« 「クシ・ガーデン」のマクロビ・ランチ | トップページ | MOTHER'S食堂の和定食 »

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

ジョナサン・サフラン・フォア原作のベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」のスティーブン・ダルトリー監督が映画化した作品、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(Extremely Loud and Incredibly Close)を見に行きました。

「リトル・ダンサー」(Billy Elliot)も、「しあわせの隠れ場所」(The Blind Side)のサンドラ・ブロックも大好きなので、とても楽しみにしていた作品。全編にわたって主人公の少年を見つめる、作り手の限りなく優しい眼差し。映画を見終わったときには、しみじみと温かい気持ちに包まれました。

  Exremely_loud_incredibly_close

ニューヨークで起きた9.11の同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を亡くしてしまったオスカー(トーマス・ホーン)。空っぽの棺とさよならしなければならなかったオスカーは、その死を受け入れることができずにいましたが、1年後、父のクローゼットで”ブラック”と書かれた封筒に入った謎の鍵を見つけます。

生前、父と探検ごっこをするのが大好きだったオスカーは、これは父親からのメッセージに違いない!と、その鍵に合う鍵穴を求めて、ニューヨーク中のブラックさんを探す冒険に出かけます…。

Extremely_1

心が張り裂けるばかりの哀しみやさまざまな恐怖と戦いながら、ひとりで知らない大人たちに会いに行くオスカー。もともと好奇心旺盛で、ひとつのことをとことん追求するタイプではあったけれど、彼の何かに突き動かされるような行動には、どうしてもそうしなければならない理由があったのだ…と後でわかります。

さまざまなブラックさんとの出会い。ブラックさん探しを手伝ってくれた謎のおじいちゃんとの出会い。鍵の結末はオスカーが期待していたものとはちょっと違っていたけれど、形は違えど結果的にはそれら全てが、お父さんからの贈り物であり、メッセージだったのだと思います。

そして多くを語らず、オスカーの哀しみをただ黙って受け留めていたかに見えた母(サンドラ・ブロック)が、実は積極的にオスカーのためにはたらいていたのだ、という真実。私はそれを知った時は思わず涙ぐんでしまったけれど、後になって共感の気持ちへと変わっていきました。

Extremely_2

トム・ハンクス、サンドラ・ブロックという2大スターが出演しますが、あくまで主演はオスカーを演じるトーマス・ホーンくん。トムとサンドラは映画の中の両親と同じく、控えめに、しかししっかりとトーマスくんを支えています。

トーマスくんはこれがデビュー作とのことですが、膨大なセリフ量もさることながら、なにより表現力がすばらしくて圧倒されました。トムやサンドラに一歩も引けを取らず、繊細で一筋縄ではいかない難しい役どころをみごとに演じきっていました。これからの活躍が楽しみです。

|

« 「クシ・ガーデン」のマクロビ・ランチ | トップページ | MOTHER'S食堂の和定食 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は!cherry

この作品は私も見に行こうと思ってます!

トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの共演も魅力的ですが、この少年の演技、そして9・11という事件を題材にどういうドラマにしているのか、とても楽しみです。happy01

今週末あたり行けそうかな~?明日は休みなのですが、業者の新刊説明会なんだ~。(泣)

投稿: ごみつ | 2012年2月22日 (水) 01時19分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
「ものすごく…」とてもよかったですよ!
お時間がありましたら是非。お勧めです。

トム・ハンクスとサンドラ・ブロックは控えめながら
さすがの存在感でしたが、とにかく主演の男の子がすばらしかったです。
アスペルガー症候群の傾向があるという設定なので
最初から最後までしゃべりまくり
(ソーシャルネットワークのマークみたい)
癇癪を起こしたり、ものすごくこだわりがあったり…という難役を
みごとに演じていました。

お休みの日もお仕事、たいへんですね。><
お時間が取れるといいのですが…。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年2月22日 (水) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44191877

この記事へのトラックバック一覧です: 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」:

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画の話でコーヒーブレイク]
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 12時08分

» 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画??』なんて思ったりしたんですが、いやいやどうして、なかなかの感動作でございましたよ。しかし、このタイトルは憶えられんな~(^^;。  9.11のアメリカ同時多発テロで突然、最愛の父・トーマス(トム・ハンクス)を亡くした少年・オスカ... [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 11時39分

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [Akira's VOICE]
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。   [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 12時11分

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー...... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 09時49分

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [風に吹かれて]
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり [続きを読む]

受信: 2012年2月27日 (月) 09時06分

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [ごみつ通信]
Extremely Loud And Incredibly Close2011年 [続きを読む]

受信: 2012年3月 1日 (木) 18時23分

» ■映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
過去、鑑賞中に一番泣いた映画は何かと言うと、間違いなく『リトル・ダンサー』という作品です。 イギリスの炭坑街出身のバレエ・ダンサー、ビリー・エリオットを描いた、スティーヴン・ダルドリー監督作です。 単純に“悲しい”とか“感動する”という感情とも違うのですが、... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 04時06分

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画的・絵画的・音楽的]
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 08時07分

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 [映画のブログ]
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 14時52分

» 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」形あるものは壊されても、途切れない希望はある [soramove]
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」★★★★ トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、 ジェームス・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル出演 スティーヴン・ダルドリー監督、 129分、2012年2月18日公開 2011,アメリカ,ワーナー・ブラザース (原題:Extremely Loud and Incredibly Close ) 人気ブログランキングへ">... [続きを読む]

受信: 2012年3月12日 (月) 08時01分

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっていろいろ調べたりとかはしないことが多いです) タイトルを見たときに最近のコメディー系のライトノベルによくあるようなタイトルだなと思ったことから、笑える感じのコメディーだと勝手に思っていたら、いい意味で全く正反対でした。 しかもオスカーが言う“最悪の日... [続きを読む]

受信: 2012年3月12日 (月) 17時19分

» シネトーク103『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』●少年に感情移入できるかどうか [ブルーレイ&シネマ一直線]
面白い映画には愛を捧げ、そうでない映画には鉄槌を下す てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のちょい気になることシネ言 「チケットを買う時『ものすごく近くて、ありえないほどうるさい』を1枚!と言ってしまった・・・・」 シネトーク... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 03時53分

» 映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [よしなしごと]
 ネットでは感動したという書込が多く、評判上々の作品、ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのレビュー記事です。。 [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 23時50分

» [映] ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [マイキーのドラマルーム]
 早い、今年のアカデミー賞にノミネートされていた作品、もうWOWOWで放送。なん [続きを読む]

受信: 2012年12月22日 (土) 15時28分

« 「クシ・ガーデン」のマクロビ・ランチ | トップページ | MOTHER'S食堂の和定食 »