通の人々の暮らしを描いた作品は、私を旅の世界へと運んでくれました。ボリビアのロングスカートに山高帽で戦う伝統的な女性レスリング、インドの移動屋外映画に見入る人々の表情、といった作品に心がなごみました。

受賞作品は、こちらのサイトで見ることができます。
camera WORLD PRESS PHOTO 11 /WINNERS

なお今回のコンテストの対象ではありませんが、3月に起きた東日本大震災の爪痕の記録写真が、スライドショウで特別上映されています。東京での展示は、8月7日まで。その後は関西にて順次開催されます。

|

« チキンのバスク風 | トップページ | 恵比寿・日仏会館 「レスパス」 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

この写真がタイムの表紙になった時の事は良く覚えています。
とってもショッキングな写真だけれど、セレンディピティさんがおっしゃてる様に彼女の凛とした強い精神が伝わってくる写真ですよね。camera

写真は私も大好です。芸術写真やファッション写真も好きなのですが、やっぱり報道写真が一番好きです。

ご紹介のサイトの受賞作品を見ると、世界の残酷な現実を目の前につきつけられますね。平和な日本の中にいると、気づく事が出来ないこの世の中の姿に気持ちは愕然としてしまいます。

投稿: ごみつ | 2011年8月 1日 (月) 14時49分

こんばんは!
日本の日常に暮らしていても、色々な悲惨な事件は
ありますが、日本では、あり得ないような事件。
世界の報道写真の頂点に立った写真は、まさしく、
説明のいらない訴える力を持っていますね。

写真もジャンルが色々とありますが、その中でも
報道系の写真は、人に迫ってくるような訴える力に
圧倒されます。

投稿: イザワ | 2011年8月 2日 (火) 04時26分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。
ごみつさんは、やはりお仕事柄、タイムの表紙を
ご覧になっていたのですね。
一度見ると忘れられないインパクトのある写真ですね。
衝撃的ではあるけれど、女性の気高い精神が伝わってきて
何よりも訴える力があります。

報道写真は、その一瞬の中にドラマが凝縮されていて
心を揺さぶられますね。見て心地よいものではないけれど
いろいろなことを考えさせられます。

日本は政治的には一応平和ですが
今年は大震災、大洪水と自然の驚異に脅かされた年でしたね。
特別上映された震災の爪痕の写真を見て
改めてその甚大な被害に衝撃を受けました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年8月 2日 (火) 10時07分

☆ イザワさま ☆
おはようございます。
そうですね。日本は今年は自然災害の恐怖に突き落とされましたが
少なくとも国内に争いがなく、自由な心を持つことができて
理不尽な扱いを受けることがないだけでも
幸せだと思わなくてはいけませんね。

どのようなジャンルの写真でも、撮影者のメッセージが
伝わる写真には心をとらえられますが、
報道写真にはそこに社会的な使命を感じますね。
衝撃を受けることもありますが、いろいろと考えさせられます。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年8月 2日 (火) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/41035828

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都写真美術館 「世界報道写真展2011」:

« チキンのバスク風 | トップページ | 恵比寿・日仏会館 「レスパス」 »