« かっぱ橋道具街でお買い物 | トップページ | 焼き野菜のサラダ & 野菜とソーセージのオイル蒸し »

「華麗なる賭け」 「トーマス・クラウン・アフェアー」

村上春樹さんの小説「1Q84」で、主人公の青豆が映画「華麗なる賭け」(原題:The Thomas Crown Affair)のフェイ・ダナウェイに似ている… というくだりを読んでから気になっていましたが、先日ようやくDVDを見ました。

  The_thomas_crown_affair

大富豪の実業家、トーマス・クラウン(スティーブ・マックイーン)が、スリルを味わうために人を雇って銀行強盗をし成功しますが、銀行の保険調査員のビッキー(フェイ・ダナウェイ)は彼が犯人だとひと目で見抜き、近づいていく… というサスペンス映画。1968年の作品です。

この作品、スティーブ・マックイーンもかっこいいですが、なんといってもフェイ・ダナウェイが魅力的でした。大きなつばの帽子にミニスカートという60年代のファッション、身のこなしや歩き方、表情、すべてがゴージャスでエレガント! ラストで見せる、悲しみと悔しさの入り混じった、なんともいえない表情も印象的でした。

強盗の場面はさくっと終わり、物語は二人の駆け引きが中心となっていますが、そのやりとりがまた、なんともおしゃれです。アメリカの古きよき時代の、大人の品格を感じさせる作品でした。

主題歌は「風のささやき」(The Windmills of Your Mind)。「シェルブールの雨傘」のミッシェル・ルグランの作曲で、ノエル・ハリソンが歌っています。歌詞は英語ですが、フランスのシャンソンを思わせる、憂いのあるすてきな曲です。シャープでかっこいい、オープニング映像とともに。

dollar The Windmills of Your Mind

「華麗なる賭け」が1999年にリメイクされていると知り、こちらも見てみました。ピアーズ・ブロスナン主演の「トーマス・クラウン・アフェアー」(原題:The Thomas Crown Affair)という作品です。

  The_thomas_crown_affair_1999

こちらは銀行強盗ではなく、ニューヨークのメトロポリタン美術館からモネの絵を盗み出す、という設定になっています。ピアーズ・ブロスナン演じるクラウン氏は、おとりの人を雇うものの、自分自身で盗んでいるところが画期的。謎の美女の登場もあって、ストーリーは凝った作りになっていました。

ただ、やはりオリジナル作品のもつ、あのエレガントな魅力にはかなわない… というのが正直な感想です。オリジナル作品へのオマージュとして、フェイ・ダナウェイがクラウン氏のセラピストとして登場。主題歌の「風のささやき」は、スティングが歌っています。

|

« かっぱ橋道具街でお買い物 | トップページ | 焼き野菜のサラダ & 野菜とソーセージのオイル蒸し »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は~。

「トーマス・クラウン・アフェア」は「華麗なる賭け」のリメイクだったんですね~~。今、はじめて知りました。coldsweats01

「華麗なる賭け」は実は未見で、この作品原題が「トーマス~」だったんですね。

この頃、マックイーンは本当にかっこ良かったし、フェイ・ダナウェイはきれいでした。shine
ちょうど私が映画雑誌を買う様になった頃は、2人ともいつも人気投票の上位にいたんですよね~。懐かしいな~。

映画のオープニングもステキですね。とりあえず「華麗なる賭け」は、必ず見てみたいと思います!happy01

投稿: ごみつ | 2011年10月 7日 (金) 00時12分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます♪
スティーブ・マックイーンとフェイ・ダナウェイ
ほんとうにすてきでした。
この時代の俳優さんは、まさに燦然と輝くスター shine ですね。
1960年代の作品、いろいろ見てみたくなりました。

映像も音楽も、く~っhappy02 というくらいに
おしゃれでかっこよかったです。
機会があれば、是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年10月 7日 (金) 08時41分

ピアース・ブロスナンの方は私も観た事があります!あの頃(90年代)、強盗映画が流行り始めていた覚えが、しかも成功するバージョンで(爆)。レネ・ルッソがしゃべるなんちゃってルーマニア語があれ?ドイツ語じゃない?と発見したのに笑えた覚えが(爆)アノ頃いろいろリメイクされていましたし、オーシャンズ・シリーズもアノ頃始りましたよね。ピアース・ブロスナンは、似たような映画After the sunsetに出ていました。あれも、盗みが上手く成功するというオチでした(笑)私が好きなSuccess Robbery(という言葉があるのか定かではありませんが)は、ショーン・コネリーのEntrapmentです。ただ、久しぶりに彼が主演だ、ということが嬉しかったのかも(苦笑)

それからセレンディピティさん、私先週、映画「コンサート」をやっと観ました!だいぶ前にご紹介していましたよね?最近やっと定期的に家におくられてくるDVDのリストにあがったので、オーダーしたんです。とても良かったです!クラシックは最高ですね!いい映画をご紹介いただいて、ありがとうございました!

投稿: schatzi | 2011年10月15日 (土) 00時46分

☆ schatziさま ☆
ピアーズ・ブロスナン版は、名画を盗むという設定がおしゃれでしたね。
たしかに成功する強盗ものは気分いいです。(笑)
そういえば、以前schatziさんに教えていただいたゲッタウェイも
ちょうどこの時期のでしたね。

「コンサート」ご覧になったのですね~♪
コメディタッチの作品ですが、ラストの音楽シーンが感動的でした。
共感していただけて、うれしいです☆

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2011年10月16日 (日) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/42316985

この記事へのトラックバック一覧です: 「華麗なる賭け」 「トーマス・クラウン・アフェアー」:

« かっぱ橋道具街でお買い物 | トップページ | 焼き野菜のサラダ & 野菜とソーセージのオイル蒸し »