« 瀬戸内(2) 醤の郷 「マルキン醤油記念館」 | トップページ | 瀬戸内(4) 高松 「天勝」さんの穴子棒寿司 »

瀬戸内(3) オリーブ公園 ~ 四方指展望台 ~ エンジェルロード

マルキン醤油記念館を訪れた後は、道の駅 小豆島オリーブ公園に立ち寄りました。オリーブ園のほか、レストランや宿泊施設まである広大な公園です。

084_convert_20110824014036

ゆるやかな傾斜に広がるオリーブの林、そしてその向こうに鏡のように穏やかな瀬戸内海、緑豊かな岬、広い空… と絵巻物を広げたように続く風景は、思わず息を呑む美しさでした。

小豆島にオリーブがやってきたのは、1908(明治41)年のこと。国内の他の地域では栽培がうまくいかなかったものを、唯一小豆島では試行錯誤を繰り返しながらも順調に成長し、安定的に収穫できるまでになりました。

もともと地中海原産のオリーブは、小豆島の気候によくあっていたようです。オリーブ栽培は、今では島の重要な産業のひとつとなっていて、2008年には植栽100周年を迎えました。

 096_convert_20110824014237  107_convert_20110824014518

小豆島はギリシャのミロス島と姉妹提携しているそうで、園内にはギリシャ風の建物もいくつかありました。(左)ギリシャ風車 (右)オリーブ園

 113_convert_20110824014828  121_convert_20110824015101

(左)小豆島におけるオリーブの原木。この一本の苗木から、小豆島の、そして日本のオリーブ栽培がはじまりました。

オリーブ公園を散策した後は、眺望を求めてあてもなく、車で山の高い方へとどんどん登っていきました。四方指展望台(しほうざし・てんぼうだい)という標識を見つけたので立ち寄ってみました。

137_convert_20110824015303_2

展望台といっても全く観光地化されていない場所で、人ひとりいませんでしたが、ここからの360度の眺望は、それはそれは見事でした。夕方のことで、少しガスに煙っていたのが残念でしたが、空気が澄んでいる時は、遠く瀬戸大橋や鳴門大橋も見えるそうです。

136_convert_20110824091520_3

渓谷の、荒々しい山肌も見えました。

143_convert_20110824015520_4

山から下りる途中で、お猿さんに会いました♪

最後に、エンジェルロードを訪れました。

147_convert_20110824015938

この写真ではわかりにくいですが、エンジェルロードは一日2回、干潮の前後4時間だけつながる砂の道です。この日の2度目の干潮が午後6時58分だったので、それに合わせて5時過ぎ頃に訪れましたが、既にしっかりとした道ができていました。

Angel_road (ネットよりお借りしました)

この写真だと、もう少し様子がお伝えできるでしょうか。道ができる瞬間は、(出エジプトの)モーセの前に道が開けるシーンのような、神秘的な風景が見られるのかしら…。いつか見てみたいです。

このあとは、土庄港から再びフェリーに乗って、高松にもどりました。

|

« 瀬戸内(2) 醤の郷 「マルキン醤油記念館」 | トップページ | 瀬戸内(4) 高松 「天勝」さんの穴子棒寿司 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

お醤油の記念館やこちらの公園、映画村と、小さい島でも
見所たっぷりでほんとうに魅力的なところですね。
展望台からのお写真、とってもきれいですねぇー
土庄港の写真に見えるのは全部小さな島かしら?
それともこれも陸続きなのかなぁ?
エンジェルロードっていう呼び方がロマンチックですね☆
日本のモン・サン・ミッシェルですね♪ (オーバー?!)

投稿: ゆず | 2011年8月24日 (水) 17時34分

こんにちは。sun

天気が回復してまたまた暑くなりましたが、せんだっての猛暑よりはだいぶラクでしたね。

↓のお醤油工場も趣があって素敵でしたが、今回の記事1枚目の写真は、
本当にきれいですね!
これは実際に目にしたら、素晴らしい展望だったろうと思います。
写真って現地の臨場感を伝えきれないのが口惜しいんですよね。四方指展望台からの眺めも見事です。

携帯でご紹介の風車は、このオリーブ園にあったんですね。気持ちの良い散策ができた事とと思います。clover

エンジェル・ロードも貴重な場所ですね~。紅海みたいにいきなりドラマチックに道は現れないだろうと思うけど(笑)道ができる瞬間に杖とか振り上げてモーゼごっこしたくなりますね。(笑)wave


投稿: ごみつ | 2011年8月24日 (水) 17時43分

☆ ゆずさま ☆
小豆島、もっとひなびた小さい島を想像していましたが
瀬戸内海では淡路島に続いて2番目に大きいとあって
意外と大きく、地形が変化に富んでいる、という印象でした。
小豆島独自の産業も多く、個性豊かな島でしたよ。
そして島から見る瀬戸内海の風景は、どこも穏やかで美しかったです。

それともう一度、展望台の位置と方角、地形を地図で確認したところ
どうやら写真に写っているのは土庄港ではなく、
映画村などがある、(地続きの)岬のようです。
たいへん失礼しました。sweat01 記事も訂正しておきます。

エンジェルロード、別名「天使の散歩道」とも呼ばれているようです。
とてもロマンティックな場所でしたが、「恋人の聖地」と
大々的に謳われているのには、少々閉口しました。><

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2011年8月25日 (木) 07時36分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます♪
ここのところまた暑さがもどってきましたが
日も短くなり、そこはかとなく秋の気配を感じますね。

写真にうれしいことばをありがとうございます。
風景の写真は難しいですね。今回記事にアップする時に
上下を少しトリミングしたら、少し実際に見た時の
自分の印象に近づいた気がしました。
この美しさが少しでもお伝えできたらうれしいです。

オリーブの葉、少しシルバーがかった柔らかなグリーンが
とても美しかったです。ハーブと同じ効果があるのか?
オリーブの林を歩くと、心が落ち着くのを感じました。

エンジェルロード、モーゼのようにドラマティックにはいかないと
思いますが(笑)、潮が引いて、少しずつ道が現われてくる様子は
さぞ神秘的だろうと思います。見てみたいです。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年8月25日 (木) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/41335710

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内(3) オリーブ公園 ~ 四方指展望台 ~ エンジェルロード:

« 瀬戸内(2) 醤の郷 「マルキン醤油記念館」 | トップページ | 瀬戸内(4) 高松 「天勝」さんの穴子棒寿司 »