« 冬野菜のピクルス&ミネストローネ | トップページ | ジンジャーブレッドハウス♪ 2011 »

「ミレニアム 2 火と戯れる女 / 3 眠れる女と狂卓の騎士」 

先日見た「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」がおもしろかったので、第2作の「火と戯れる女」(Flickan som lekte med elden)、第3作の「眠れる女と狂卓の騎士」(Luftslottet som sprängdes)と続けて見ました。

movie 公式ホームページ (ミレニアム 2&3)

物語として完結していた第1作と異なり、第2作と第3作とでひと続きの作品となっていました。(公開もほぼ同時期だったようです。) どちらも2時間強の長編ですが、ある犯罪組織を追求していくうちに、ヒロイン リスベットの過去が明らかになり、それがさらに国家機密へとつながっていくスリリングな展開に引き込まれました。

Millenium_2  Millenium_3

第1作でハリエット失踪事件が解決して一年後、リスベットは依然姿を消したままでした。一方ミカエルが復帰した「ミレニアム」編集部では、東欧の人身売買組織を追っていましたが、担当ジャーナリストが殺害され、現場にはリスベットの指紋がついた銃が残されていました。

指名手配されたリスベットの無実を確信するミカエルは、真相を突き止めるべく調査を始めますが、そこでリスベットの生い立ちに関する秘密、そしてその背後にある巨悪な組織の存在に行き当たります。

組織の隠蔽のため、殺人罪と精神疾患によって封じ込められようとするリスベットを救うべく、ミカエルたちが立ち上がります…。

人ひとりの尊厳を徹底的に傷つけ、人生を封じ込めることが、いとも簡単にできてしまうことの恐ろしさ。その中で誰にも頼らず、たったひとりで自分を守り、戦い抜いてきたリスベットの強靭な精神力に改めて強く惹かれました。

挑戦的な外見や、黙して語らない態度から、誤解されがちなリスベットですが、彼女の無実を信じる元ボクサーやハッカーの友人、患者として徹底的に守りサポートする主治医、そして危険を顧みないミカエルと編集部の仲間、弁護士として戦うミカエルの妹アニカなど、多くの良心の存在に救われました。

第3作後半の法廷シーンは、息もつかせぬ緊張感があって目が釘付けになりました。とさか頭にフルメイクでバリバリに武装したリスベットが、かっこよかった! そしてアニカの証言によって、次々に明らかになる真実。まさに”とどめを刺す”瞬間が痛快で、大きなカタルシスを感じました。

「ミレニアム」シリーズ、まだまだ続きが楽しみでしたが、原作者のスティーグ・ラーソンは、第4作を執筆中に病気で亡くなってしまいました。晴れて無実が証明され、自由の身となったリスベットですが、今はどこで何をしているのか… 永遠にミステリアスなヒロインとなりました。

|

« 冬野菜のピクルス&ミネストローネ | トップページ | ジンジャーブレッドハウス♪ 2011 »

映画」カテゴリの記事

コメント

前回の記事でダニエルクレイグ主演でハリウッド版が公開されるとお聞きして調べたら日本公開は2月10日でした。ハリウッド版も3作品つくるようなことが書かれていたので、1作目から観てみようと思います。
最近全く映画を観に行けてなくて、見たかった映画がたまってしまいました。
ミッションインポッシブルだけは劇場で観たいなと思っています。

新潟は今朝から雪が積もりました。いよいよ冬本番です。

投稿: olive | 2011年12月16日 (金) 11時46分

今晩は!cherry

お~、一気にご覧になったんですね!3作見るのはけっこう長いけど、見て損はないですよね。

作者のラーソンが亡くなっちゃったのは本当に残念ですね。
先日もお客さんが、「ミレニアム」の3作目を持ってきてこの続きはいつ出るの?と聞かれました。coldsweats01
作者が亡くなった事を話したらびっくりされてましたよ。

2作目はちょっとムリのある展開もあったけど、3作目の法廷シーンの緊張感とカタルシスあふれるラストは見事でしたよね。

そう・・、リスベットは今何をしているのでしょうね。

投稿: ごみつ | 2011年12月17日 (土) 00時19分

☆ oliveさま ☆
「ミレニアム」3部作、刺激的な場面もありますが
とてもおもしろかったです。ハリウッド版も楽しみですね。

今日、「ミッション・インポッシブル」見てきました。
とてもおもしろかったです♪ 今までに比べて
ストーリーがシンプルで、わかりやすくなっている気がしました。
秘密のアイテムやマスクでの変身も健在でうれしくなりました。
お時間がありましたら是非☆

新潟は雪ですか! きっと寒いでしょうね。
風邪などひかないよう、気をつけておすごしくださいね☆

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2011年12月18日 (日) 01時35分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは♪ 「ミレニアム」3部作、おもしろかったです!
作品としては、第1作が一番よくできていると思いますが
第1作でリスベットのファンになると
第2作、第3作が楽しめますね。
原作の方も、追々読んでいきたいです。
作者の方が亡くなってしまったのが、ほんとうに残念ですね…。
またリスベットがふらりともどってこないかな??


投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2011年12月18日 (日) 01時46分

スリリングな展開が余程、上手くできているのでしょうね。
長いドラマをさっと、観れてしまうような解説。
確かに、作者が途中で亡くなってしまっては・・・
誰かがその後を受け継いで書いたとしても、それは、元々の
作者の考えと同じであるか疑問ですね。
本当に永遠にミステリアスなヒロインですね^^

投稿: イザワ | 2011年12月19日 (月) 02時34分

☆ イザワさま ☆
「ミレニアム」三部作、おもしろかったです♪
スリリングなストーリー展開もさることながら、リスベットという
ヒロインのキャラクターの魅力も大きいと思います。
作者の方が亡くなられたのは、ほんとうに残念ですが
永遠にミステリアス…というのが
リスベットには似合うのかもしれません。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2011年12月19日 (月) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/43397255

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミレニアム 2 火と戯れる女 / 3 眠れる女と狂卓の騎士」 :

» ミレニアム2 火と戯れる女 [ごみつ通信]
Flickan Som Lekte Med Elden2009年/スウェーデン・ [続きを読む]

受信: 2011年12月16日 (金) 23時29分

» ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [ごみつ通信]
Luftslottet Som Sprangdes2009年/スウェーデン・デン [続きを読む]

受信: 2011年12月16日 (金) 23時29分

« 冬野菜のピクルス&ミネストローネ | トップページ | ジンジャーブレッドハウス♪ 2011 »