« 午前十時の映画祭 「戦場にかける橋」 | トップページ | 東京都庭園美術館 「アール・デコの館」 »

スクエアケーキいろいろ

一辺15cmのスクエア型で作るケーキは、6つに切り分けると、家族で2日に分けていただくのにちょうどいい量です。卵2個分と材料も扱いやすい分量なので、ちゃちゃっと手軽に作れるのがうれしい。夏の終わりから秋にかけて作ったスクエアケーキいろいろ、まとめてご紹介します。

cherry cherry cherry 桃のケーキ cherry cherry cherry

011_convert_20111029014752_2 012_convert_20111029014850

ヨーグルト風味の生地に缶詰の桃のを並べて焼く、夏にぴったりの甘酸っぱいケーキです。粉砂糖をふるってミントの葉を散らし、さわやかに飾りつけしました。桃に限らず、いちじく、洋梨、りんご…と季節のフルーツで作りたいケーキです。

cafe cafe cafe 紅茶のフィナンシエ cafe cafe cafe

007_convert_20111029015523 011_convert_20111029015617

あまって冷凍しておいた卵白を使って、紅茶風味のフィナンシェを作りました。紅茶の葉はティーバッグを使うと細かい葉が生地になじみ、風味よくできます。細くカットして、スティックタイプに仕上げました。冷凍ブルーベリー、軽く泡立てた生クリーム、ミントの葉とともに。

drama drama drama ガトーショコラ drama drama drama

002_convert_20111029015004 011_convert_20111029015057

小麦粉を少なめにし、溶かしたチョコレートの風味を存分に生かしたガトーショコラ。秋にぴったりの、しっとりとした味わいです。粉砂糖をふるって、スティック状にカットし、冷凍ブルーベリー、軽く泡立てた生クリーム、ミントの葉で飾り付けしました。

apple apple apple りんごのケーキ apple apple apple

036_convert_20111029015202 043_convert_20111029015311

最後のりんごのケーキは、15cm角ではなく20cm角のスクエア型で作りました。りんごの素朴な風味がたっぷり味わえるケーキで、これからの季節、何度となく作ることになると思います。上にスライスアーモンドをびっしりと並べて焼き上げました。粉砂糖とシナモンをふるって、軽く泡立てた生クリームを添えてサーブしました。

|

« 午前十時の映画祭 「戦場にかける橋」 | トップページ | 東京都庭園美術館 「アール・デコの館」 »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

セレンディピティさんのつくるお菓子は、いつもとても美味しそうです!
やっぱり、暖かい気持ちがお菓子の写真からも感じられるんですよね~。cake

全部美味しそうですが、焼きりんごapple好きの私としては、やっぱり最後のりんごのケーキに魅かれます~。

四角いケーキは等分にカットしやすいのも良いですよね!restaurant

投稿: ごみつ | 2011年10月29日 (土) 21時27分

どれも撮影が終わった後に、食べたくなるようなケーキですね^^
撮影は、結構体力勝負的な面もあって、甘いものが食べたくなります(笑

投稿: イザワ | 2011年10月30日 (日) 03時47分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
うれしいことばをありがとうございます。

家で作る焼菓子は、お店の洗練されたお菓子と違って
素朴な味わいがあって私も大好きです。
これからの季節は、やはりりんごが主役!ですよね。
熱々の焼りんご、私も久しぶりに食べたくなりました~☆

四角いケーキはおっしゃるように切り分けやすいですね。
スティックに切るのと、スクエアに切るのとで
表情が変わるところも気に入っています。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年10月30日 (日) 10時51分

☆ イザワさま ☆
お仕事が終わった後にいただく、甘いものと温かい飲み物は
ほっとするおいしさがありますね。
きっと疲れを和らげる効果があるのでしょうね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年10月30日 (日) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/42731807

この記事へのトラックバック一覧です: スクエアケーキいろいろ:

« 午前十時の映画祭 「戦場にかける橋」 | トップページ | 東京都庭園美術館 「アール・デコの館」 »