« 十月花形歌舞伎 「義賢最期」「京人形」「御存知一心太助」 | トップページ | 銀座 「le 6eme sens d'OENON」 »

「ミケランジェロの暗号」

「ヒトラーの贋札」の制作スタッフによって作られたサスペンス映画、「ミケランジェロの暗号」(原題:Mein Bester Feind 英題:My Best Enemy)を見に行きました。

「ヒトラーの贋札」はナチスの紙幣贋造事件を題材にした重くてシリアスな作品でしたが(私は、これはこれで好きですが)、「ミケランジェロの暗号」は、同じ戦時下のナチスドイツが舞台にはなっているものの、コメディテイストあふれる楽しい作品でした。軽妙にて痛快なミステリーです。

  My_best_enemy

オーストリアで大きな画廊を営むユダヤ人のカウフマン家。兄弟のように仲良く育った息子ヴィクトルと、使用人の息子ルディでしたが、ルディはナチスに入隊。昇進のために、カウフマン家に代々伝わるミケランジェロの絵の隠し場所を上官に密告し、ヴィクトルの家族は収容所送りとなります。

ところがミケランジェロの絵は贋作であることが発覚。本物をなんとか探して政治的な交渉に使いたいナチスはヴィクトルを問い質しますが、その在りかは収容所で亡くなった父親しか知りません。ヴィクトルは別の収容所にいる母を助けるため、ナチス相手に危険な賭けに出ますが…。

ユダヤ人のヴィクトルと、ドイツ人のルディ。小さい時から親友だった二人が、今は敵味方となり、だましだまされ、立場が二転三転する駆け引きがテンポよく展開していくのが、おもしろかったです。

ナチスドイツを題材にした作品というと、ドイツ人に迫害され、ひたすら苦難の道を歩むユダヤ人が描かれることが多いですが、この作品では、ユダヤ人ヴィクトルが持ち前の明るさと、機転と勇気をもってこの困難を乗り越え、最後にドイツ人ルディの鼻を明かす、というのが痛快でした。

My_best_enemy_2

途中、ヴィクトルがルディに成りすますためにナチスの制服を着て、ルディをだまして収容所の格好をさせる場面があります。二人とも「自分こそがルディだ!」と、ナチスに主張しますが、誰も見た目だけでは、どちらがユダヤ人でどちらがドイツ人か区別がつきません。

そして、ナチスの制服を着たとたんに世界が180度変わったヴィクトルは、ルディに向かって「おまえがナチスの制服を着たがる理由がわかったよ。」と言います。こんなブラックユーモアも、私にはなかなか楽しめました。

|

« 十月花形歌舞伎 「義賢最期」「京人形」「御存知一心太助」 | トップページ | 銀座 「le 6eme sens d'OENON」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は!cherry

「ミケランジェロの暗号」って、ちょっとコメディテイストもあるライトな作品なんですね!意外!
ナチスものなので、けっこうシリアスドラマかと思ってました。

ドイツでもナチス時代を舞台に、純粋に娯楽映画を撮れるくらいの時代になってきたって事ですよね。
劇場はムリそうですが、DVDになったら是非見てみたいです。happy01

ナチスは軍服がめちゃくちゃかっこ良いんですよね~。

投稿: ごみつ | 2011年10月13日 (木) 23時40分

セレンさんこんにちは*

少し違うかもしれませんが、『ドイツ・社会主義』といえばいろいろな映画がありますが、私は「善き人のためのソナタ」を思い出します。
ナチスの雰囲気のような冷たい・厳粛な重い雰囲気から、物語が進むにつれほんわかとした気持ちになっていく所が好きです。

このミケランジェロの暗号も面白そうなので、私も観てみたいと思います^^

投稿: アサ | 2011年10月14日 (金) 11時30分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
この作品、予想とは違いましたが、痛快でおもしろかったです!

