« 瀬戸内(10) 大原美術館 | トップページ | 瀬戸内(12) 棟方志功さんの板画 ~ 本町散策 »

瀬戸内(11) 「旅館くらしき」の御膳 「豆吉本舗」

お昼近くになって、一時パラパラと雨が降りました。この日は、倉敷川沿いにある「旅館くらしき」のレストランで、お昼をいただきました。

351_convert_20110904020745

「旅館くらしき」は、もとは砂糖問屋だったそうですが、水運業の衰退を機に、大原氏の助言によって旅館に替わったそうです。(船頭さんのお話より) 白壁に黒い倉敷格子がきりりと美しい、趣のある佇まいでした。

346_convert_20110904022748

レストランからは、手入れの行き届いた美しいお庭が見えます。雨に濡れるお庭の緑が、なおのこと瑞々しく感じられました。私たちはお昼限定の「夏の散歩道御膳」をいただきました。

042_convert_20110904020526_3

二段の白木の箱御膳が運ばれ、とんとんと目の前で開かれると、その繊細な美しさに目を見張りました。十二に区切られた木箱には、季節の食材を使ったさまざまな小鉢料理がちょこんと入っていて、思わず歓声をあげてしまうほどのかわいらしさです。

【 お献立 】
サーモン重ね/小茄子田舎煮/冬瓜スープ煮 鶏玉子餡/豚しゃぶサラダ/鰻出汁巻き/貝柱胡瓜もみ/鱧茶碗蒸し/旬菜天麩羅/厚揚げ旨煮/水菜胡麻和え いくら/漬物三種/ココナッツ羹 オレンジ

関西風のおだしを効かせた繊細な味付けで、素材のおいしさがじんわりと伝わってきました。焼き物、揚げ物、煮物、蒸し物… バラエティに富んだお料理は、どれも作る方の技とおもてなしの心が感じられ、ひとつひとつワクワクしながら、おいしくいただきました。

  353_convert_20110904020930_2

「旅館くらしき」のお隣は、かつての砂糖問屋の蔵だったところが「豆吉本舗」(まめきち・ほんぽ)という豆菓子屋さんになっています。白壁になまこ壁が、清々しく美しい。

Mamekichi2_2  Mamekichi1

(どちらもHPよりお借りしました)

こちらのお店には何十種類もの豆菓子があります。おみやげ用に何種類か選び、それぞれ小さな黒い籠に詰めあわせにしました。豆菓子は全て味見することができますが、どれもおいしくて選ぶのに困りました。

028_convert_20110904022354 051_convert_20110904022040

自宅にも同じものを買い求めました。人気No.1の梅干豆は、見た目は梅干そっくりですが、それほどすっぱくなくさわやかな味わい。黒胡麻豆腐豆は穏やかな胡麻風味がおいしい。黒豆きららは炒った黒豆にザラメがアクセントとなって、バリバリといくらでも食べてしまいます。

このほかにも抹茶味やきなこ味、おつまみにぴったりのそら豆の豆菓子や、甘納豆などなど、とにかくたくさんありました。HPを見ると、京都のほか、倉敷、白川郷、松本、湯布院、草津など、どのお店も大都市ではなく、こじんまりと味わいのある町にあるところに、こだわりを感じました。

|

« 瀬戸内(10) 大原美術館 | トップページ | 瀬戸内(12) 棟方志功さんの板画 ~ 本町散策 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ~
西日本はなかなかチャンスがなくて倉敷も訪れた事が
ないのですがこちらを拝見していたら今すぐにでも
行きたいですぅー
お昼の御膳、ステキですね☆ 「夏の散歩道」なんて
オシャレなネーミング!
白木の御膳に夏の爽やかさや涼を感じられますね。
豆菓子も美味しそう。私も梅干豆、大好きです。

投稿: ゆず | 2011年9月 5日 (月) 16時50分

今晩は。cherry

倉敷、本当に素敵な町ですね~。どの写真を見ても、本当に情緒、風情が感じられますね。

「旅館くらしき」さんのお食事、良いな~。この御前、是非私もいただいてみたいです!!これは出てきたら私も歓声あげちゃう!踊っちゃうかも。(笑)

「豆吉」さんのお豆も美味しそう。特に梅干し!店内もステキですね。

これは、もう絶対いつか倉敷行きたいです。happy02

投稿: ごみつ | 2011年9月 6日 (火) 01時00分

☆ ゆずさま ☆
倉敷、とてもすてきな町でした。
関東からだと遠くて、なかなか行きにくいですが
こちら方面に行かれる機会があれば、
是非足を伸ばされるといいと思います。

この御膳、「四季の散歩道御膳」といって季節ごとに
内容が変わるそうです。
今回は「夏の~」でしたが、他の季節の御膳もきっとすてきでしょうね。
少しずついろいろ味わえて、楽しかったです。

豆菓子屋さんも、とてもかわいいお店でした。
梅干豆は見た目の楽しさもあり、小さな贈り物にぴったりですね。

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2011年9月 6日 (火) 12時58分

☆ ごみつさま ☆
倉敷、小さいながらもとても魅力的な町でしたよ。
歴史を感じさせる古い町並み、それでいてほっとくつろげる
温かさのある町でした。

「旅館くらしき」さんの御膳、お味もすばらしかったですが
とにかく見た目がかわいくて♪
ひとつひとつ、楽しみながらおいしくいただきました。

「豆吉」さんも、町の雰囲気にあうとてもすてきなお店でした。
梅干豆は見た目もそっくりで、楽しいですよね。

倉敷、ごみつさんもきっと気に入られると思います。
こちら方面にいらっしゃる時には、是非足を伸ばされてみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年9月 6日 (火) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/41496793

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内(11) 「旅館くらしき」の御膳 「豆吉本舗」:

« 瀬戸内(10) 大原美術館 | トップページ | 瀬戸内(12) 棟方志功さんの板画 ~ 本町散策 »