« ピエール・ブール 「猿の惑星」 | トップページ | 「マネーボール」 »

中華白菜鍋 扁炉(ピェンロー)

イザワさんに教えていただいて、食べてみたくなり… 中華白菜鍋の扁炉(ピェンロー)を作ってみました。作り方はネットで検索して、舞台美術家の妹尾河童さんのレシピを参照しました。「河童のスケッチブック」という本で紹介されたレシピだそうです。

中国広西省の家庭料理だそうで、主役は堂々白菜。だしも使わず、味付けもせず、白菜が柔らかくなるまで40分ほど煮込むだけ… というシンプルさに、半信半疑で作ってみましたが、素材の旨味が十分に引き出されて、味わい深くおいしかったです。

030_convert_20111119090126_2

用意する具材は、白菜(白い部分と緑の葉の部分を分けて)、もどした乾し椎茸、豚バラ薄切り肉、削ぎ切りした鶏もも肉、緑豆春雨の5つだけ。ねぎやにんじんは入れず、野菜は白菜のみ、というのが鉄則らしい…。

白菜の白い部分を水(このとき、乾し椎茸のもどし汁もいっしょに入れる)に入れて、火にかけます。煮立ってきたら、椎茸、豚肉、鶏肉を加え、ごま油をたらたら~。白菜がくたくたに柔らかくなるまで40分ほど煮込みます。途中で白菜の緑の部分、最後に春雨を入れてできあがり。

032_convert_20111119090254

味付けは、取り分けてから各自でします。オリジナルレシピでは、粗塩と一味唐辛子となっていましたが、我が家は都合により、焼き塩と七味唐辛子になりました。

036_convert_20111119090400

少しだけ取り分けたおつゆにお塩を溶かし、できあがったお鍋の具を入れて七味をふっていただきます。シンプルな味付けですが、味わい深くておいしかった~。おつゆは後で粥(雑炊)にするので、くれぐれも飲みすぎないように…。

037_convert_20111119090459

具が少し残っている状態で、ごはんを入れて雑炊にしました。河童さんからすると邪道かもしれませんが、我が家はとき卵も入れてしまいました。

040_convert_20111119090558

こちらも同じく、お塩と七味で味付けして。はふはふしながら最後までおいしくいただきました。

|

« ピエール・ブール 「猿の惑星」 | トップページ | 「マネーボール」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

私がお教えした?!(笑)
そんな、恐れ多い・・・・・・・
撮影取材でご馳走していただいた時もシンプルで
素材の旨味を楽しむ鍋だな~と思いました。

セレンディピティさんのピエンローも美味しそう!
雑炊に卵もいいアイディアですね!
流石!!

これから寒くなっていきそうなので、我が家もこの鍋、
増えそうです(笑

投稿: イザワ | 2011年11月20日 (日) 02時52分

☆ イザワさま ☆
イザワさんにお聞きするまで、このお鍋の存在を知らなかったので…
おいしいお鍋を教えてくださって、ありがとうございました♪
おだしも味付けもいらない…というのが
私としては、シンプルすぎて逆に不安でしたが
素材からいいおだしがたっぷり出るので、
このままお塩だけでいただくのがおいしいですね。
まさに男の料理!ですね。
〆のたまご雑炊もおいしくいただきました☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年11月20日 (日) 10時05分

こんにちは!cherry

このお鍋、体も暖まりそうだし、冬にはピッタリのお鍋ですね。
お肉は豚と鶏と両方入れるんですね。それに乾椎茸が入るとなると、白菜にうまみがたっぷりとしみ込んでそうですね。

〆のおじやも美味しいだろうな~。

簡単そうですし、今度、是非是非トライしてみます!楽しみ!delicious

投稿: ごみつ | 2011年11月20日 (日) 15時02分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
おだしも調味料も使わず、ただことこと煮込むだけのシンプルな
お鍋ですが、素朴な味わいがあっておいしかったです。
お肉や乾し椎茸から、たっぷりといいおだしが出るのでしょうね。
くたっと柔らかい白菜が絶品でした。

冬の中国に思いを馳せながら?是非お試しください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年11月21日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/43066426

この記事へのトラックバック一覧です: 中華白菜鍋 扁炉(ピェンロー):

« ピエール・ブール 「猿の惑星」 | トップページ | 「マネーボール」 »