ナチスドイツが題材で、またこのポスターを見ると
シリアスな作品かな…?と思ってしまいますよね。
邦題を見ると、日本ではミステリー路線での集客を考えていたことが
うかがえますが、アメリカのサイトとかを見ると
コメディ扱いになっているようです。

正確にはオーストリア映画だそうですが、それにしても
ナチスドイツをネタにこういう作品が生まれる…というのは
感慨深いものがありますね。

ナチスの制服は、かっこいい将校さんが着るとさまになりますね☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年10月14日 (金) 12時24分

☆ アサさま ☆
こんにちは♪
「善き人のためのソナタ」タイトルは聞いたことがありますが
見たことがありません。
お話をうかがうと、なかなか味わい深い作品のようですね。
今度是非見てみたいと思います。

「ミケランジェロの暗号」なかなか楽しい作品でしたよ。
機会がありましたら、是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ アサさま ☆ | 2011年10月14日 (金) 12時32分

私にはやはり…抵抗が有ります(苦笑)ナチスをコメディタッチで、というのはここ5,6年流行のようで、ボコボコでていますよね。初めてドイツでヒットラーをちょっとコミカルに描いた映画が出とき、それはそれは論争を引き起こしていました。それと、ドイツ語圏が作成した作品と、ハリウッド作成とではこれまた反応が違いますね。ハリウッド作品は、作る側も観る側も、ドイツでは未だにかなりSensitiveです。同じ敗戦国日本とドイツの違いは、小学校からの教育の違いにあると思います。ドイツではきっちりと新しい世代にもドイツの過去を教えますから。若者に希望を与えてくれたのは、ドイツのWカップサッカーでした。あれ以来、かなり明るくなりました。

似たような映画で、ダニエル・クレイグ主演のDefienceという映画が有りました。ご存知ですか?リーヴ・シュナイダーと、ジェイミーベル(ビリー・エリオットの彼ですよ!)が出ていて、とても良かったデイガです。まだでしたら是非、ご覧下さい。

投稿: schatzi | 2011年10月15日 (土) 00時31分

☆ schatziさま ☆
この作品、部外者には気軽に楽しめましたが
ドイツでの評判はどうだったのでしょうね…。
特に当時を知る方たちにとっては、複雑な思いかもしれません。
当事国でなく、隣国オーストリアだったからこそ
作ることができた映画なのかもしれませんね。

Defianceという映画のことは知りませんでした。
ダニエル・クレイグ好きですし、是非見てみたいと思います。
ご紹介、ありがとうございました☆

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2011年10月16日 (日) 01時02分

本当に痛快な作品でしたね。コメディというほどコメディに徹していたワケではないと思うのですが、虐げられたユダヤ人が、機転を利かせてナチスをまんまと騙すあたり、見ていて楽しかった。「ヒトラーの贋札」も「ディファイアンス」も「善き人のためのソナタ」もそれぞれ素晴らしい作品ですが、これはこれでまた違ったタイプの良さがありますね。

投稿: マイキー | 2012年8月 8日 (水) 08時17分

☆ マイキーさま ☆
こんにちは。
この作品、ユダヤ人がナチの鼻を明かすというのが痛快でしたね。
コメディといってもおもしろおかしく描いているわけではなく
シニカルな笑い…というのでしょうか。
私はとっても楽しめました。
そうだ、「ディファイアンス」も「善き人のソナタ」も
まだ見ていません。近いうちにチェックしなくちゃ。

投稿: ☆ マイキーさま ☆ | 2012年8月 8日 (水) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/42485302

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミケランジェロの暗号」:

» [映] ミケランジェロの暗号 [マイキーのドラマルーム]
 新聞の講評だったか、何かで見て気になっていた作品だ。オーストリアの作品。「暗号 [続きを読む]

受信: 2012年8月 8日 (水) 08時01分

« 十月花形歌舞伎 「義賢最期」「京人形」「御存知一心太助」 | トップページ | 銀座 「le 6eme sens d'OENON」 »